2017年06月19日

三宅島調査第2弾(佐藤)

週末は伊豆諸島調査の生活もいよいよ最終週となりました。

5週目の今回は前回同様、三宅島の調査です。
三宅島について、天気予報を見ると日曜日は強雨となっていたため、土曜日の朝、調査を終えて、そのまま本土に帰ってきました(日曜日に帰る予定でした)。
1日短くなってしまいましたが、今回は雨が降るんじゃないかという予感があったので、前回のうちに2/3を終わらせておいたのが幸いして、なんとかほとんどの調査コースを終わらせる事が出来ました。

これで、今年の調査は青ヶ島以外、終了しました。およそ300あった調査コースですが、延べ60名弱の調査参加者に恵まれて、ほぼすべてのコースの調査が調査済みとなりました。
調査に参加していただいた皆様、現地でご協力していただいた皆様に心より御礼申し上げます。

データがまとまったら、中間報告をしますので、楽しみにしていてください。

P6165379.jpg
バードアイランドの三宅島を走るバス。イイジマムシクイの育雛の写真、貴重です。

P6175478.jpg
三宅島調査第2弾のメンバー。今回も経験豊富な調査員さんから色々な事を学びました。


posted by ばーりさ at 15:32| 活動報告

2017年06月18日

奥会津へ。ヤマガラとアカショウビン増加?(植田)

福島は奥会津に行ってました。目的はこれ

marichan.jpg

ではなく,全国鳥類繁殖分布調査の遠征です。

さすがに雪深い地。調査コースの1コースはまだ雪の中ということで,あきらめて,4コース調べてきました。

1990年と比べて,変化が見られました。これらのコースで前回調査でヤマガラの記録があったのは,1コースだけでしたが,今回の調査では1コースをのぞき優占種に。モニ1000調査でも個体数が増加しているのでは,といわれていますが,分布も拡大しているのかもしれません。アカショウビンも過去は記録されてませんが,今回,3か所で記録されました。近くで声も聞け,姿も見れ,満足できました。



また,今日は前回,ノジコがたくさん記録された場所で調査してきました。
けど,いない・・・。
帰りにようやく2羽観察できたしたけど,調査では記録できなかった。
新潟での調査ではノジコは林縁の長さや雪崩地形が重要で,最近は耕作放棄された水田も利用されているそうです。
http://db3.bird-research.jp/news/201706-no2/
20年前はそんな場所だったのが,木が育ってノジコに不適当な場所になってしまったのかもしれないですね。

DSC00939.jpg
posted by ばーりさ at 16:45| 活動報告

2017年06月17日

中央公園6月17日調査報告

今年は空梅雨?
今朝も清々しい青空です。

170618kouen.jpg
(初夏の陽射しがまぶしい公園)

昨日の午後の降雹が気になり早めに着きました。
ササゴイたちに影響はないようです。
巣立ち直前のヒナも朝日に気持ちよさそうに羽繕い中です。

ただ、今年の公園は昨年とは少し違います。
ここ数年、増加傾向にあったササゴイ。
昨年は今の同時期に23羽のヒナがいました。
今年は孵化後3週齢のヒナが3羽と孵化後1週齢の2巣のみ。
多くがすでに失敗しました。
はたして今年は何羽のヒナが巣立つのでしょうか。

カルガモの家族群も昨年より著しく少な目です。
昨年は6月11日の時点で7家族50羽のヒナが記録されていました。
今年は6月12日に孵化した1家族を加えても2家族17羽です。

ただ、家族数が少ないせいでしょうか。
ヒナの死亡率は低いようです。
今年は最初の7羽のヒナのうち1羽が死んだだけです。
後から孵化したヒナも5日経っていますがすべて生き残っていました。
昨年までと違い、ほかの親鳥によるヒナ殺しがないのかもしれません。

ただ、このまま行くとせいぜいあとひと家族が記録されるだけかも。
ちょっと寂しい繁殖期です。

今朝の参加者7名 記録種数22種 記録個体数123羽
次回は6月24日午前6時30分からです。担当:BR平野







posted by ばーりさ at 12:03| みにクル報告(宇都宮)