2020年11月06日

近況報告2019≫ なぜ猛禽類のメスはオスよりも大きいのか?

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2019)で、皆様からご支援いただいている調査の近況報告が届きました。

澤田さんと江指さんによる
なぜ猛禽類のメスはオスよりも大きいのか?
 −オスの小ささ、メスの大きさ、を生み出す選択圧を探る−
です。

猛禽類では雌が雄よりも大きい体サイズの性的二型があります。雄は小さい方が、雌は大きい方が子孫を残すのに有利だ、ということがスペインのオオタカの研究で示されています。しかし、子や孫の代の生存率や繁殖成績をみないと結論は出せません。この調査研究プランは、南大東島のリュウキュウコノハズクの19年分のデータを使って、この問いに答えを出そうというものです。(詳細はコチラ

いただいた近況報告をご紹介します!

====================================

みなさま、こんにちは。北海道大学理学院博士3年の澤田明と修士1年の江指万里です。このたびは調査研究支援プロジェクトでのご支援ありがとうございました。

調査地の沖縄県南大東島より経過と近況の報告をいたします。

私たちは「なぜ猛禽類のメスはオスよりも大きいのか?」という問いを、今回の調査研究支援プロジェクトのテーマとしました。この問いに答えるために、約20年にわたり標識調査と繁殖調査が続けられている南大東島のリュウキュウコノハズク(亜種ダイトウコノハズク)個体群を研究材料に用いました。

これまでに蓄積された膨大な繁殖データや生存記録、さらに今年の調査で同様に集めたデータから、たとえば「小さいオスは多くの子を残せるのか?」とか「大きいメスは長生きできるのか?」などといった仮説の検証に取り組んでいます。

こうした仮説が支持されれば、オスが小さく、あるいはメスが大きくなるに進化を駆動する力(選択圧)の存在が示唆され、性的二型の逆転の説明が可能になるからです。

今年の繁殖調査では約90か所の巣から繁殖の記録を行いました。2月末から7月初めの約4か月の間、天気や人間都合にかかわらず定期的に巣箱や自然の樹洞を見回る調査は、単純でありながらも大変な調査です。

抱卵s.jpg
巣箱で抱卵中のメス

今年は繁殖期の中盤に長雨が続いたこともあり、多くのヒナが死んでしまいました。このような巣間で繁殖の成功度合いに違いが生じたときには、親鳥の体の大きさに応じた繁殖の上手さみたいなものがデータに現れている可能性もあります。たくさんのヒナが死んでしまったのは残念ですが、今年得られた生態学的には重要なデータを今後の解析に活かせたらと思います。

死亡雛s.jpg
この巣箱ではヒナ3羽のうち2羽が死んでしまいました

繁殖調査に並行して捕獲と形態計測も行いました。一羽一羽行う地道な形態計測の積み重ねが重要なデータとなっていきます。

このはs.jpg
計測s.jpg
捕獲標識され、江指に計測されているダイトウコノハズク

この1,2カ月はデータをあれこれいじっています。まだいろいろ検討すべきことがあるので踏み込んだことは言えませんが、小さいオスが有利そうという結果は出てきています。

データいじりs.jpg
南大東島の研究室でパソコンに向かう澤田

今年は台風10号が南大東島の森林を大きく破壊しました。南大東島は台風中継で有名な島でもあります。台風をうまくしのいだり、台風後の良くない餌条件を生き延びたりするうえでも、体の小ささには意味があるかもしれません。今回の結果は発展性がありそうです。台風後の影響に関しては研究室の後輩の中村さんや熊谷君が中心となって調査を始めてくれています。そちらの今後の展開も楽しみです。

posted by ばーりさ at 15:08| 研究支援(近況報告)

2020年11月05日

さえずり・地鳴き図鑑の改訂版発行

以前だしていたさえずり・地鳴き図鑑ですが,最近はCDを使うこともなくなり,また,CD1枚に無理やり詰め込んでいて,使いにくかったこともあり,QRコードで聞くタイプになりました。

S25C-920110516380.jpg

日本の野鳥 さえずり・地鳴き図鑑 増補改訂版
メイツ出版
¥1,991

ますます,「鳴き声図鑑でいいじゃん」というような状況なのですが,WEBよりやっぱ冊子だよね,という方は書店などで手に取ってみてください。



posted by ばーりさ at 17:00| 活動報告

2020年11月01日

2020年秋 ガンカモの飛来状況

10月31までに届いているガンカモ調査のデータを日本地図にマッピングしました。現時点の個体数ではなく、9〜10月の最大値を表示していることに留意してご覧ください。

丸の大きさは、今年9〜10月の最大値の、2015〜19年の最大値平均(以下で平年値と呼びます)に対する割合です。
 大丸:平年の100%以上
 中丸:平年の50〜100%
 小丸:平年の1〜50%
 二重丸:今年から調査が始まった地点

