2019年04月13日

中央公園4月13日調査報告

ここ数日の寒さで例年よりサクラの見ごろが長かった公園。
ソメイヨシノはまだ満開状態。
さらにあとから咲き始めた八重のシダレザクラはちょうど見ごろ。
芽吹いたケヤキと相まって、清々しい朝です。

190413kouen.jpg
(サクラから新緑の季節に向かう公園)

ケヤキなどの木々が芽吹いたことで、アブラムシなどが多いのでしょうか。
今までほとんど見かけなかったツバメが木々の周りを飛びまわっていました。

先週までサクラの下の生垣で採食していたジョウビタキ。
今朝はもういませんでした。
繁殖地へ旅立ったようです。

さらに、冬の間私たちを楽しませてくれたアトリたち。
予想通り先週が終認のようです。
今朝は記録できませんでした。

一方、近くの茂みから複雑な節回しの囀りが聞こえてきました。
道脇のイチイの枝陰でアオジの雄がぐぜっていました。
この雄は、その後、シダレザクラへ移動。
黄色い胸を反らして囀り始めました。
この雄もそろそろ繁殖地へ旅立つころです。

aoji_190413.jpg
(紅八重シダレザクラの枝先で囀るアオジ)

いち早く繁殖を開始したセグロセキレイ。
今朝は芝生で虫集めに忙しそうに動き回っていました。
ヒナが孵化したようです。

ササゴイの鳴き声らしい声も聴かれました。
しかし、遠すぎて確認がとれませんでした。
来週はきっとササゴイも戻ってきているでしょう。
今年は何つがいが営巣するのでしょうか。

来週は運が良ければセンダイムシクイやキビタキの囀りが聞かれるかもしれません。
晴れると良いのですが…。

参加者8名 記録種20種 記録個体数85羽
次回は4月20日午前7時からです。BR:平野

posted by ばーりさ at 11:55| みにクル報告(宇都宮)

2019年03月30日

中央公園3月30日調査報告

公園のシダレザクラはほぼ満開。
一方、ソメイヨシノはまだ2分咲き程度。
一気に公園の彩が鮮やかになりました。

今日は2018年度最後の調査日。
今年度の鳥の記録状況を振り返ってみます。
下の図は、2010年度からひと月の記録種数の変動です。
この公園では9月や10月に記録種数の大きなピークがあります。
しかし、今年度は10月の種数が25種とこの9年間で最低を記録しました。
台風や残暑の影響だったのでしょうか。

種数変動.jpg
    (2010年から9年間のひと月の記録種数の変動)

次に、今冬の主要な冬鳥のシロハラとツグミの10日ごとの記録個体数を比べてみました。
いずれも赤のラインが今シーズンを表しています。

図のようにシロハラは11月の上、中旬こそ16年冬と同じでした。
しかし、11月下旬から1月下旬は1〜3羽と過去2年より少ないことが見てとれます。

190330shirohara.jpg
  (シロハラの10日ごとの記録個体数の比較)

ツグミは、例年だと11月上旬や中旬にやや多く記録されます。
しかし、今シーズンは12月下旬になってやっと上空を通過する4羽が記録されました。
その後も1月にはせいぜい2羽が記録されただけでした。
2月になって、やっと増えてきました。

190330tsugumi.jpg
  (ツグミの10日ごとの記録個体数の変動)

したがって18年冬はシロハラもツグミも16年冬や17年冬に比べて少なかったと言えます。

今冬はアトリの群れが越冬しました。
今日も22羽が芝生で群れで採食していました。
シメの個体数は昨シーズンなどより少なめでした。

したがって、全体的に冬鳥は少なかった冬と言えそうです。
今シーズンの初冬季は気温が高く全体的に暖冬でした。
ツグミやシロハラは、山地や北日本に遅くまでとどまっていて、飛来数が少なかったのかもしれません。

さて、この調査も来週から17年目に入ります。
19年はどのようなシーズンなのか楽しみです。

参加者8名 記録種数20種 記録個体数144羽
次回は4月6日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:40| みにクル報告(宇都宮)

