2019年03月07日

生物多様性のための農業(守屋)

「生物多様性のための農業環境支払い国際シンポジウム」というのに参加するため法政大学に行ってきました。

キャンパスがビルなんてかっこいい...。

IMG_3303.jpg


生物多様性のための農業環境支払いというのは、農業は景観や生物の生息地も提供することがあります。
そういった多面的機能を活用するために、自然環境や生物多様性のためになる活動に対してお金を支払いましょうという取り組みです。

独キール大学のローマン教授がお話しされたEUの農業環境政策についての内容だと、地面に巣をつくる鳥類に対して、刈り取り時期のをずらしたり、放牧の密度を減らしたり、農薬を使わなかったり、タゲリやヒバリ用の区画を創出するなど農業が自然環境の保全に利することを対象にしていました。

また支払いに関しては、ヒバリ用の区画の整備は1ha/18ユーロとか、ヒナ1羽を巣立たせたら150ユーロなど取り決めも具体的で、しかも、実際にヒバリが使ったりヒナが巣だったりした結果がないと支払われない仕組みだそうです。面白いですね。

日本の農政にも環境型直接支払制度というのがあり、生態系保全の活動で助成が得られるのですが、草花の植栽や清掃などでも受けられるため、活動の複雑な生態系保全活動はあまり行なわれていないようです。確かに生態系保全活動をやれといわれても何をするかは悩みますね。私なら、なつみずたんぼや ふゆみずたんぼ、素掘り水路の維持管理などを行ってほしいと思いますが、そもそも知らなければ無理でしょう。環境NPOなどが農家と共同で活動できる仕組みがあるといいのかもしれないと思いました。

タマシギの親子を見つけたら、その水田の持ち主に10,000円とかどうでしょう。
IMG_6879.JPG
posted by ばーりさ at 22:28| その他

2019年03月03日

モニタリングサイト1000鳥類調査講習会in仙台を開催しました(佐藤)

バードリサーチはモニタリングサイト1000(以下、モニ1000)のガンカモ類調査、シギ・チドリ類調査、そして陸生鳥類調査に関わっています。これまでも各調査の交流会などは実施していたのですが、今回は3つの調査のそれぞれの成果報告会を共同でおこなう、モニタリングサイト1000鳥類調査講習会を3地域(千葉、宮城、大阪)で開催します。第2回目は仙台市で開催しました。

3月2日(土)は第1回目の講習と同じく、モニ1000についての概要、各調査のこれまでの成果を紹介しました(写真)。今回はそれに加え、全国鳥類繁殖分布調査のこれまでの成果報告も実施しました。最後はモニ1000に参加するためにはどのような課題があるのかについて話し合いました。

調査に参加する上で、よく出る課題としては、識別に自信がないという意見がありました。そういう時には是非、スピードバーディング鳥クイズをご活用ください。

IMG_0806.JPG

2日目は宮城県野鳥の会が実施している探鳥会に参加した後、講習会を実施しました。
IMG_0816.JPG

ここでは、調査方法を紹介して、実際に調査を実施しました。
参加者の方からは、普段、気になっている調査に関する質問が出ました。こういう機会があるのは良かったというご意見も頂きましたので、今後もこういう機会をなるべく作れればなと思いました。


一度に3つの調査の成果報告が決める、本講習は3月9日に大阪でも開催します。まだ参加登録が可能ですので、興味のある方は是非、ご参加ください!
詳しい情報はこちらをご覧ください。
続きを読む
posted by ばーりさ at 17:51| 活動報告

2019年03月01日

小友沼のガン(佐藤)

朝、6時に小友沼に行きました。すでに少し明るくなっていて、そこには数千羽のハクチョウ類と数万羽のガン類がいました(写真)。
ここは、中継地として、多くのガン類が利用していますが、例年よりも早いとのことです。
IMG_0731.JPG
パッと見ると、ハクチョウ(おそらく、全体的にオオハクチョウが多い)が目に入るのですが、よく見ると、大量のマガンがいます(写真)
IMG_0735.JPG
この中には、ハクガンも混じっていました。佐藤が目視しただけでも100羽以上いたので、実際にはもっといたと思います。

