2018年10月06日

10月6日中央公園調査報告

雨上がり直後の公園。
今日もうっとうしい曇り空です。

濃霧のため視界が悪いからでしょうか。
ハシブトガラスが多く、園内をしきりに飛び交っていました。

一方でカルガモは今朝も少ないままです。
全部の池を足しても29羽でした。
例年なら9月から10月はカルガモが増える時期です。

下の図は、8月下旬から11月にかけての3シーズンの10日ごとのカルガモの数です。
9月中旬までは順調?に増加していました。
しかし、下旬以降また減少してしまいました。
2016年の10月上旬には103羽が記録されたのとは大違いです。

181006karugamo.jpg
(8月下旬からの3シーズンのカルガモの記録個体数の比較)

今年の春に西側の住宅地の調整池がすべて埋め立てられたためかもしれません。
今秋はオナガガモなど他のカモ類も姿をみせません。

雲が低く垂れこめているせいか、小鳥たちも静かです。
それでも茂みからエナガやシジュウカラの鳴き声が聞こえてきました。
カの襲撃に辟易しながら探すとメジロの群れも加わっていました。

宇都宮の公園ではメジロは冬鳥です。
今朝は少なくとも9羽記録できました。
メジロは順調に増加しているようです。

今朝はアオバトやエゾビタキを期待しましたが見つかりません。
ヒタキ類は鳴き声が聞こえたので植え込みから出てこなかっただけかもしれません。
でも、そろそろ青空のもとで調査がしたい…。

参加者7名 記録種数18種 記録個体数103羽
次回は10月13日午前6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:00| みにクル報告(宇都宮)

2018年09月29日

中央公園9月29日調査報告

9月最後の調査。
しかし、今日も雲が覆う生憎の天気です。
結局、9月はすべて曇りで快晴の調査日はありませんでした。
そのせいか9月の記録種数は、最近の5年間では14年に次いで2番目に少ない年でした。

180929種数.jpg
(最近5年間のひと月あたりの記録種数の比較)

昨年の同時期にはカケスやヒヨドリの渡りが記録されていました。
また、枝先で鳴くモズの姿も観察されました。

今日も先週よりは種数が多いものの今一つスッキリしません。
それでも上空をアオバトらしいハトの群れやヒタキ類が通過していきました。
ただ、曇り空のため識別はできません。

調査終盤になってやっとシジュウカラの小群と遭遇。
中にムシクイ類とコサメビタキ2羽が混じっていました。
やっと皆さんのテンションも上向きに。
と、警戒の鳴き声とともに一斉にブレイク。
再び、沈黙の世界が…。

最前から時折姿を見せていたツミが梢をかすめて茂みの中へ。
改めて、ツミは小鳥たちにとって恐ろしい存在なのだと知らされました。
でも、今飛ばなくても良いじゃないかと恨み言をつぶやいたのは私だけ??

来週は10月。
データを見返すと、ここ数年アオバトが記録されています。
昨年はキンクロハジロも記録されました。
来週は秋晴れが広がることを期待して終了。

参加者5名 記録種数20種 記録個体数97羽
次回は10月6日6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)

2018年09月25日

下村兼史 生誕115周年− 100年前にカワセミを撮った男 本を頂きました(佐藤)

村兼史 生誕115周年− 100年前にカワセミを撮った男 写真展に行ってきました。
100年前の写真だと侮っていましたが、現在の機材を使っても容易に取れないような写真が数多く展示されていました。
特にすごいと思ったのは、ジュウイチがコルリの巣に産卵する瞬間をとらえた写真です。

私はカッコウ類の托卵の研究を10シーズンしていたので、産卵の瞬間の撮影がどれだけ根気のいる事かを知っています。
現在では同時に複数の巣を長時間、撮影する事ができるので、私たちのグループでは数千時間、仮親の巣を撮影してきました。膨大なビデオデータの中で、托卵の瞬間をとらえたのはわずか1回です。
産卵の瞬間を撮影する目的でビデオを撮影すればもう少したくさん撮影できたかもしれませんが、それでも簡単に撮影できないこの行動を、下村さんは3年かけて撮影したそうです。

