2017年09月01日

だだちゃ豆の枝豆とビールをいただきました

今年も株式会社シー・アイ・シーの今井さんから、今年もだだちゃ豆の枝豆とビールをいただきました。だだちゃ豆は枝豆専用の大豆の品種だそうで、普通の枝豆より少し茶色をしています。味はうまく表現できませんが、普通の枝豆より濃い感じで、大変おいしかったです。

今井枝豆.JPG
posted by ばーりさ at 16:17| いただきもの

2017年05月30日

北海道しめっちカルタ

フライウェイのガンカモ類担当の方を通じて『北海道しめっちカルタ』というものをいただきました。
simetti.jpg

「北海道ラムサールネットワーク」が企画して、道内の小中学生から読み札と取り札を募って作成されたそうです。

北海道には、大沼、ウトナイ湖、宮島沼、雨竜沼湿原、サロベツ原野、クッチャロ湖、釧路湿原、阿寒湖、濤沸湖、厚岸湖・別寒辺牛湿原、霧多布湿原、風蓮湖・春国岱、野付半島・野付湾の13カ所のラムサール条約登録湿地があります。
我々もそれぞれの湿原で活動されている団体の方には、特に水鳥の調査などで大変お世話になっております。

湿地の魅力を楽しんで知ってもらえればいいですね。

現在は、霧多布湿原センターで原画展が行われているそうです。

https://wetlandkaruta.wordpress.com/
posted by ばーりさ at 14:48| いただきもの

2017年02月20日

びわ博カルタ(守屋)

琵琶湖博物館のびわ博カルタをいただきました。
IMG_5549.JPG
琵琶湖周辺の自然や歴史のいろいろな事柄がカルタになっています。

つかみは最高で、このカルタは「イタチムシ 誰も知らない イタチムシ」という想像もできないいきものから始まります。
思わず調べずにはいられません。興味を惹かれること間違いなしです!
IMG_5554.JPG

鳥は、琵琶湖といえばカワウ、ソウシチョウ、コハクチョウなどが出てきます。
遊びながらにして琵琶湖について物識りになれるというのはいいですね。
カルタ大会も開かれたそうです。

詳しい解説入りの図録もいただきました。
開館20周年記念の企画展で作成されたこのカルタは、博物館に関わる多くの人の手によって作成されていることがわかります。
研究員やボランティアや多くの協働があって成り立っているのは素晴らしいですよね。

琵琶湖博物館のミュージアムショップ「おいでや」にて、2,000 円で販売されているようです。
ちなみに琵琶湖博物館は昨年7月リニューアルオープンしているので、琵琶湖に興味を持ったらぜひ訪れてみてください。
posted by ばーりさ at 13:23| いただきもの