2018年09月12日

【みにクル】 九十九里浜北部(奴賀)

9/10、みにクル九十九里浜北部でシギ・チドリ類調査に行ってきました。
参加者は2名。

いつものように北上しながら調査を開始した直後、すぐに雨が降って来てしまいました。
小雨程度なら続行ですが、雨雲レーダーを見ると、

写真1IMG_4453雨雲レーダー.jpg

南からやってくる集中豪雨の赤い雲が直撃する予報。。。
おまけに雷も光っていました。。。

安全第一ですので、残念ですが、調査中止とすることにしました。
しかし、せっかく現地まで来たので、調査地の北端に先回りし、
雨がくる前にせめて北端の調査区画だけでも調査することに。

作戦通り、北端にはまだ雨雲は来ていません。
しかも、シギチの混群もいました!

写真2IMGP0019調査風景1.jpg

早速みんなでカウントです。
今回参加の2名の方は何回か参加しているので、
識別もカウントももう初心者レベルではないので、
私は少し楽をさせてもらいました(笑)

結果、トウネン、ミユビシギ、キョウジョシギ、オバシギ、コオバシギ、メダイチドリ、シロチドリと、
最後は少し雨に濡れてしまいましたが、わずかな時間でいろいろ見ることができました。

帰り途中に雨がやんだので、ちょっと海岸によって見ると、

写真3IMG_4363トウネンバトル2.jpg
写真4IMG_4365トウネンバトル1.jpg
餌をめぐって??のトウネンの取っ組み合いや

写真5IMG_4410グンカンドリ.jpg
グンカンドリが見れました。
posted by ばーりさ at 10:17| みにクル報告(その他)

2018年09月07日

【みにクル】九十九里浜南部(守屋)

今回は独りで行ってまいりました!

九十九里の砂浜は、台風一過で、波も高く強い風がまだ残っていました。
浜の近くの防風林も小鳥のさえずりが少なくなって秋を感じますね。
岸に近いところでオオミズナギドリが群れていました。

ミユビシギが全体で500+羽ほどが観察されました。
ほぼ年中いる砂浜の定番種で、いなくなる時期は夏のわずかな期間です。
冬羽に換羽中でした。
IMG_0533.JPG
2018-09-07.png
1羽 橙色-黄色のフラッグをつけた個体がいました。南オーストラリアで標識されたもののようです。
橙色のフラッグには”ABL”の文字があり、これは個体が追跡できる可能性があります。
このような個体は、ぜひ山階鳥類研究所に情報提供をお願いします。
無事に南半球まで移動してくれるとよいですね。

他は、トウネン、シロチドリ、ハマシギ、キョウジョシギ、ミヤコドリなど
トウネンは心配になるくらい数が少ないと感じます。

他に双眼鏡で遠くにグンカンドリを見つけました。白っぽい頭部と燕尾を確認したものの風に乗ってどこかへ行ってしまい、コグンカンなのかオオグンカンなのかまではわかりませんでした。
また、ウミネコに交じってオオアジサシが休んでいました。この風で翻弄されてお休みなのかもしれませんね。
IMG_0566.JPG

調査は地味ですが、タマに良い出会いがあることもあります。

2018/9/10 追記
オーストラリアの方から連絡があり、ミユビシギは2015年4月に南オーストラリアで標識、その年の9月に台湾で観察され、今回が2度目の報告とのことです。世界がつながりますね。
posted by ばーりさ at 11:30| みにクル報告(その他)

2018年08月24日

みにクル 九十九里浜北部 シギ・チドリ類調査(奴賀)

8/21、みにクル九十九里浜北部で、モニタリングサイト1000のシギ・チドリ類調査に行ってきました。
参加者は1名。
写真1IMGP0036参加者.JPG

沖にいる台風の影響で海は荒れています。
そのおかげで海水浴客は少なく、調査しやすいはず。
天気も晴れ。
しかし、湿度がめちゃめちゃ高く、
望遠鏡をのぞくと、遠くは霧?で霞んでます。。。
上の写真でもなんとなく霞んでるのがわかります。

