2019年04月09日

バードウォッチングのススメ(守屋)

いろいろな鳥がさえずる季節になってきました。

鳥の名前がわかれば楽しいのですが、鳥の名前を覚えるのはちょっと時間がかかりますよね。ただ、コツもあります。
以下は、一歩踏み込んで野鳥の観察を始めて、独りで探鳥へ行けるぐらいを目指している人へ向けたアドバイス用に作ったメモです。双眼鏡と図鑑があれば始められ、始めるにはよい時期です。ご参考に。

------------------------------------------------------------------------------
『独りで探鳥へ行けるぐらいを目指している人へ』

■観察しやすい種類をまず目標にする(100種ぐらい:地域によって見やすい鳥は違います)
【参考】
・水辺の鳥
カイツブリ,オオミズナギドリ,カワウ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,アオサギ,ゴイサギ,キンクロハジロ,スズガモ,マガモ,コガモ,ヒドリガモ,オナガガモ,カルガモ,バン,オオバン,コチドリ,イカルチドリ,メダイチドリ,シロチドリ,ダイゼン,キョウジョシギ,トウネン,ハマシギ,ミユビシギ,キアシシギ,イソシギ,オオソリハシシギ,チュウシャクシギ,コアジサシ,ユリカモメ,ウミネコ,セグロカモメ,カワセミ

・森や草原の鳥
ミサゴ,トビ,ノスリ,チョウゲンボウ,キジ,コジュケイ,ヒメアマツバメ,キジバト,アオバト,ホトトギス,カッコウ,アオバズク,アマツバメ,アオゲラ,コゲラ,ヒバリ,ツバメ,コシアカツバメ,イワツバメ,キセキレイ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,ヒヨドリ,モズ,ヤブサメ,ウグイス,オオヨシキリ,センダイムシクイ,セッカ,イソヒヨドリ,キビタキ,オオルリ,エナガ,ヒガラ,ヤマガラ,シジュウカラ,メジロ,ホオジロ,アオジ,カワラヒワ,スズメ,ムクドリ,カケス,ハシボソガラス,ハシブトガラス

■図鑑を読む。
・図鑑はお気に入りを作っとこう。ただし、書き込んだりできるように1冊つぶす覚悟で。
・ここを見れば間違いない種の特徴(姿とか柄)をまず覚える(シジュウカラの胸のネクタイ柄とか)。
・混乱しそうな種(類似種)はチェックしておく。
・よく似た種にどんな鳥がいるか比較して特徴を覚える。
・鳥の季節性(そこには夏いるのか冬いるのか、旅鳥か)、国内の分布、どんな環境にいる鳥か。特徴的な行動があるか?を知る。
・見たい鳥を作っておこう。
   
■探鳥会や調査に参加してベテランや仲間と探鳥する。
・最初は感覚的じゃなく、明確に教えてくれる人、特徴を説明してくれる人がよい。
・探し方やどんな環境にいるのか、普通に見れる種か珍しい種かも聞いておこう。
・自分が質問しやすい人をみつけておこう。仲間がいると続けやすい。
・ついでにマナーも教わっておこう。

■マイフィールドを作る。
・よく通える場所がよい。森でも林でも海でも池でもよい。
・だいたいの散策路・観察ポイントを決める。
・最初は時間をかけて観察しよう。気になる鳥がいたら、引き返して見ておこう。次に会える機会はないと思っとこう。
・フィールドノートをマメにつけよう(どこで、いつ、何をだけでも良いが、情報が多いと思い出しやすい。何羽いたか、何をしていたか、その時の天気は、環境はどんな所だったろうか)
・慣れてきたらマイフィールドで、時間や範囲、距離を決めて簡単なセンサスを継続してみよう。
・センサスをまとめてみよう、あなたのマイフィールドは、どの時期にどんな鳥が多いのですか?そこの場所の特徴は?ほかの場所と比べてみて何か違う?