地図画像はクリックすると大きくなります。

マガン
9月下旬に北海道に飛来が始まり、10月末には最大の越冬地である宮城県まで、かなりのマガンが到達しています。マガン.png

コハクチョウ
秋の渡りは北海道にはあまり留まらず、一気に本州の越冬地を目指します。新潟の北部(お幕場大池)で増えてきていますが、これから越冬地への飛来が本格化するところです。
コハクチョウ.png

マガモ
渡り中継地の北海道は秋・春に最大になるため、すでに大きな丸印がありますが、本州以南は小さな丸印ばかりで、飛来はまだこれからです。
マガモ.png

カルガモ
秋になると分散して繁殖していた留鳥のカルガモが集まってくるので、いつ渡りが到着したのか分かりにくいのですが、本州に大丸が多いということは、マガモより早めに渡ってくるのかもしれませんね。
カルガモ.png

コガモ
いちばん飛来が早いカモで、8月末から渡りが始まります。すでに多数が越冬地に到着しています。コガモ.png

ヒドリガモ
平年よりも多い大丸の場所が多くなっています。九州への飛来はこれからでしょう。
ヒドリガモ.png

オナガガモ
北海道に飛来していて、本州へはこれからやってくるところです。
オナガガモ.png

ホシハジロ
全国的にまだ少なく、これから渡りが本格化するでしょう。
ホシハジロ.png

キンクロハジロ
東日本で増え始めていますが、全体としてはまだ少なく、これから飛来が増えるでしょう。
キンクロハジロ.png


posted by ばーりさ at 15:40| 活動報告

2020年10月28日

ムクドリのねぐら調査をしています!(植村)

今月から、ムクドリのねぐら調査を始めました。
全国のみなさんからムクドリのねぐらの位置情報を集めて、ねぐらがつくられる大まかな場所の条件を知ろうという目的です。
詳しくは調査のページに書いていますが、みなさんから集めるねぐらの位置情報と並行して、ねぐらの詳細な環境を調べる調査も行っています。

この環境調査の一環で、埼玉県の新座市に行ってきました。
ムクドリのねぐらの多くは街路樹につくられるのですが、ここでは写真のように電線にたくさんのムクドリがねぐらをとっていました。
新座市電線ムクドリ.png
志木駅西口から駅前の通りに約100 mにわたってねぐらが続いていたので数を数えてみると、その数はなんと1365羽!

志木駅では東口にも大きなねぐらががあるので、合わせると一体どのくらいの数になるでしょうか。
東口のねぐらは街路樹につくられていて、調査に行ったときには数を数えるのが難しかったのですが、これだけのムクドリたちはどのくらいの範囲から集まっているのでしょうね。


ケヤキなどの落葉樹のねぐら環境を、葉が散る前に集めようと思って今日も調査に出かけます。
みなさんが普段通られる場所でムクドリのねぐらを見つけられたら、ぜひ調査ページ入力フォームから情報をお送りください!
posted by ばーりさ at 11:56| 活動報告

2020年10月27日

近況報告2019≫ 愛知県矢作川支流、籠川両岸の樹木伐採工事に伴う生息鳥類の変化調査

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2019)で、皆様からご支援いただいている調査の近況報告が届きました。

渥美美保さんによる
愛知県矢作川支流、籠川両岸の樹木伐採工事に伴う生息鳥類の変化調査
です。

この調査研究プランは、河畔林の伐採が進められている籠川で、工事前から行っていた日々の記録をもとに、工事が終わるまで継続して調査を続けることで、鳥たちにどんな影響が出るのかを明らかにしようというものです。(詳細はコチラ

いただいた近況報告をご紹介します!

====================================

籠川の樹木伐採および橋梁補強工事開始から1年、完了から5か月が経過しました。計画通り3月から月に10回の観察を続けています。コロナ禍と猛暑以外に、2つの点で想定外な状況が生じました。1つは、すべてと聞いていた樹木の伐採範囲は、実際には全体の5-6割ほどに留まったこと。もう1つは、伐採前の観察データが少なかったこと。伐採で視界が良くなり、岸辺の野鳥が見つけやすくなったことや、調査者の野鳥観察眼が鋭くなっている可能性も関係しそうですが、現時点で伐採の悪影響は限定的と感じます。観察を来年2月まで続けつつ、残りの期間は観察記録を比較し、数値で影響を示す難しさに直面しそうです。


調査風景

画像1s.jpg


●調査方法

観察した都度、以下の手順で結果を整理。

1. 帰宅後、観察した野鳥を紙に書き出す(下図)。 

画像2.JPG

2. 種ごとに場所(水辺、沿岸の緑地帯、沿岸の農耕地)で色分けしてエクセルに入力(下図)。漏れがないよう、紙のリストに転記済みのチェックマークをつけながら行う。

画像3.JPG画像3.JPG



●今後の方向性

これまでの観察から予想される伐採の影響

・悪影響を受けた種: ウグイス、コジュケイ、カシラダカ

・好影響を受けた種: コチドリ、セッカ、ヒクイナ、ノビタキ、セキレイ類

⇒これらを数値で裏付ける


続きを読む
posted by ばーりさ at 14:48| 研究支援(近況報告)