2017年08月18日

北海道雨龍の今年の鳥たちの繁殖は,やや早目?(植田)

先日,北海道足寄のICレコーダの聞き取り結果をご報告しましたが,その後も毎日,朝のノルマを達成できて,予定通り,北海道道北の雨龍の聞き取りを本日完了することが出来ました。

結果は以下の通り。
雨龍.png

各種鳥類の初認時期の2010年からの変化を示しています。昨年2016年はいずれの折れ線も下の方に来ています。これは2016年は各種鳥類の初認時期が早かったことを示しています。
それに対して,今年は,去年よりは遅かったものの,全体的に見ると,やや早目な感じです。

先日報告した足寄は,ヤブサメは早かったものの,全体的には平年並みでした。雨龍の結果はそれと違っています。この違いは何がもたらしているのでしょうか?
これまでの蓄積データ,そして,明日から聞き取りをする北海道苫小牧のデータなどを合わせて考えていきたいと思います。

posted by ばーりさ at 11:40| 活動報告

2017年08月15日

書籍紹介:カラスと人の巣づくり協定

著者の後藤さんから,表記本をご寄贈いただきました。
ありがとうございました。

この本は,山形で問題になっている電柱へのカラスの影響について,カラスの生態などをもとに対策を考えた本です。電柱に営巣して巣材が電線に触れると停電などの事故につながるので,対策が必要です。
これまでに行われてきた巣の撤去は,撤去→再営巣→撤去というイタチごっこになってしまいカラスにとっても人にとっても望ましくなく,人工巣台を使った営巣場所の提供が効果的であることを示しています。調査から対策につながる道筋か示され,それがわかりやすく紹介されています。

また,巣の基部に泥が巣材として使われているというのがちょっと驚きでした。泥を巣材に使うなんて,ツバメとゴジュウカラぐらいかと思ってましたが,カラスもそうなんですね。関東のカラスもそうなんでしょうかか? それとも寒い地域のカラスの特徴なのかな?

S25C-917081513590.jpg

------------
カラスと人の巣づくり協定
後藤美千代
築地書館 (20170)
ISBN-978-4-8067-1540-5
¥1600
posted by ばーりさ at 14:10| 活動報告

2017年08月12日

中央公園8月12日調査報告

今日もどんよりとした曇り空。
公園の鳥たちは静かです。
7月中あれほど騒々しく群れていたムクドリ。
今朝は1羽も記録できませんでした。
さらに、上空を飛ぶツバメも最後に1羽だけ出現。

気温が低いせいかセミたちの鳴き声も少な目です。
セミが少ないのは気温ばかりでないのかもしれません。
地面のセミの穴の数は5年間で最少で、一時の半数以下でした。
過度のハシブトによる捕食で減ってしまったのでしょうか。
ただ、ハシブトの数は前回とほぼ同じ39羽。
特に今朝は西側の広場周辺に集まっていました。

今年最後のササゴイのヒナたち。
兄弟仲良く枝にとまっていました。

170812_sasagoi.jpg
(親鳥に向かって駆け寄るササゴイの巣立ちビナ)

しかし、親鳥が給餌に訪れると様子が一変。
ガシャ、ガシャ騒々しく鳴いて親鳥目指して駆け寄って行きます。
親鳥も恐怖を感じるのでしょう。
一口、二口、与えるとすぐに離れてしまいました。

今朝で孵化後26日目。
あと少しでササゴイの季節も終わりです。

参加者6名 記録種11種 記録個体数111羽
次回は8月19日午前6時からです。担当:BR平野





posted by ばーりさ at 10:45| みにクル報告(宇都宮)