■わからない鳥に気づく
・よくいる種類の大きさや姿を注意深く観察しておこう(写真やスケッチ、録音もよい)。
・わからない鳥の鳴き声を聞いたら立ち止まって探してみよう。最初は姿が見えるまで粘っておこう。
・普段いる鳥とは声や姿、”なにか”違うことがわかるようになることが大切。

■自信がついたら(ついてなくても)マイフィールドとは違った環境へ出かけよう。
・有名な探鳥地などをネットで探索、さまざまな探鳥会にも参加してみよう。
・できるだけ自分で探して、識別してみる。
・よくわからなかった種は記録、写真、録音などして聞いておこう。
・見たい鳥を見るにはどうしたらよいか考えよう。時期は?どこに行けば?どんな環境にいけば見つかるだろうか。

■さらなる上達のために
・常に最新の情報を気にしておこう。
・環境を見て、どんな鳥がいそうか想像してみよう。
・フィールドで見た観察を大事に、図鑑を疑ってみることも必要。
・自分だけの識別ポイントをみつけてみよう。

00034_JFR-001.JPG

近道はないかもしれませんが、マイペースでじっくりと取り組んでみてください。

ぐっど バードウォッチング!


posted by ばーりさ at 13:38| その他

東京島嶼の調査結果をまとめた報告書が発行されました(佐藤)

2017年〜2018年にかけて実施した東京島嶼部の繁殖分布調査の結果をまとめました。
こちらから読むことができます。
調査は50名以上のボランティア調査員さんの参加によって実現しました。
ご参加頂いた皆さん、ありがとうございます。
また、本調査は自然保護助成基金からの助成によって行いました。

今回得られたデータは今後も島の鳥類の保全などに役立てるよう、頑張ります。


IMG_2247.JPG
自然保護助成基金の報告会でも本調査の成果を発表しました。



続きを読む
posted by ばーりさ at 10:36| 活動報告

2019年04月08日

キクイタダキとキバシリの聞き比べ

ぼくはあまりそう思わないのですが,この2種のさえずりが聞き分けにくいという人,けっこういます。

今,ライブ音の聴き取り調査をしていますが(http://blog.bird-research.jp/article/185805990.html#live)今朝の富良野の聴き取りで,ちょうど比較しやすい感じに交互に鳴いていたので紹介します。

キクイタダキとキバシリ.png


いかがでしょうか? 音が高くて細かい声なのは似ていますが,リズムも違うし,これで聞き分けられますよね。
posted by ばーりさ at 08:41| 活動報告

2019年04月05日

サントリー愛鳥基金の助成をいただきました

野鳥記録システム「フィールドノート」を利用したモニタリングの仕組み作りに、サントリー愛鳥基金の助成をいただきました。一昨日、都内で開かれた助成金の贈呈式に行ってきました。

フィールドノートはこちらサイトで利用できます。https://db3.bird-research.jp/saezuri/record

サントリー1.jpeg

サントリー2.jpeg
賞状みたいなものをもらうのは、四半世紀むかしの大学の卒業式以来のように思います。


posted by ばーりさ at 11:45| 活動報告

2019年04月03日

図録 クマゲラ

 NPO法人本州産クマゲラ研究会の藤井忠志さんより「図録 クマゲラ」をご寄贈いただきましたのでご紹介します。2015年に岩手県立博物館で開催された「クマゲラの世界」展で展示された内容をもとに、セブン-イレブン記念財団の助成を受けて作成された書籍です。
 クマゲラの分布情報や巣立ち雛数の記録などの生態情報のほか、繁殖の状況を収めた多数の写真が収録されています。また、クマゲラの巣立ち映像を収めたDVDもついています。分布域の限られる希少種の生態や映像がとりまとめられており、資料的価値の高いものになっています。

購入を希望される方は、下記のNPO法人本州産クマゲラ研究会宛てに直接お申込みください。
図録クマゲラ.jpg
---------------------------------
図録 クマゲラ 購入申し込み先
---------------------------------
NPO法人本州産クマゲラ研究会
TEL   : 019-667-1072
E-mail: fujii@iwapmus.jp

定価:1,500円 (税込み)

送料・振り込み手数料は無料
---------------------------------
posted by ばーりさ at 15:03| 書籍紹介