2018年02月08日

カッコいい高山の鳥のTシャツ(高木)

アウトドアメーカーであるモンベルの商品ラインナップに、高山の鳥8種類(ホシガラス、ルリビタキ、ウソ、メボソムシクイ、イワヒバリ、カヤクグリ、ビンズイ、アマツバメ)のイラストをあしらったTシャツが加わります。デザインは、バードリサーチの年報などもレイアウトしていただいているいきものパレットです。
このTシャツの売り上げの一部は、バードリサーチの活動に寄付されますので、皆さんに購入していただくと、それだけでバードリサーチの活動を応援することにつながります。しかも、このシリーズのTシャツは、モンベルが誇る高機能素材「ウイックロン」を使用し、吸水拡散性に優れ、調査で山を歩いて汗だくになっても快適(僕自身の体験にもとづく感想です。汗だくのレベルには自信があります)なので、フィールドワークにもお薦めです。すでに 一部のモンベル直営店で購入できるようですが、もう少ししたらオンラインショップで買えるようになります。詳しくは、またその頃に!!



posted by ばーりさ at 18:58| 活動報告

アオジの足環の文字を写真から読み取れました

バードリサーチの会員で、大分県にお住まいの池永祐二さんから足環が写ったアオジの写真が届きました。金属足環は山階鳥類研究所の標識調査に参加しているボランティア(バンダーと呼ばれています)の皆さんが、全国各地で装着しているものです。

秋の渡り時期にアオジが多い北海道の浜頓別で標識調査をしている小西敢さんに写真を見てもらったところ、「2AG-21610」と読み取ることができました。大型の鳥の足環は写真から読み取れることもありますが、小鳥の足環の刻印を読み取ることができたのは珍しいと思います。

P1650106-s.jpg
足環の付いたアオジ(撮影 池永祐二)

名称未設定s.jpg
4枚の写真に写っていた足環を並べると、「2AG-21610」と読める。

追伸(2018-02-13)
 池永さんが山階鳥類研究所に照会したところ、この足環を装着したのは刻印を読み取っていただいた小西さんご自身であることが分かりました!
posted by ばーりさ at 12:57| その他

2018年02月05日

世界湿地の日イベントに参加してきました(守屋)

IMG_8906.jpg
2月2日は、1971年にラムサール条約が採択されたことを記念して、「世界湿地の日(World Wetlands Day)」となっております。国連大学で催された日本の『世界湿地の日』のイベントに参加して、グループの世話係として東京湾シギチドリ一斉調査の話をしてきました。

今年のテーマは、「都市の湿地を守ろう 〜持続可能な未来のために〜 街の暮らしを支える湿地(Wetlands for a sustainable urban future〜Urban wetlands making cities liveable〜)」でした。

東京湾は、葛西沖の三枚洲がラムサール登録に向けて着々と準備をしており、タイムリーなテーマでした。

干潟は、川からの土砂が堆積して浅い海からできていますが、その上流の隣接する陸地は沖積平野として三角州などが広がります。広く平坦で、肥沃な土壌、波風も少ない土地は人の利用しやすい地形でもあるので、人と水鳥が出会うのは必然でもありますね。賢く利用して共生していきたいものですが、都市化が進むと陸の海の境ははっきりと区分けされ、曖昧な水辺はなくなっていきます。
特にシギ・チドリ類にはキツイという話をしてきました。東京湾は水辺に親しむ場所も限られていて、ちょっとグレーインフラに偏りすぎですかね。

まずは、水辺でBBQでも、潮干狩りでもいいので訪れてもらえるようにして、そこから湿地の恩恵や各地の湿地を知ってもらえるような仕掛けができるといいかなと思いました。

世界には水辺を都市計画に取り込むようなところもあるそうですよ(豊かな水辺があると地価が上がるとか)。

IMGP0121.jpg
大潮の三番瀬(都会の真中に喧騒から離れた場所があります)



続きを読む
posted by ばーりさ at 18:29| 活動報告