2017年06月08日

砂浜のカメラモニタリング(守屋)

いままでのところ、今年の九十九里浜の調査地のシロチドリは一昨年、昨年に比べ抱卵のピークも遅く、また営巣地も少ない印象です。

発見した巣はモニタリングをして孵化の成否を見ています。しかし、シロチドリのある砂浜に毎日通うわけにもいかないため、インターバル(間隔撮影)カメラなどを利用しています。
インターバルカメラは、センサーカメラと違って動作不良が少ないので私の信頼度は高く、重点的に見たいものがあるときは撮影間隔をコントロールして設置しています。おかげで天敵の確認や孵化の確認などのデータが集まっています。

w60.jpg
(もう生産していないOptioW60というコンパクトカメラを中古で手に入れています。小型で防水なので重宝しています。10分間隔で1週間ぐらいの撮影が可能です。)

ただ、私が使用する場所が砂浜なのでポツンと置いてあると人目につきます。いままで3台ほど紛失(盗難?)しています。そのため、埋めたり、ゴミに見せかけたり、砂浜の迷彩を施していたりして隠していました。
IMGP0029.JPG
ただ細工が大変だったり、隠し切れなかったりしていたのですが、今年調査に参加してくれたSさんにレンズだけ出して両面テープを張って砂をまぶしてはどうかとアイデアをもらってそれを試しています。
ただ画面を見たり操作する必要が都度あるので、剥がしやすいビニールテープを巻き、その上から両面テープを巻いて砂をまぶしています。割と簡単にできて、素材は現地調達、防水も強化され、おかげで今年はまだ紛失・故障がありません。このまますべてのカメラが回収できれば、シロチドリの営巣環境と孵化について、いろいろとデータが集まると思っています。

またカメラモニタリングは大量の画像チェックが大変そうなのですが、移りゆく日々の光景は面白く飽きることなく見ることができます(私見です(笑))。
IMGP0016.JPGIMGP0081.JPG
posted by ばーりさ at 13:00| 活動報告

2017年06月07日

ジョウビタキ見つからず,ホシガラスはいちおう 佐渡調査(植田)

 佐渡南部と北部の調査地の調査をしてきました。北部の調査地は雪もなくなり,花がたくさん咲いて良い感じでした。

花.jpg

 今回はメインの調査以外に目的がありました。1つはジョウビタキが繁殖しているかどうか確認すること。去年,餌を加えたジョウビタキの雄を観察したので,今年も観察できたら繁殖の可能性が高まります。もう1つはホシガラスを観察すること。高木くんが中心になってホシガラスの調査プロジェクトをたちあげたので,佐渡北部にいるホシガラスを今まで知られているところ以外で見つけたいな,というところです。

 1つ目のジョウビタキですが,みつかりませんでした。去年見つけたところを中心に歩き回ったのですが,気配なし。もう少し早い時期にさえずりを探した方が賢かったかも。来年再挑戦します。
2つ目のホシガラスも見つかりませんでした。大佐渡のスギ林にいるのはカケスばかり。帰りにこれまで情報のあったスギ林に行ったら,いました。ちょっと遠かったですが,姿と声を確認できました。来年は近くで良い音をとりたいですね。



 今回は収穫もありました。生カツ丼。肉が生なわけではなく,生のスライス玉ねぎと大根おろしが添えられたたれカツ丼に生卵をかけて食べるカツ丼です。これが美味しい。「同じ店には行かない」を方針にしていますが,また行きたいです。

kasuga.jpg
posted by ばーりさ at 16:24| 活動報告

伊豆大島調査その2 噴火そして土砂災害と鳥(植田)

 先日は,伊豆大島の鳥類相の特異性についてお話ししましたが,今回は環境変化と鳥について。ほかの島と違い,アカコッコもオーストンヤマガラもイイジマムシクイもいない(イイジマは少し前まではいたとのこと)大島ですが,面白そうなテーマがいくつかありました。

 1つは噴火の影響と鳥の関係です。大島には噴火後の遷移状態がちがう場所があって,その遷移状態と鳥の関係が観察できました。おそらく風が強いことや水はけがよすぎるとかいろいろ理由はあるのだと思いますが,三原山の東側は裏砂漠という植物がほとんどないような噴火後あまり変わっていないような場所になっていて,西側は植生遷移の初期状態で,その進み具合も場所による差がありました。

遷移.jpg

 植物がほとんどない裏砂漠には,トビなどは飛んでいますが,ホオジロが1羽いた以外は地上性の鳥はいませんでした。そして,少し丈の低い植物が生えてい西側の噴火口に近い場所では,ミソサザイやイソヒヨドリがいて,籔くらいにまでなっている場所には,ウグイスやホオジロがたくさんいました。キジやコジュケイやホトトギスも。森に近くなっている場所ではオオルリの声も聞かれました。20年後,調査をした時には植物や鳥がどのように変わっているでしょうか?

 もう一つは土砂崩れと猛禽です。2013年に大島では集中豪雨により土砂崩れが起きる大災害がありました。不幸な災害でしたが,これがサシバの定着につながったかもしれません。今回の参加者のMさんがサシバを発見して,その後,行動を観察したところ,崩落地で採食しているようだということでした。同じ場所ではノスリも観察されました。山にいるサシバが雪崩地形を利用しているとの調査もありますが,同様なことが大島でも起きているのかもしれません。今は谷戸を主要な生息地としているサシバですが,本来の生息環境はこうした場所なのかもしれませんね。
 土砂崩れが起きる前からサシバはいて,それが崩落地を利用するようになったのか,それとも崩落地ができて,大島にサシバが定着したのかはわかりませんが,島の鳥類相のことを考える上でも,興味深いな,と思いました。

崩壊地.JPG
崩壊地は草地になって,よい採食地になっているよう。
posted by ばーりさ at 15:47| 活動報告