2018年11月24日

中央公園11月24日調査報告

ここ数日の冷え込み。
ついにダウンの上着を着ての観察です。
公園のモミジやメタセコイアの木々もやっと色づいてきました。
気が付けば今日は11月最後の調査です。

181124keshiki.jpg
   (色づく公園の木々)

一応、冬鳥たちも記録されているものの、少し物足りなさを感じる今シーズン。
アトリは6羽と先週より減っていました。
昨年の11月25日にはツグミが7羽記録されていました。
しかし、今日は1羽も記録できません。
シロハラも0でした。

ここ5年間の月ごとの記録種数を比較してみるとやはりここまでは少なめです。
11月は2016年と同じ29種でした。
14年や17年の同時期と比べると少ないことがわかります。

181124syusu.jpg
(最近5年間のひと月ごとの記録種数の比較。赤が2018年)

留鳥のカルガモもここに来て多少増えましたが、16年や17年に比べると少ないままです。
北の地が本格的な冬になると、もう少し増えるのでしょうか。

181124karugamo.jpg
(8月下旬から10日ごとのカルガモの最多記録個体数の比較)

181124kaitsuburi.jpg
(紅葉を映した水面に浮かぶカイツブリ)

紅い水面に浮かぶカルガモやカイツブリ。
今朝は、季節限定の鳥たちのいる景色を楽しめました。
来月はもう少し冬鳥たちが増えることを願って解散。

参加者11名 記録種数21種 記録個体数193羽。
次回は12月1日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)

2018年11月17日

中央公園11月17日調査報告

1週間でユリノキの葉がだいぶ落ちてしまいました。
紅葉も色づき始めましたが、例年に比べ今一つです。
公園はヒヨドリの騒々しい声であふれていました。

前回に引き続きアトリの群れが滞在していました。
ケヤキの樹冠でしきりに実をついばんでいました。
下からみると困ったことに。
茶色の葉とアトリの下腹の色が似ていて見つけにくいのです。
少なくとも15羽確認できました。

日本庭園の池には珍しいお客様。
マガモ1羽にコガモ2羽。
どちらも雌でした。
ただ、コガモは慣れていないのか常にオドオド。
すぐに、移動しそうです。

181117magamo.jpg
(休憩中のマガモの雌)

植え込みではヒヨドリに混じってシロハラのか細い地鳴き。
影が動くもののじっくり姿を見られません。
さらにホオジロ属のか細い声。
アオジ?それともクロジ?
しかし、ヒヨドリの騒々しい声にかき消され位置や種を特定できません。
残念!

今朝はほかにジョウビタキが記録されました。
しかし、シメやツグミは記録されるものの、まだ増えてきません。
数日前に訪れた山地の林にはツグミが多数群れて木の実を啄んでいました。
今秋は暖かいせいか、山から下りてきていないのかもしれません。
彼らをじっくり観察できるようになるのはもう少し先のようです。

参加者8名 記録種数21種 記録個体数159羽
次回は11月24日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:17| みにクル報告(宇都宮)

2018年11月10日

11月10日中央公園調査報告

昨夜までの雨も上がり、暖かな朝。
1週間前よりユリノキの並木が黄色く色づいてきました。
周囲の木々からヒヨドリの鳴き声に混じってメジロやシジュウカラの鳴き声。
今日は、鳥たちとの出会いが期待できそう。

181110kouen.jpg
 (だいぶ黄色く色づいたユリノキの並木)

大池でカモ類を探していると前方にアトリの群れが出現。
近づくと20羽ほどの群れがケヤキの枝で休憩中でした。
ここでは15年冬以来の群れの出現です。

15年とは違いカエデの実は不作です。
しかし、2008年のようにケヤキの実は豊作です。
少しでも長く滞在してくれると良いのですが…。


181110atori.jpg
   (ケヤキの枝で羽繕い中のアトリ)

さらに、シジュウカラの群れを観察しているとキクイタダキのか細い鳴き声。
鳴声から2羽いるようです。
姿を見たことが無いというS君。
みんなで声を頼りに探しましたが姿は見られませんでした。