霞の中をシギが歩いており、
動きなどからミユビシギだとわかるのですが、
ちゃんと見える距離に移動して確認。

そんなことを何度かくりかえして調査しました。

写真2IMG_4047ミユビシギ.jpg
大きな群れには会えませんでしたが、近くでミユビシギを観察できました。

写真3IMG_4061フラッグミユビシギ.jpg
フラッグ付きがいましたが、手ジスコの写真なのでナンバーはわかりませんでした。
色あせているようですが、オレンジと黄色のフラッグのようなので、
南オーストラリア州からのミユビシギだと思います。

今回観察できたシギ・チドリは、
シロチドリ
キョウジョシギ
ミユビシギ
トウネン
ちょっと少なめでした。

とにかく湿度が高くて蒸し蒸ししてたので、
調査終了後はもちろんジェラートです!

写真4IMG_4069ジェラート.jpg

九十九里浜の片隅にあるお店ですが、
人気店のため、こんな暑い日には駐車場は満車になります。

行き帰りに通過する水田地帯では早くも稲刈りが始まっており、
アマサギやチュウサギが稲刈り機の周りに集まっていました。
posted by ばーりさ at 11:55| みにクル報告(その他)

2018年06月25日

砂浜の鳥 みにクル(守屋)

砂浜の鳥の観察を九十九里浜で行なってきました。
参加者は約20名。ご参加ありがとうございました。

調査で使っているセンサーカメラを使用したモニタリングの説明をしたり、保護柵(まもるくん)のことを話したり、シロチドリやコアジサシの一般的な生態や状況についてレクチャーしたあと、
IMGP0033-001.JPGPhoto by NUKA
【紙芝居方式で説明する私】
SUNP0414.jpg
SUNP0010.jpg
【センサーカメラ画像:ヒナが確認されればうれしいですが、ハシブトカラスの捕食があったり、いつもそうとは限らないのが自然界の厳しいところ。ただカラスも生きるのに必死です。】

IMG_0618-001.JPG
【シロチドリが無事ふ化したあとの保護柵(まもるくん)】

コアジサシのコロニーや砂浜の鳥を観察しました。越夏しているシギチもいて楽しんで鳥を見てもらえたと思います。
IMGP0040-001.JPGPhoto by NUKA

地元の方がKIDs含め10名位来てくれました。
砂浜にそんな鳥がいることをあまり知らなかったと地元の方でもおっしゃいます。
まずは知ってもらうことから。
地域の方々と砂浜の環境を見守っていけるような体制を築くことが目標です。


ちなみに集合場所にさせてもらった海の駅九十九里は、野菜や鮮魚の直売所、九十九里の郷土料理を食べられるレストラン、「いわし資料館」があります。


観察メモ
2018/6/24 10:00-11:30
アジサシ、コアジサシ、ミヤコドリ、コチドリ、シロチドリ、ダイゼン、サルハマシギ、キョウジョシギ、キアシシギ、チュウシャクシギ、オオソリハシシギ、ハシブトガラス、セッカ、ウグイス、ヒバリ、ホオジロ、ホトトギス、ハシブトガラス


posted by ばーりさ at 13:07| みにクル報告(その他)

2018年05月27日

東京都清瀬市の鳥類繁殖分布調査(守屋)

東京にそんな市あった?と言われがちな多摩北部清瀬市周辺の東京都鳥類繁殖分布調査を担当している在住の守屋です。

5月に1回目の調査を終え、2回目の調査を6月中に終える予定です。

そこで、みにクルのスピンオフ。
早朝なので近隣の方のみとなりますが、一緒に調査しませんか。
お手伝いいただいても、見学でも構いません。

調査はラインセンサスで1ルート約1kmで30分ぐらいです。
調査時間は5:00〜6:00ごろ(ルート2本分)
歩きながら見つけた鳥の種類・数・繁殖行動を記録をしていきます。
雨の日は中止です。


興味のある方は守屋までご連絡ください。
日にち、集合、調査時間は調整します。
連絡先 br@bird-research.jp

ちなみに個人的に清瀬市でツバメの巣も探しています。

posted by ばーりさ at 03:43| みにクル報告(その他)