2018年06月02日

6月2日中央公園調査報告

今年も早、梅雨入りの話題が聞かれる季節。
でも、さわやかな青空が広がる朝です。
日本庭園のヤマボウシも純白の花で覆われていました。

180602_keshiki.jpg
   (白い花がまぶしいヤマボウシ)

集合場所の沈床池には新たなカルガモの家族加わっていました。
ヒナの数は7羽。
先週記録されたヒナも全員が揃っていました。
一回り大きくなって、元気に泳いでいました。

茂みからカラ類の騒々しい鳴き声が聞こえてきました。
エナガとシジュウカラの若鳥にコゲラの家族群も交じっていました。
並木の途切れから次の樹木へ移動する数は少なくとも18羽。
騒々しいわけです。

さらに、駐車場付近ではムクドリの騒々しい鳴き声。
南側の農地付近を飛びまわり、異様な雰囲気です。
近づいて覗いてみると、ハシボソガラスがムクドリをくわえていました。

ハシボソは私たちの接近に気が付いてか人家の屋根へ移動。
その後、さらに住宅地の奥へと獲物をくわえて飛び去ってしまいました。

180602_hashibosogarasu.jpg
  (ムクドリをくわえるハシボソガラス)

ハシブトガラスがドバトを襲うのは何度か観察したことがあります。
しかし、ハシボソがムクドリを襲うのは初めて見ました。
参加者の皆さんも初めてのようでした。
いつもは公園の地上をゆっくり歩いているハシボソガラス。
小中型の鳥たちには危険な捕食者なのだと改めて認識しなおしました。

公園の池を元気に泳ぐカルガモのヒナたち。
ケヤキの巣で親鳥の帰りを待つササゴイのヒナたち。
彼らはカラスたちの攻撃から何羽生き残るのでしょうか。


参加者10名 記録種19種 記録個体数100羽
次回は6月9日午前6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:32| みにクル報告(宇都宮)

2018年05月26日

5月26日中央公園調査報告

今朝の公園は巣立ちビナを連れた家族群で大賑わい。
駐車場の縁のアメリカザイフリボク。
今年も赤い実をたわわに付けました。

騒々しい鳴き声はムクドリの家族群です。
翼をばたつかせながらのベッキングコール。
美味しそうに食べている姿に人間も味見をすることに。
参加者のKさんによると甘くて美味しいとのことでした。

180526_karugamo.jpg
   (採食中のカルガモの家族)

沈床池ではカルガモのヒナが孵化していました。
昨年より1週間ほど早いお披露目。
ヒナは6羽。やや少なめです。
池を覗き込んで携帯のカメラで記念撮影する散策者の皆さんも。
相変わらずの人気ものです。

青葉が茂ったケヤキではシジュウカラとコゲラの家族群。
コゲラの巣立ちビナ。
親鳥について移動するも上手くとまれません。
幹から落ちないかハラハラでした。

目の前の枝で親鳥から給餌されているのはハシボソの巣立ちビナ。
親鳥は人間が近くにいてもお構いなし。
ハシブトなら騒々しく警戒するのに全くの無関心です。
このつがいだけ?それともハシボソはドライなのでしょうか?

最後の盛り上がりはカッコウの登場の場面。
しばらく敷地脇の電線にとまり、けたたましくキョキョキョキョキョ。
オナガの様子を見にきた?
どうせなら、樹木にとまってくれたらもっと良かったのに…。

180526_kakko.jpg
   (電線にとまるカッコウ)

移動途中の夏鳥たちの季節も過ぎ、やや物足りない季節の始まりです。
それでも、それなりに楽しい調査ができました。
来週、新たなカルガモの家族は見られるのでしょうか。
今日のヒナは何羽になっているのでしょうか。

参加者4名 記録種18種 記録個体数94羽
次回は6月2日午前6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:23| みにクル報告(宇都宮)

2018年05月05日

中央公園5月5日調査報告

少し肌寒い朝。
一昨日からの荒れ模様のせい?
まだ渡り途中の鳥たちが記録されました。

木立が茂る日本庭園付近。
キビタキとセンダイムシクイ、さらに…。
どうも両種とも2羽の雄がいるようです。
池を挟んで囀りが確認されました。

180505_kansatsuchu.jpg
  (木立の中で夏鳥を探す皆さん)