小友沼も八郎潟と同じく、ガンカモ類にとって重要な越冬地、中継地となっているようです。興味深いのは、小友沼をねぐらにしているシジュウカラガンも八郎潟へと餌を食べに行くそうです。八郎潟をねぐらにすればいいのにと思いますが、小友沼の方が居心地がいいのかもしれません。

今日のとび立ちは一斉というよりも、複数回にわたって飛んで行きました。地元のおじさんに聞くと、昨日は一斉に飛び立ったそうです。何の違いでそうなったのかわかりませんが、昨日の見たかった(調査員さんによると昨日は8万羽いたそうです)。

IMG_0728.JPG

水際にはハクチョウの羽が大量に漂着していました。ハクチョウ類の数の多さを物語っています。

明日は早朝、八郎潟のねぐらを視察しに行きます!
続きを読む
posted by ばーりさ at 23:20| 活動報告

ねぐらに集まるカラス、種によって行動が違う(高木)

 先月の中旬に会議で大阪へ出張した際、少し時間ができたので、大阪府枚方市にある山田池公園のミヤマガラスのねぐらを見に行きました。
 毎月ミヤマガラスの観察報告を送ってくださる会員の方がいて、一度は見に行きたいと思っていたところです。このねぐらに集まるミヤマガラスは例年2月ぐらいになると減りはじめます。なので、もう見れないかな、と思っていましたが、2月12日にいただいた観察報告で200羽弱のミヤマガラスとコクマルガラス3羽が記録されていたので、急遽行くことにしたのです。
 急な予定だったにもかわからず、お時間をとっていただき案内してもらうことに。その方から、カラスたちの行動パターンを聞きながらの観察はとても楽しいものでした。このねぐらは公園のはやしに入る前に、ねぐら前集合をします。そこにはブト、ボソ、ミヤマ、コクマル4種がそろいますが、種によって行動が違います。ミヤマガラスは電線にとまり、ハシブトガラスは高い木の枝先にとまります。ハシボソガラスは一番遅くにねぐら周辺に現われて、ねぐら前集合に合流せずに直接ねぐらのの樹林に飛び込んでいくものも多い。ミヤマガラスは一度とまったらあまり動きませんが、コクマルガラスは、ちょこちょこ位置を変えて動き回っていました。一塊のカラスの群れに見えて、種によって個性が違う、こういうところがカラスの観察の面白いところだなと思います。

P2180210ss.jpgP2180205s.jpgP2180196s.jpg
posted by ばーりさ at 15:00| 活動報告

2019年02月28日

八郎潟のガン(佐藤)

秋田県の八郎潟に来ています。八郎潟はマガンの主要な中継地で、多い時は20万羽を超えるマガンがねぐらとして利用しています。
今回はここで20年以上調査をされている方に八郎潟を案内していただきました。

道の駅に行くと、野鳥情報が載っていて、だいたいのガン類の目撃場所が出ていました(写真)。
IMG_0677.JPG
今回の最大の目的は、マガンがねぐらとして利用している場所ですが、今年は暖冬だったためか、すでに多くのマガンは北上したそうです。
マガンは朝早くに飛び立ってしまうため、暗いうちに調査地点に行き、目が慣れてきてからカウントするそうです。何万羽のマガンを数えるのはそれだけでも大変なのに、飛び立つまでの短い間に数える必要があります。また、他の場所も同日に調査するため、飛び立つ前に他の場所に移動して、カウントしているそうなので、その技術力に脱帽でした。

その後、八郎潟を回ると、3000〜4000羽の群れに出会いました。よく見ると、500羽ほどはシジュウカラガンでした(写真)。
あまりに普通にいたので、10年前には見ることのなかった光景とは想像ができませんでした。

IMG_0706.JPG

明日は小友沼に行ってきます!
posted by ばーりさ at 22:54| 活動報告