2021年02月04日

やはりヒガラが少ない… 秩父調査2回目

今日は秩父演習林の2回目の調査です。林道はだいぶ工事が進んできているのですが,先週の雪もあるので,今回も歩いて調査地に向かいます。だんだん明けてくる空がいい感じ。
P2040930.JPG

前回はヒガラが少なく,今回はどうかと思いつつの調査でしたが,やはり少ないまま。数羽しか記録することができませんでした。ヤマガラ,コガラ,シジュウカラ,エナガは普通にいるので,どうしてしまったのでしょうか? 演習林のすぐ北側の大山沢も少なかったので,この地域からいなくなってしまっているようです。
以前こんなことあった時は,低地でヒガラがたくさん見られたのですが,そんなことも感じません。また,その後何年間かは繁殖期もヒガラが少なかったので,今後どうなるのか,注目したいと思います。

終了後,わらじカツ丼ではなく,わらじカツカレーという「のぼり」があったので,そこに寄ってみました。石焼に入っているので,煮えたぎるカレーとわらじカツ。インド人(?)のお店でした。カレーはさすがに本格的で,いまも胃にスパイスを感じるほどですが,わらじカツの揚げ方は,日本人に一日の長がありますね。

P2040941.JPG
posted by ばーりさ at 18:05| 活動報告

2021年02月03日

最近見つけたムクドリのねぐら

10月から始めたムクドリのねぐら調査は、これまでに100箇所を超えるねぐら情報が集まっています。

現在いろいろな解析をしていて、例えば街路樹の中ではケヤキがねぐらに選ばれやすく、反対にサクラはほとんど選ばれないこと、他の木や建物との距離などがねぐら場所の選択に効きそうだということなどを数値で示せるようになってきています。

場所も沖縄から福島まで全国各地から届いており、地域別の解析もできそうな数になってきました。
データをお送りくださった皆様、ありがとうございます。

当初は10月から12月の間のみデータを募集する予定でしたが、今後も情報を募集します!!(過去の情報もお待ちしています)

そこで今回は、最近見つけたムクドリのねぐらを紹介します。
秋まではケヤキやイチョウなどの落葉広葉樹にねぐらをとっている例が多かったのですが、落葉後は多くのねぐらが消滅して移動したようです。東京では、冬期は竹藪でねぐらをとっている例が多いようで、近所でも複数箇所に竹藪ねぐらがありました(写真 1、2)。
IMG_3454.jpg

写真 1. ムクドリとオナガがねぐら入りする小規模な竹林


IMG_3458.jpg

写真 2. 雑木林の一角にある竹藪。雑木林のうち、この竹藪の部分にだけムクドリがねぐら入りしました


また、落葉後のケヤキの木にねぐらが残っている例も稀にあるようです。(写真 3)。

IMG_7271.JPG

写真 3. 落葉後のケヤキにねぐら入りした珍しい例をお送り頂きました


今後もねぐらを見つけられたらぜひ情報をお寄せいただければと思います。
全国の皆様どうぞよろしくお願い致します!


ムクドリ調査についてはこちら
http://www.bird-research.jp/1_katsudo/mukudoriNegura/indexNegura.html


posted by ばーりさ at 11:00| 活動報告

2021年01月10日

ツグミ類多い箱根の森 函南の2回目の調査へ

ここ数日吹いていた風もおさまり,穏やかな朝です。

P1100902.jpg

日の出前の富士山。日本海側は大雪ですが,太平洋側は雪は少な目です。

森に入ると,先週の秩父の2か所と異なり,鳥で賑やか。ツグミ,シロハラが特に多いです。シロハラは10年前は4羽,5年前は7羽で,今回は15羽。12月の調査よりも今回の方が増えていました。年々増加していると捉えるべきか,それとも今年が日本海側の雪などもあって,多いのでしょうか?

ヒガラはここでも記録できませんでしたが,ただ5年前の前回の調査でも数羽のみ,10年前の前々回は記録ないしなので,ここはそもそも少ないのでしょうね。

秩父ではカケスも見られず意外だったのですが,こちらでは2羽観察でき,ほっとしました。

帰りは,ちょっと小田原の街を車で流してみたのですが,意外と人が多く,下車してカツ丼を探すのもあまり良くなかろう,と,高速に乗って,PAで食べました。PAクオリティで作り置きのトンカツを使っているから,ちょっと残念な味でした。でも写真は黒バックでいい感じ。

oisopa.jpg



posted by ばーりさ at 16:05| 活動報告

2021年01月09日

栃木県立中央公園調査報告

今日は2021年最初の調査日。
指先がかじかむほどの冷え込みです。
寒さのせいでしょうか。
公園のウォーキングの人たちも少なめです。

公園の池の多くは凍結していました。
大池のみ9割の凍結。
カルガモたちが凍結していない水面に集まっていました。
さらに、池の縁にはコサギの佇む姿が。
ここでは2年半ぶりの記録です。
ビル街の塒から飛来したようです。

kosagi_210109.jpg
    (池の縁にジッと佇むコサギ)

このところの大寒波で県内の山地も真っ白です。
そのせいかシロハラやツグミの姿が増えてきました。

今朝はシロハラは6羽、ツグミ3羽を記録しました。
時折、植込みからシロハラのけたたましい鳴き声が聞こえてきます。
個体数が増えたことから縄張りをめぐって争っているのかもしれません。

210109sirohara.jpg
   (散策路の脇の植込みに佇むシロハラ)

一方で、今冬はアオジやカワラヒワ、シメが少ないようです。
例年、3〜4羽が記録されるアオジ。
今冬は、11月上旬に観察されて以来ほとんど記録されていません。

カワラヒワもせいぜい10数羽。
今日はアキニレの植込みにも姿がありませんでした。

このあとシメやカワラヒワは増えてくるのでしょうか。
アトリはどうなのでしょうか?
今後の動向が気になります。

さて、ここに来て栃木県もコロナ感染者が増加しつつあります。
そのため、感染者が減少するまでこの観察会もお休みです。
元気な姿で再会できることを願って解散です。

参加者:8名 記録種数:22種 記録個体数:140羽
担当:BR平野



posted by ばーりさ at 16:36| みにクル報告(宇都宮)

2021年01月07日

秩父の2か所の調査に

大山沢と秩父演習林の2か所の調査に行ってきました。

徐々に日が長くなってき始めたからか,オオアカゲラのドラミングが響いてました。


オオアカゲラは余韻があって,いいですね。
聴き比べはこちらから

で,今回,一番気になったのがヒガラ。いなくはないですが,極めて少ないです。
ヒガラが低地に降りてきているというのはあまり聞いていないので,どこに行ってしまったのでしょうか?
なにか情報お持ちの方は教えてください。

カツ初めもしてきました。チキンカツですけど。明日は函南の調査に行こうと思っていたのですが,風が強そうなので,止めました。週末に行ってきます。


hyakka.jpg

posted by ばーりさ at 18:24| 活動報告