2017年04月23日

鳴き声から調べる野鳥図鑑

鳴き声から調べる野鳥図鑑−おぼえておきたい85種
(音声データCD付き)
松田 道生 (著), 菅原 貴徳 (写真)

菅原くんのデビュー作? をいただきました。
ツミの撮影をちょっとお手伝いしたので,そのお礼かな?
鳴き声の図鑑だけに,写真も鳴いているところのものが多いのですが,ツツドリは口は開いているけど,毛虫を飲み込もうとしているところですね。そんな写真や,雪かぶっているキンクロハジロ,星空のオオミズナギドリなど図鑑的でない写真も混じっていて楽しめました。
「おぼえておきたい85種」に,なぜか,普通の人が聞くことはなさそうなオオミズナギドリの声が入ってました。オオミズナギドリの研究者だった菅原くんのこだわりかな?

S25C-917042314440.jpg

鳴き声から調べる野鳥図鑑−おぼえておきたい85種 (音声データCD付き) 単行本 – 2017/4/20
松田 道生 (著), 菅原 貴徳 (写真)
文一総合出版 (2017/4/20)
ISBN-10: 4829988096
¥3240
posted by ばーりさ at 15:24| 書籍紹介

2017年02月28日

『中津干潟シギ・チドリ類レポート2016』(守屋)

大分県の中津干潟で活動するNPO法人水辺に遊ぶ会の作成した『中津干潟シギ・チドリ類レポート2016』をいただきました。
すでに、シギ・チドリ類モニタリング関係の方には送付させていただきましたが、十数部残部があり希望者に配布いたします(送料のみご負担ください)。

2003年頃から現在までの中津干潟のシギ・チドリ類の個体数動態、種数、塒調査、採餌内容、後背地の様子、またズグロカモメ、ツクシガモなどの干潟の鳥も調べ上げて報告しています。そのほか、数千から1万羽のヨシガモが一時期に渡来することも確認しているなど興味深い内容です。

ご興味のある方はぜひ。

また、その中津干潟では3/18-19に以下の調査講習会が行われます。こちらもよろしくお願いします。


表紙
IMG_5749[1].JPG




posted by ばーりさ at 15:00| 書籍紹介

2016年11月09日

鳥のフィールドサイン観察ガイド 箕輪義隆 文一総合出版 ¥2000+税

まもなく出版される(11/21)表記書籍をいただきました。ありがとうございました。

皆さんのなかにも,おちている羽を集めている方がいらっしゃると思いますが,鳥のフィールドサインにはそれ以外にも,足跡,糞,ペリット,古巣などがあります。こうしたものの楽しみ方や見分け方を紹介した本です。

今の季節は特に古巣とか,木の実の食痕は見やすい季節ですね。鳥のあまりいない時の楽しみに,そして観察会でのネタに,お勧めです。

doc02203420161109100600_001.jpg

鳥のフィールドサイン観察ガイド 2,000円(+税)
箕輪義隆 著
文一総合出版
ISBN-10: 4829972149 ISBN-13: 978-4829972144
posted by ばーりさ at 10:34| 書籍紹介