2023年11月02日

今年はジョウビタキもツグミも早い?

11月になったので,ジョウビタキとツグミの今年の初認状況をまとめてみました。まだ渡りの途中段階ではありますが,両種とも今年は早いようです。

まずはジョウビタキ
すでに渡りのピークは越え,記録も少なくなってきているので,今年の渡り状況は確定で良いと思いますが,10/16-20の期間がピークになっていて,昨年や2014-2015年と同様に,これまででもっとも早く渡来した年の1つとなりそうです。

ジョウビタキ.png

これまでは,ジョウビタキは九州に最初に渡来して,その後,各地でも初認されるようになるというのが基本パターンで,朝鮮半島から渡ってきているのね,と思っていたのですが,ここ数年そのパターンが崩れつつあります。国内繁殖が増えてきたからかなぁなどと想像していますが,なかなかその検証は難しそうですね。


続いてツグミ。こちらはこれから渡来が本格化する鳥なので,現時点では何とも言えませんが,10月時点で,かなりの記録が届いていて,10月までの記録数では,これまで一番多かった2020年の16件に対して,40件と,かなり多いです。東京ではすでに低地でも見られていて,早い実感があります。山の木の実が少なくて,早々に低地で見られるようになっているのでしょうか? クマが下りてきているとか,ニュースでもみかけますし…。引き続き情報収集を続けていき,またご報告します。

ツグミ.png
posted by ばーりさ at 14:07| 活動報告

2023年10月31日

JR芦屋駅でムクドリ調査 ケヤキよりもトウカエデが選ばれる?

兵庫県のJR芦屋駅でムクドリのねぐら調査をしてきました。

これまでのねぐら調査では、ケヤキがねぐら樹木として特によく選ばれることがわかりました。
https://db3.bird-research.jp/news/202103-no2/
JR芦屋駅では、駅ビルに沿うようなかたちでケヤキの木が3本、トウカエデの木が2本植栽されています。どの木も場所や大きさはよく似ていますが、ここではケヤキではなくトウカエデだけがねぐらに選ばれていました。
芦屋駅ムクドリねぐら.jpg
それぞれの木について木の大きさ、隣の木までの距離、建物との距離などを色々と計測してみましたが、はっきりした違いは特にありませんでした。
これまで調査をしてきたところではケヤキと他の木が同じように街路樹になっている場合はほぼ必ずケヤキがねぐらとして選ばれていましたが、他の場所でも調査を続けて、ねぐらができる条件を明らかにしていきたいと思います。

IMG_2722.jpg
ねぐらになっているトウカエデの木

ムクドリ調査では皆さんからの情報も引き続き募集中です!
みかけられたらぜひ教えてください
http://www.bird-research.jp/1_katsudo/mukudoriNegura/negura.html
posted by ばーりさ at 16:25| 活動報告

「旬の鳥、憧れの鳥の探し方」石田光史,文一総合出版

鳴き声で協力したこともあって,表記書籍をいただきました。ありがとうございました。

doc00258520231031130932_001.jpg

https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-7249-6/Default.aspx

月ごとに,みんなが見てみたいような鳥を紹介していて,図鑑的情報とともに,探し方などが紹介されているのが特徴です。

書店で見てみて下さい。

posted by ばーりさ at 13:22| 書籍紹介

お米とクッキーいただきました

さいたまのO井さんから今年も探鳥地としても有名な見沼田んぼでとれたお米をお送りいただきました。ありがとうございました。
探鳥楽しんで,そこを維持するNPO活動もしているの,素晴らしいです。
ぼくは玄米食なのですが,「それならミルキークイーンだよ」と去年送ってもらっていただき,美味しかったので,今年も楽しみです。

PA310390.JPG

シンバからは,中国の鳥学会のお土産で,クッキーを持ってきてくれました。

PA310391.JPG

缶を受け取って,何だこの重さは,とあけてみたら,このギュウギュウに詰め込んだクッキー!
日本ではありえません。中国的「おもてなし」なんでしょうね。

posted by ばーりさ at 08:54| いただきもの

2023年10月25日

意外と知られていない?「TORIクイズ」をあらためてご紹介

バードリサーチの野村です。
8月30日から9月12日まで会員の皆様にアンケートを実施させていただき、3474名の方に回答をいただきました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
バードリサーチをまだ知らない方に私たちの活動の情報をどう発信していくのか、結果を参考に検討させていただいています。

今回のアンケートの中で、「普段使わないコンテンツ」を質問させていただきました。その結果、「TORIクイズ」と「鳴き声学習」を普段使っている方が少なめであることがわかりました。
画像1.png

TORIクイズを使わない理由は「それがあることを知らなかったから」が最多でした。
画像2.png

そのため、今日はまずTORIクイズについて、あらためてここで紹介させていただこうと思います。

TORIクイズは、野鳥の写真をみて、種類や名称、数を当てるクイズです。クイズを楽しむことはもちろんですが、クイズを通して野鳥の調査スキルを向上させたり、自分の調査スキルがどの位なのかはかることも可能です。

クイズは、超初級〜普通のレベルに分かれたものや、「陸の鳥」「水辺の鳥」などのテーマに分かれたものがあります。まずはレベル別のクイズにチャレンジして、より難しいクイズでの全問正解を目指してみてください!

TORI.png
実は「わからない」が正解になっているものもあるとか…。たしかにフィールドではいつも判別できる情報が揃うわけではないですよね。

TORIクイズ全体の総問題数はなんと6,760問!一度にたくさん回答するよりも、自身の野鳥判別レベルの確認のため、定期的にクイズにチャレンジし続けるのがおすすめです。
(問題数は、写真の提供をいただいて今も徐々に増えています。)

いろいろと説明をしてしまいましたが、だれでも無料で使えますので、まずはぜひ触ってみてください!
TORIクイズはこちらから
banner-toriquiz1.png
posted by ばーりさ at 11:49| その他