実はこの写真について、展示の前に問い合わせがありました。大した有益な情報を提供できなかったのですが、ご厚意で写真展の本を一冊頂きました。ありがとうございます。

展示会は明日まで開催しています。お時間がある方は是非行ってみてください。
http://www.yamashina.or.jp/hp/hyohon_tosho/shimomura_kenji/shashinten2018.html

S__66846735.jpg
posted by ばーりさ at 16:38| 活動報告

2018年09月12日

【みにクル】 九十九里浜北部(奴賀)

9/10、みにクル九十九里浜北部でシギ・チドリ類調査に行ってきました。
参加者は2名。

いつものように北上しながら調査を開始した直後、すぐに雨が降って来てしまいました。
小雨程度なら続行ですが、雨雲レーダーを見ると、

写真1IMG_4453雨雲レーダー.jpg

南からやってくる集中豪雨の赤い雲が直撃する予報。。。
おまけに雷も光っていました。。。

安全第一ですので、残念ですが、調査中止とすることにしました。
しかし、せっかく現地まで来たので、調査地の北端に先回りし、
雨がくる前にせめて北端の調査区画だけでも調査することに。

作戦通り、北端にはまだ雨雲は来ていません。
しかも、シギチの混群もいました!

写真2IMGP0019調査風景1.jpg

早速みんなでカウントです。
今回参加の2名の方は何回か参加しているので、
識別もカウントももう初心者レベルではないので、
私は少し楽をさせてもらいました(笑)

結果、トウネン、ミユビシギ、キョウジョシギ、オバシギ、コオバシギ、メダイチドリ、シロチドリと、
最後は少し雨に濡れてしまいましたが、わずかな時間でいろいろ見ることができました。

帰り途中に雨がやんだので、ちょっと海岸によって見ると、

写真3IMG_4363トウネンバトル2.jpg
写真4IMG_4365トウネンバトル1.jpg
餌をめぐって??のトウネンの取っ組み合いや

写真5IMG_4410グンカンドリ.jpg
グンカンドリが見れました。
posted by ばーりさ at 10:17| みにクル報告(その他)

2018年09月11日

山と渓谷社のWebマガジンに記事を書いています(高木)

バードリサーチのニュースレターもWebニュースに移行しましたが、スマートフォンの普及によって、記事をWeb上で読むことが増えましたよね。
今年の春から、山と渓谷社から依頼されて、登山の際に出会う鳥を紹介する記事をYAMAYAというWebマガジンと、図鑑.jpのコラムに寄稿しています。

YAMAYA図鑑JP.jpg

ひとつの記事で、一つの種を紹介して欲しいというリクエストだったのですが、図鑑的な紹介をしてもつまらないと思い、生態について、少し掘り下げて、できれば面白く紹介することにしました。ぼくは、富士山で垂直分布の参加型調査をしたり、ホシガラスの調査などをやってはいますが、高山に住む鳥たちの生態を、本腰を入れて研究したことはありません。なので、紹介する内容は、誰かしら、他の研究者が、苦労を重ねて手に入れたものになります。
ん~。
なんとなく申し訳ないですよね。
それに、間違ったことを書いては、良くないです(少し面白く、堅苦しくなく書くために、正確性はある程度意図的に捨てていますが)。

そこで、取り上げる生態などを研究された方に、文章の中に登場してもらうことにしました。

こうしたら、誰が、その生態を明らかにしたのか、ちゃんと読者に伝わります。
登場してもらう方には、事前に了解をもらって、原稿もチェックしてもらいます。
そして、鳥の研究って、こんな風にしているのか~、という様子が伝われば、鳥の調査や研究に興味を持ってくれる方も増える!!
に違いない。
狙い通りに、上手くできているかは、わかりませんが(^^;

来春ぐらいまでは、書き続けようと思っています。
ご笑覧いただければ、幸いです。

山の鳥を研究している方には、ご相談させていただくと思いますので、
よろしくお願いいたします。

YAMAYA これまでの掲載記事
キビタキ
ホシガラス
ルリビタキ
メボソムシクイ

図鑑.jp これまでの掲載記事(YAMAYAの記事と同じ内容)
https://i-zukan.jp/pages/news/column/column/yama/index.html
posted by ばーりさ at 20:32| 活動報告