2015年04月21日

図書紹介:藤田祐樹著 ハトはなぜ首を振って歩くのか

出張で新幹線に乗ります。そして、窓の外の景色を眺め、通り過ぎる富士山、空を舞う猛禽、あっ!あの田んぼに群れるカラスは・・・ミヤマガラス!??
このとき、僕の目玉は、自分で言うのもなんですが、とても器用に、そして正確に動いてくれます。だから、もの凄い早さで通り過ぎる外の世界に焦点を合わせ、網膜にくっきりと見たいものの姿を映すことができます。なんと素晴らしい僕の目玉でしょうか。
そう、鳥たちの目玉は僕の目玉のように美しい球形をしていません。ラケットにあたった瞬間の軟式テニスのボールのように押しつぶされた形をしているので、目玉を動かしてみるべき対象を常に視点の真ん中に捉えることができないのです。彼らは、いったいどうやってこの問題を解決しているのでしょうか?

藤田祐樹_歩くハト表紙ss.jpg公園に出かけて、ベンチに腰かけて、ただただぼーっとする、という機会は意外とあるようでないのですが、一度チャレンジしてみてください。目の前を通り過ぎるドバトが目に入ってくると思います。彼らの動きを見ていると、なぜか首を前に後ろに動かしながら歩いています。歩く速度があがると、首を振る速度も速くなります。ちょっと不思議な行動です。この行動に注目した研究者がいます。藤田祐樹さんです。斬新な視点から行われた研究はとても面白く、バードリサーチニュース2006年3月号にも記事を寄せていただきました。その藤田さんの研究のをまとめた本をご寄贈いただきましたので、ご紹介します。
藤田さんの文章はとても読みやすいのですが、本書では、人の歩行と鳥の歩行の違い、首を振って歩く鳥とそうでない鳥がいること、なぜ、その違いがあるのかなどについて、鳥の体の仕組みや生態の知識を上手に織り交ぜながら、一般の人にも、研究者にも、わかりやすく面白く解説されていて、たくさんの知識がすっと頭に入ってきます。じっくり鳥を観察する、調べることの楽しさを感じることができる1冊です。ぜひ、どうぞ。
高木憲太郎

----------------------------
岩波科学ライブラリー 237
ハトはなぜ首を振って歩くのか
藤田祐樹 著  岩波書店
1200円(税別)
----------------------------
詳しい内容は、岩波書店のサイトに載っています。しかも、動画つき!
岩波書店 more info
posted by ばーりさ at 18:45| 書籍紹介

2015年03月20日

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

ナツメ社から,まもなく出版される野鳥図鑑を寄贈いただきました。

torizukan.jpg

バードリサーチも少し協力して,
各種の説明の中にQRコードがあって,鳴き声図鑑に掲載されている声を聞くことができるようになっています。
3/23発売と言うことなので,書店にならぶのはまだ先ですが,見てみてください。

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑 単行本 – 2015/3/23
石田 光史 (著), 樋口 広芳 (監修)」
ナツメ社 ¥1,620
ISBN-10: 481635803X
ISBN-13: 978-4816358036
発売日: 2015/3/23
posted by ばーりさ at 10:56| 書籍紹介

2015年03月01日

オオワシの本いただきました

これまでも共同調査などしてきたMasterovさんが,オオワシの本を出したということで,寄贈していただきました。全384ページの「T & AD Poyser」のモノグラフ風の本です。図もいろいろ載っていて,たくさんの情報が載っているのですけど・・・「わからん」。全部ロシア語です。
図の部分だけでも,なんとか解読したいと思います。Masterovさんが来た時にでも聞いてみるかな。

「女性にこんなに重い本を何冊も運べなんて,失礼よね」とぼやきながらロシアから重たい本を運搬してくれたS木さん,Masterovさん,ありがとうございました。

doc00991620150301100916_001.jpg


posted by ばーりさ at 10:22| 書籍紹介

2015年02月15日

くらべてわかる野鳥(山と渓谷社)

山と渓谷社から標記本をいただきました。ありがとうございました。

くらべてわかる野鳥  叶内拓哉
ISBN:9784635063470 ページ数:128 判型:B5判
定価:本体1,600円+税

doc00962620150215114547_001.jpg

B5版のフィールドガイドと比べるとちょっと大判の本で,家で見るような用途ですかね。初心者でもわかるように「市街地・公園で見られるおもな鳥」など環境別に見開きでたくさんの鳥をならべてあるところが便利ですね。

初心者向けには,「スズメのなかま」とか分類群にこだわるよりは,黒い鳥とか茶色い鳥とかそういうカテゴリー分けの方がわかりやすかったかな,とも思いました。そんな用途には,ネット上の素人製作みえみえのものですが,うちの身近な鳥図鑑をどうぞ


posted by ばーりさ at 14:48| 書籍紹介

2014年12月03日

英語鳥図鑑の読み方(石井直樹)

著者の石井さんから表記書籍をいただきました。ありがとうございました。

海外の図鑑を読もうとしたとき,単語が辞書に出ていなかったりして,戸惑うことあります。
この本はそんな時に役立つ本で,単語や形態,表現など様々なことを解説してくれています。

自費出版ということですが,Amazonで買うことが出来ますし,ホビーズワールドでは扱っているそうです。

doc00768620141203100951_001.jpg

posted by ばーりさ at 11:33| 書籍紹介