今朝は少し時間をかけて観察。
キビタキはカエデやケヤキの樹冠を動き回って採食。
大きな青虫を捕らえ、枝に打ち付けていました。

留鳥たちも子育てに大忙しです。
カシの木に営巣したエナガ。
巣立ちビナを連れていました。
騒々しく鳴きながら同じ茂みを行ったり来たり。
気が散って、なかなか数を数えられません。
少なくとも親鳥を含め10羽はいるようです。

茂みのカエデの洞にシジュウカラの巣を見つけました。
何度も営巣木の近くを歩いているのに気が付きませんでした。
親鳥が近づくとヒナの声が聞こえてきます。
だいぶ大きくなっているようです。

shijyukara_180505.jpg
  (虫をくわえたシジュウカラの雄)

今日はシジュウカラが2か所で育雛中です。
さらに3か所で雄の囀りが確認できました。
少なくとも5つがいが公園を利用していることが分かりました。

先週から私たちを楽しませてくれたキビタキ。
来週は繁殖地へ向かっていることでしょう。
一方で、ムクドリたちが大挙して公園に採食に訪れるころです。
シジュウカラも巣立ちビナがみられるかもしれません。
今回とは違った騒々しい季節がやってきます。

参加者8名 記録種21種 記録個体数88羽
次回は5月12日午前6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)

2018年04月28日

中央公園4月28日調査報告

朝から清々しい青空。
もう4月最後の調査日です。
世はゴールデンウィーク。
しかし、変わらず街中の公園の調査です。

調査開始前の公園。
渡り途中のアカハラが囀り、センダイムシクイの長閑な囀りも。
コサメビタキが甲高い声でケヤキの樹冠で囀っていました。

30分後の調査開始時刻。
あれほど囀っていたアカハラもコサメビタキもシーン…。
ヒヨドリのだいみ声ばかり。

それでも茂みからキビタキの声が聞こえてきました。
声はすれども姿は見えず。
時折、樹冠を動く影。
薄暗い茂みでの観察はフラストレーションが溜まるばかり。

kibitaki_180428.jpg
(ケヤキの樹冠に出てきたキビタキの雄)

それでも芝生の孤立したケヤキに美しい姿を見せてくれました。
お蔭で、参加者全員で姿をみることができました。
どうも3羽いるようです。
雄は2羽?1羽は雌?

さらにオオルリも。
ただ、オオルリは一声のみでした。

結局、今年の4月の合計種数は4回の調査で31種。
昨年の4月と同じでした。
種数の少なかった16年を除くと過去5年間でもほぼ同じ種数です。

来月からは記録種数も減少します。
一方で、公園にムクドリが増えてくる頃です。
また、騒々しい季節の到来です。

参加者5名 記録種31種 記録個体数78羽
次回は5月5日午前6時30分からです。担当:BR平野






posted by ばーりさ at 11:58| みにクル報告(宇都宮)

2018年04月21日

中央公園4月21日調査報告

今日はもう4月下旬。
里山にはもうセンダイムシクイやキビタキなど夏鳥が囀る季節です。

今朝は、待ちに待ったササゴイが戻ってきました。
過去の記録をみると、ここ7年では18日から22日が初認日です。
ほぼ例年通りです。

キョー、ゴア、と鳴き声とともに羽音がしきりに聞こえてきます。
今朝は少なくとも6羽を確認。
昨年のケヤキの古巣に巣材を入れているつがいもいました。

180421sasagoi.jpg
 (新緑のケヤキに包まれたササゴイの雌)

昨年は、つがい数が増えてから初めて減少しました。
また、1巣あたりのヒナの巣立ち数も最低を記録しました。
はたして、今年はどうなるのでしょうか。
また、観察に忙しい日々の始まりです。

今朝は、シジュウカラの縄張りを記録しました。
囀り位置を地図上に記入する方法です。

今朝は4か所で雄が囀っていました。
そのうち1か所ではヒナが孵化したようです。
昨年と同じケヤキの洞に雌が虫をくわえて入っていきました。

ただ、ヒナは孵化後間もないようです。
雌はなかなか出てきません。
抱雛していのでしょう。

180421sijyukara.jpg
   (虫を探すシジュウカラの雄)

ただ、待望のムシクイ類やヒタキ類は記録できませんでした。
わずかに、開始直前に上空を通過するサンショウクイ1羽のみ。

センダイムシクイやキビタキの囀りは来週にお預けです。

参加者7名 記録種数19種 記録個体数101羽
次回は4月28日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:00| みにクル報告(宇都宮)