2017年09月27日

タカ渡り観察 ID-BIRD(守屋)

9/24にID-BIRDのタカ渡り観察で、野鳥の会奥多摩支部が観察している梅の公園の観察会に参加させていただきました。
ありがとうございました。

調査地の梅の公園は、関東山地の東端の入口付近にあたります。
多摩川から地形が急峻に立ち上がり、渓谷になっています。東京も島から山まで多様ですね。
ヤマセミいそうです。
IMG_7611.jpg

観察場所は、北側から東に回って東南東辺りまでの上空が開けています。
開始直後は曇っていましたが、だんだんと雲がなくなりました。
IMG_7609.jpg
10時前ぐらいにエゾビタキが2羽飛来したあとから、徐々にサシバが流れてきました。
全種を見ることはできなかったのですが、オオタカ、クマタカ、ハチクマ、ノスリ、ツミなども観察されました。
サシバは合計で133羽でした。ほぼ直上を一度通過してくれて、久しぶりによく観察できました。

晴れてからは、飛翔する高度が高く、見つけるのも難易度が高かったと思います。
近くならサシバの喉の縦線なども見えますが、羽の模様などもわからない高高度では、大きさやシルエットなどが識別の手がかりになります。しかし、真下と角度があるのとでは、翼の幅や長さも違って見えますので、まずは詳しい人について観察するのがよいと思います。
IMG_5474-001.JPGサシバ参考画像

また、タカは意外と近くで飛んでいます。距離を把握するために視野を地図で確認してもらいました。

梅の公園では、奥多摩支部の方が10/8まで継続して観察されているそうです。速報なども順次公開されています。

奥多摩支部 タカの渡り観察会


また、お天気次第と言うところもあります。当日は前日まで曇っていて晴れ間が出たので結構観察できました。ただし風向きは南からの弱い風だったので、爆発するほどは来てくれませんでしたが。

風今日予想のサイトもありますので、ご参考ください。

タカ渡りは今が時期ですよ。


帰りにへそまんじゅうを土産に買いました。つぶあんで美味しかったです。
IMG_7614.jpg









posted by ばーりさ at 17:59| 活動報告

2017年09月09日

中央公園9月9日調査報告

久々の晴れた調査日。
樹木の梢をキラキラ光りながら飛び回るのはウラギンシジミ。
花壇ではマンジュシャゲが深紅の花をつけていました。
秋到来です。

170909_higanbana.jpg
(一際目を引くマンジュシャゲの花)

集合場所でエナガの鳴き交わす声。
少しして東側の住宅地から続々とやってきました。
手分けして数えると27羽。
ここでの最多個体数です。
ほかにシジュウカラ5羽も。
さらにムシクイ類1羽が確認できました。
しかし、一瞬のため種を特定できません。

群れはその後徐々に西側へ移動。
お蔭で常にエナガの群れと一緒に歩くことに。
大池の縁ではヒタキ類1羽も確認。
葉の陰でこちらも種を特定できません。

170909_enaga.jpg
(茂みのなかで固まるエナガ)

ツミが飛び回っているのでしょう。
時折、鋭い警戒の声とともに茂みで動かなくなることも。
明るい場所へ出てくれないため、ヒタキ類をじっくり探せません。
ややフラストレーションも…。

エナガたちのお蔭で久しぶりに賑やかな朝。
しかし、ほかの鳥たちの姿は少ないままです。
この秋はカッコウ類をまだ記録していません。
コガモも飛来しても良いころですがこちらもまだ。
今年はいつもの秋と少し違うようです。

次回はエゾビタキに期待です。

参加者5名 記録種17種 記録個体数96羽
次回は9月23日(土)6時からです。来週は都合によりお休みです。
担当:BR平野










posted by ばーりさ at 11:24| みにクル報告(宇都宮)

2017年09月07日

秋のシギチドリモニタリング調査:みにクル(守屋)

シギチドリのモニタリングは、干潟や砂浜など海辺の場所と沼や水田などの内陸の場所があります。

今日実施した水田の調査地は、徐々に稲刈りが終わり水田が広く切り開かれてきました。
シギチの中でも淡水の環境を好む種を期待していたのですが、今回は、ヒバリシギの幼鳥とジシギ類が観察されました。

DSCN8929.JPG
ヒバリシギ(photo by 柴田絵里)

広大な水田地帯に1羽のみとは寂しい限りですが、よく見ると赤っぽい色や白色や黒い羽軸の背面のカラフルさ、お腹の白さなどが美しいです。シギは開けたところでじっくり観察することができます。
10月初旬ごろまでは渡り鳥の季節が続きますので観察にお出かけしてはいかがでしょうか。

また、このちょっと前の時期から水田地帯でよくいるのがジシギ類です。
識別の困難さから避けられることも多いのですが、この時期数種がいてまたとない観察のチャンスです。

さらに、見てもよくわからないという方のために朗報もあります。
今年の日本鳥学会大会で、「みんなで調べるジシギの渡り」(筑波大学総合研究棟A:9月15日 18:30-20:30)というジシギ類の自由集会があります。興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
posted by ばーりさ at 18:41| 活動報告