2017年11月04日

中央公園11月4日調査報告

今日は11月最初の調査。
1週間で公園のユリノキの葉もだいぶ黄色く色づいてきました。

171104_kouen.jpg
(黄色く色づいたユリノキの並木)

冬鳥たちの姿も一気に多くなってきました。
上空高く鳴きながら飛び交うのはカシラダカ。
周囲からジョウビタキの鳴き声も聞こえてきます。
低木の茂みではアオジの声。
ただ、シメはまだ多くないようです。
わずかに上空を通過する1羽のみでした。

留鳥たちも渡っているのでしょう。
メジロの声があちこちから聞こえてきます。
茂みから7羽の群れが飛び立っていきました。
シジュウカラも増えてきました。
今朝は少なくとも4群18羽。

池の周りではセグロセキレイが採餌しながら囀っていました。
雄の近くには雌の姿も。
冬の縄張りを構えるのに忙しそうです。

171104_segurosekirei.jpg
(地上で鳴きながら採餌するセグロセキレイの雌)

なお、今秋は山に木の実が多いのでしょうか。
カケスやアオゲラの姿がありません。
今冬は越冬しないのでしょうか。
気になります。

参加者5名 記録種数24種 記録個体数157羽
次回は11月11日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:57| みにクル報告(宇都宮)

2017年10月28日

中央公園10月28日調査報告

今日も曇り空の生憎の朝。
でもどうにか調査中は雨の心配はないようです。
公園の樹木もだいぶ色づいてきました。
ユリノキの葉も黄色味を帯びてきました。

171028_kouen.jpg
    (色づき始めた木々)

雲が垂れ込めている割には鳥たちは活発に動き回っています。
3か所からシジュウカラの鳴き交わす声。
中に甲高いヒガラの声も混じっています。

さらに、メジロの鳴き声もあちこちから聞こえてきます。
と、メタセコイアの梢からメジロの一団が空へ駆け上がっていきます。
全部で23羽の群れ。
さらに、ツグミ4羽の群れも。
ツグミは今週の初認です。

大池ではカルガモに混じってオオバンとマガモの雌各1羽。
オオバンはこの季節に見られることが多いようです。

171028_oban.jpg
    (今秋も飛来したオオバン)

上空をシメやビンズイが鳴きながら通過。
さらにイカルの地鳴きも聞こえてきました。
茂みでは大形ツグミの地鳴きが…。
シロハラ?それともマミチャジナイ?
時折、飛び出しても逆光で種を判別できません。
本当にフラストレーションの溜まる鳴き声です。

植え込みからホオジロ属の地鳴きが聞こえてきました。
声の高さからクロジのようです。
カシの茂みでクロジの雄を発見。
ここ数日、この調査地の近くの里山や小さな公園でクロジを見かけます。
渡りのピークなのかもしれません。

先週までの悪天候で記録種数も伸び悩んでいました。
しかし、今朝の調査で例年と同じ38種が記録できました。
ここ4年間の10月の記録種数は見事にほぼ同じです。

朝の挨拶でBさんが山地の林でイスカやアトリの群れを目撃したとのこと。
15年冬のようにアトリは飛来するでしょうか。マヒワは?
今から楽しみです。でもぬか喜びにならないと良いのですが…。

参加者8名 記録種数29種 記録個体数164羽
次回は11月4日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 14:31| みにクル報告(宇都宮)

2017年10月14日

中央公園10月14日調査報告

このところ土曜日ごとに雨。
今朝も小雨が降る薄暗い天気です。
雨雲レーダーでは直に上がりそうなので歩くことに。

大池のカルガモが晩夏レベルの少なさ。
すべての池をいれても36羽のみです。
しかし、ホシハジロ雄4羽とキンクロハジロ雌1羽がいました。
ホシハジロはこの調査では初めての記録です。
しかし、10分ぐらいで飛去してしまいました。

171014_kinkurohajiro.jpg
(その後戻ってきたキンクロハジロの雌)

今朝は天気が悪いせい?
シジュウカラやメジロの常連はいつもよりだいぶ少な目です。
一方、高木の茂みでは大型ツグミのシリーの地鳴き。
ケヤキでついに鳴き声の正体が判明。
マミチャジナイでした。

さらに、ある期待をこめてヒマラヤスギを見回すと…。
中型の鳥が天辺にちょこんととまっていました。

薄暗くしかも逆光の最悪のコンデション。
しかし、近づくとやはりアオバトでした。
入り口付近からはアオバトの鳴き声。
さらに、別の3羽がヒマラヤスギに降りる姿も。

171014_aobato.jpg
(ヒマラヤスギから飛び立つアオバト)

雨が止むと低木の茂みからオオムシクイらしい地鳴き。
高木の天辺にはエゾビタキの姿も。

天気が悪いものの日ごろ見慣れない鳥たちが記録できました。
しかし、姿が見えずフラストレーションばかりたまる調査でした。

来週はジョウビタキやシメなど冬鳥も飛来することでしょう。
次回に期待です。

参加者6名 記録種数21種 記録個体数89羽

次回は10月21日午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:44| みにクル報告(宇都宮)