2020年08月03日

静岡県の鳥類 第3版 静岡の鳥編集委員会(編・著)


S25C-920080318030.jpg 静岡2.jpg

表記書籍をいただきました。ありがとうございました。

この本は,静岡の鳥の分布と,1996年からの変化をまとめたものです。
1996-1997年,2006-2010年,そして2017-2020年の3期の分布図としてまとめられています。
今,われわれが行っている全国繁殖分布調査よりも詳細なメッシュでの,長期間にわたった情報収集と取りまとめ,大変だったことと思います。
アカショウビンは静岡の中西部では増加しているけれども,東部は増加していないとか,東西に長い静岡ならではの分布の違いなど,興味深く見させていただきました。
一年を通した分布図なので,漂鳥などは繁殖期の分布なのか,越冬期の分布なのかわからないところが,改善点かなと思いました。そうした鳥だけでも分布図のマークを繁殖期●,越冬期○にするとか。静岡の人だとそんなことしなくてもわかるのかもしれませんが。

以下,書籍の情報です。ご興味ある方,注文してみてください。

静岡県の鳥類 第3版 静岡の鳥編集委員会(編・著)
「静岡県の鳥類」(1998年)、「静岡県の鳥類第2版」(2010年)に続き、第3版を発行。静岡県内で観察された417種について解説。329メッシュに分割した3種類の分布図により20年間の分布の変化がわかる。
A4版、フルカラー240ページ。
申込はtmbird@outlook.jp(三宅宛)にて受付。送料込み5,500円。



posted by ばーりさ at 18:20| 書籍紹介

2020年07月27日

日本鳥類図譜(守屋)

IMG_7992.jpg
昨年、お亡くなりになった写真家の久保敬親さんの写真集をいただきました。
環境別に約200種類の野鳥の写真が掲載されていて、種ごとに解説がついています。監修は樋口広芳先生、解説は柴田佳秀さんです。
生態の写真も多く、一種一種に時間をかけて撮影されたことが伝わります。

IMG_7991.jpg
コラムにバードリサーチが関わっているモニタリングサイト1000の事を紹介していただきました。
(調査風景の写真を提供しました)

近頃、フィールド図鑑をよく見ていたので、大きな写真は迫力があって細部まで眺めてしまいますね。
雨も多く、遠征もしにくい状況なので、ゆっくりと家中でバードウォッチングでもいかがでしょうか。


『日本鳥類図譜』
久保 敬親 (写真), 樋口 広芳 (監修), 柴田 佳秀 (解説), 
単行本: 304ページ
出版社: 山と渓谷社 (2020/6/17発行)
定価: 4200円+税

posted by ばーりさ at 16:46| 書籍紹介

2020年06月29日

野鳥撮影入門 菅原貴徳 玄光社

表記書籍を寄贈いただきました。ありがとうございました。

S25C-920062909300.jpg

図解でわかる野鳥撮影入門

野鳥写真のプロが教える
基礎&実践テクニック
2020年6月27日発売
B5判 144ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-0392-4


バードリサーチも調査などでお世話になっている若手カメラマン菅原さんの本です。

デジカメになって手軽に撮影ができるようになって,鳥の写真を撮る人が増えています。
もちろんぼくらの調査も少なからず鳥にプレッシャーをかけていますので大きなことは言えませんが,大きなレンズは,意図せずに鳥にとってプレッシャーになっています。どんな時に鳥が警戒しているのか,そしてどうしたらそれを和らげられるのかなどについて書いてあるのがいいな,と思いました。
以前はバードウォッチングから入って,撮影するようになる人が多かったと思うのですが,最近は撮影から入ったり,鳥を見るようになるのと同時に撮影するようになる人が多いような気がするので,鳥のことよく知らない人が多いので,最初にこういう入門書でそのあたり知れるのはいいですね。

ぼく自身はカツ丼くらいしか撮影しないのですが,よい写真の撮り方などの部分は,カツ丼をおいしそうに撮るための参考にしてみようかな。

posted by ばーりさ at 09:59| 書籍紹介

2019年10月23日

たろやまのさとみっけ

千葉県四街道市の和田信裕さんから「たろやまのさとみっけ」という冊子をいただきました。

「たろやまの郷」は四街道市に残された里山地域で、市民参加で保全活動が行われているのだそうです。
この小冊子はたろやまの郷で見られる動植物図鑑で、野鳥はQRコードを使ってバードリサーチの鳴き声図鑑の音声を聴けるようになっています。

IMG_0565.jpeg

IMG_0564.jpeg

IMG_0563.jpeg
スマートフォンでQRコードを読むと、バードリサーチの鳴き声図鑑の声を聴くことができます。
posted by ばーりさ at 14:30| 書籍紹介

2019年09月18日

鳥のふしぎ - いろいろなすがたをしているのは なぜ? くちばし、はね、あし

鳥のふしぎ - いろいろなすがたをしているのは なぜ?
 くちばし、はね、あし 理論社 2019年/9月 各2,300円税抜
 バードリサーチの平野さん監修の鳥形態についての子供向け写真本です。
いただきました。

 IMG_5393.jpg

早速、現在『おしりたんていシリーズ』にドはまり中のムスメ(4歳)に見てもらいました。
感想は、『(鳥も)いろいろいるのがわかった』そうです!そう、それこそが多様性、住む場所によって鳥はいろんな姿をしているんだよと、それを適応といって...、と説明する日は近いでしょう(今は無理ですが)。

生物を好きになれとは言わないが、キモイとかキタナイとか偏見を持たないといいなと常々思ってます。
子供には大型本なのでいろいろな形や色の鳥を大きな写真で楽しめたようでした。

posted by ばーりさ at 13:43| 書籍紹介