この公園でのキクイタダキ。
最近では2015年11月7日に2羽が記録されています。
2012年冬には最高6羽が3月まで越冬しました。
今シーズンは今のところ他の調査地でも数はさほど多くないようです。
とすると、移動途中に立ち寄ったのかもしれません。

一方、この公園の常連たちも増えてきました。
ウグイスは今までせいぜい3羽だったのが、今朝は7羽。
周囲の植え込みからしきりに鳴き声が聞こえていました。

10月に少なかったキジバトも姿が目に付くようになってきました。
多くは木立から飛び立つ姿が記録されました。
しかし、地上で歩きながらついばむ姿も見られました。

久しぶりに充実した朝でした。
大型ツグミ類は次回以降に期待です。

参加者6名 記録種数23種 記録個体数173羽
次回は11月17日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:10| みにクル報告(宇都宮)

2018年11月03日

11月3日中央公園調査報告

公園の木々もうっすらと色づき始めました。
冬鳥の季節の到来です。

181103_keshiki.jpg
(うっすらと黄色く色づくユリノキの並木)

ヒヨドリの騒々しい声に混じってシメの鳴き声
見上げると3羽が通過していきました。
さらに、高木の木立ではシュリーと鳴き交わす声。
飛び出したのは2羽のシロハラ。
ここではこの秋の初認です。

池の縁のヤナギのてっぺんにはジョウビタキの雄。
今朝は、少し離れた公園の縁に雌の姿もみられました。

181103_jyobitaki.jpg
(ヤナギのてっぺんにとまるジョウビタキ)

1年中見られる鳥たちも増えてきました。
シジュウカラとエナガの群れにメジロが加わって30羽ほどの群れに。
コナラの植え込みから出てこないため数えるのが一苦労です。
それでもシジュウカラは全部で17羽、メジロが少なくとも16羽、エナガ11羽。

先月まで個体数が少なかったキジバト。
今朝は9羽を記録しました。
そのうち5羽は地上で採餌中の記録です。
採餌中の姿を見るのは久しぶりです。
ケヤキなどの木の実をついばんでいるようです。

一方で、カルガモは少ないまま。
昨年の同時期の調査では65羽を記録しました。
今朝は44羽のみ。
しかも、広い大池にはまったくいません。
そのほとんどが日本庭園の小さな池に集まっていました。
大池の様子は昨年までと同じです。不思議です。

今のところ、アオゲラ、ヒガラ、ヤマガラはまだ記録されていません。
アトリ類が採食するカエデの実は不作。
今冬の鳥たちの渡来状況が気になる朝でした。

参加者8名 記録種数20種 記録個体数146羽
次回は11月10日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:04| みにクル報告(宇都宮)

2018年10月20日

10月20日中央公園調査報告

9月以降の調査で久々の晴天。
冬鳥を期待しての調査です。

集合場所では鳴きながら飛びまわるカワラヒワ3羽。
ヒヨドリの声に混じってメジロの声も。
さらには上空から一声、ケ、ケーの鳴き声。
見上げると1羽のツグミが通過していきました。

幸先の良いスタート。
きっとジョウビタキやアカハラなどが見られるに違いない?

しかし、期待もむなしく鳥達の姿は少なめでした。
大池のカルガモも少ないままでした。
すべての池を含めても44羽のみ。
しかもカワセミの姿はありません。

それでも、メジロやシジュウカラは順調?に増えてきました。
ケヤキの茂みで鳴き交わしながら採食するシジュウカラ。
声を頼りに手分けしてのカウント。

181020shijyukara.jpg
   (茂みで動き回るシジュウカラ)

結果、シジュウカラは4群で15羽。
メジロは少なくとも10羽を記録しました。

しかし、期待したジョウビタキは記録できませんでした。
さらに、ヒガラやヤマガラ、アオゲラの鳴き声も確認できず。
今秋は山に木の実が多いのでしょうか。

昨冬はイカルやシメ、ルリビタキが楽しませてくれました。
しかし、公園のカエデの実は不作です。
ケヤキは多くの実を付けているようです。
はたして、アトリやマヒワ、イカルの飛来状況はどうなのでしょうか。
早くも今冬の飛来状況が気になります。

参加者9名 記録種数18種 記録個体数207羽
次回は11月3日7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:11| みにクル報告(宇都宮)