2017年07月08日

7月8日中央公園調査報告

梅雨の合間の夏空。
早朝の清々しい青空に気持ちも晴れやかです。

沈床池の芝生のカルガモのヒナたち。
脚もしっかりして、やんちゃ盛りです。
親鳥がついて歩くのが大変そうです。
しきりに芝生を駆け回って虫?を食べていました。

170708_karugamo.jpg
(孵化後26日目のカルガモのヒナ)

結局、現時点では2家族17羽のヒナが記録されました。
このうち、死んだ?ヒナはわずか3羽のみ。
素晴らしい繁殖成績です。

一方、大池ではカイツブリの行動が参加者の皆さんの注目の的。
池の築山の大岩の水辺にゴミを集めて巣のようなものができていました。
そこに成鳥1羽が座っていました。
でも卵はありません。

170708_kaitsuburi.jpg
(巣?の上に座るカイツブリ)

しかも、この行動はもう2週間近くになります。
はたして雌雄どちらが巣材を集めたのでしょうか。
今年もまた何も起こらないのでしょうか。
結末が気になります。

お蔭で、小鳥類は少なかったものの結構楽しめました。

参加者8名 記録種18種 記録個体数120羽
次回は7月15日午前6時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 15:16| みにクル報告(宇都宮)

2017年06月30日

招かれない夜の訪問者(守屋)

以前お話ししたシロチドリの営巣保護柵については、今繁殖期に8つの巣について設置しました。

その際、保護柵に取り付けたモニタリングカメラには、繁殖の状況とともに巣に近づくカラスやネコなどが撮影されています。ネコは日中はほとんど見かけないのですが、夜には九十九里の砂浜を徘徊しているようです。
SUNP0379.jpg
保護柵で手が出せないネコ

ハシブトカラスについては、日中に卵を持ち去る観察もあり、抱卵中の捕食者であることはわかっていました。ただ夜間にいなくなるペアもいたので、カラス以外の夜行性の捕食者がいると予想していましたが、何者なのか確かな証拠はありませんでした。

しかし、今回保護策柵をつけていないモニタリング中のシロチドリの巣で、巣に顔を向けるネコが撮影されました。撮影時間と巣内の温度計の変化による抱卵放棄の時間とが一致し、ネコによる営巣の放棄を確認しました。

6/28 00:11に巣に訪れたネコの後ろ姿
SUNP0222.JPG

17Kid08.jpg
6/28 00:10頃 抱卵していた巣内の温度が急激に低下(矢印)し、その後巣外の温度と同調。
抱卵を止めたと考えられる。

九十九里浜のシロチドリにとってはネコも脅威となっているようです。
カラス除けのために設置した保護柵でしたが、とりあえずネコにも有効のようです。
posted by ばーりさ at 18:13| 活動報告

今年のさえずりは留鳥は遅め,夏鳥は南で早め,北で遅め? (植田)

chichibu06a.jpg

 6月も今日で最後。4月から3か月続けてきたライブ音の聞き取り調査が終わりました。今年は26人の方に参加いただき,過去で一番多い参加でした。ご参加ありがとうございました。

 ライブ音の聞き取り調査は,東京大学のCyberforestプロジェクトが各地に設置しているライブマイクのうち,北から北海道富良野,長野志賀高原,埼玉秩父,山梨山中湖から配信しているライブ音を日の出10分前から聞き取り,鳥のさえずりの季節変化と年変動をモニタリングする調査です。

 今年の主要種のさえずりの動向は,http://www.bird-research.jp/1_katsudo/forest/hikaku.pdfにまとめてありますが,大まかな傾向としては,留鳥や漂鳥のさえずりが4月上旬に不活発だったことが挙げられます。

ヒガラ.png

 図はヒガラのさえずり時期です。赤い太線が今年のさえずり頻度を示していて,4月上旬から中旬にかけては例年より低い位置にあったのが,徐々に増えてきて,4月下旬から5月上旬には例年並みになっているのが見て取れます。

 もう1つの特徴は夏鳥です。

きびたき.png

 図はキビタキのさえずり頻度ですが,秩父や山中湖といった南の調査地点では例年より早くさえずっていたのが,志賀,富良野と北に行くにつれて例年並みから例年より遅くなってしまっていることがわかります。一番北の富良野はほかの鳥も全般に今年は遅いようでした。

 こうした年変動には積雪量や気温などが関係していると思われますので,今後解析していけたら,と思っています。
posted by ばーりさ at 16:13| 活動報告