2019年03月16日

中央公園3月16日調査報告

ここ数日、寒さがぶり返した公園。
まだまだ厚手の上着やダウンジャケットが手放せません。
公園のロックガーデンではスイセンなどの植物が花を付けていました。

ハシブトガラスは巣造りに余念がありません。
サクラやケヤキの枝を折っては巣へ運んでいました。
今春は、5つがいが営巣しそうです。

ハシボソガラスの新しい巣もほぼ出来上がったようです。
ただ、産卵はまだのようです。
親鳥は住宅地にでも行っているのか姿がありませんでした。

11月から私たちを楽しませてくれたアトリやシメたち。
頻繁に行きかう散策者にも慣れたようです。
シメは数メートルの距離で地上に落ちた種子を頬張っていました。

20190316shime.jpg
(散策路のすぐ上に残ったカエデの実を食べるシメ)

アトリたちはさすがに食べ物が減ったのでしょうか。
生垣の上に溜まったケヤキの種子を食べていました。
お蔭で密生した葉が邪魔で正確な数がカウントできません。
27羽?いや30羽以上いたなどと記録数が定まりません。

190316atori.jpg
(生垣に溜まったケヤキの実を食べるアトリ)

アトリを観察中。最年少のS君が上空を舞うツバメを発見。
この場所では今春の初認です。
過去16年の記録を見返すとツバメの初認は3月下旬から4月上旬です。
1週間に1度の調査なので初認日は偶然性に左右されます。
それでも、今春は例年より早い記録と言えそうです。

サクラの季節まであと少し。
アトリたちの北帰行ももうすぐです。

参加者7名 記録種数19種 記録個体数150羽
次回は3月23日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:02| みにクル報告(宇都宮)

2019年03月09日

中央公園3月9日調査報告

寒さが後戻りした風の冷たい朝。
冬仕様の服装は正解でした。
2月の間、清掃中だった大池。
だいぶ水が増えていました。
ただ、カワセミはまだ飛来していませんでした。

190309keshiki.jpg
     (水が入り始めた大池)

繁殖期に入ったエナガ。
つがいで動き回っていました。
今春は2つがい、それとも3つがい?
まだ、いま一つ確認できませんでした。

ハシボソガラスは縄張りの境で争い中です。
4羽が1本の木に集まって鳴きあっていました。
どうも今春は少なくとも4つがいが造巣中のようです。

一冬を過ごした冬鳥たち。
公園の人ごみにも慣れたようです。
人が傍らを歩いてもあまり警戒しません。
数メートルの距離で水を飲むシメの姿も。

さて、公園の代表的な冬鳥のシメ。
今冬の渡来状況はどうだったのでしょう。
下図は2005年以降の10月から3月上旬の最多個体数の変動です。

190309_shime_nennhenndo.jpg
  (2005年から2018年冬のシメの最多個体数の変動)

面白いこと07〜09年と15と17年が多い冬でした。
特に昨年シーズンは最高135羽が記録されました。
一方、今シーズンは少ない冬でした。

このような多い年と少ない年は何が影響しているのでしょうか。
公園の木の実の量?
北日本の積雪?
今度、ゆっくりと調べてみようと思います。

今朝はムクドリのつがいが芝生に降りていました。
冬の間、公園に降りなかったムクドリ。
採食に訪れたようです。
今後はもっと頻繁に記録されることでしょう。

そして私たちを楽しませてくれたアトリも繁殖地に旅立つ季節です。

参加者10名 記録種数21種 記録個体数153羽
次回は3月16日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:14| みにクル報告(宇都宮)

2019年02月23日

中央公園2月23日調査報告

昨日までの暖かな日差しからどんより曇った空模様。
それでも真冬の寒さほどではありません。

日本庭園ではマンサクやウメが咲き始めました。
歩道脇で早春の風に揺れているのは可憐な白い花のセツブンソウ。
今朝はウグイスのたどたどしい囀りが聞かれました。
ここでは例年、早くとも3月中旬でしたので、だいぶ早い初鳴きです。

190223setsubunso.jpg
 (誰が植えたのか歩道脇のセツブンソウ)

エナガやシジュウカラは群れを解き、つがいで動き回っていました。
シジュウカラは昨年の営巣木の周りで雄同士が争う姿も。
樹洞を巡って争っているのでしょうか。

ハシボソガラスも巣材をくわえて昨年の古巣へ入っていきました。
彼らも繁殖期に入ったようです。

ここに来てツグミが増えてきました。
今朝は4羽。
植え込みの地上を嘴でしきりに掘っていました。
獲物の気配を察知したのでしょう。

190223tsugumi.jpg
   (地上で食べ物を探すツグミ)

一方、1月ごろまで個体数が多かったシメ。
結局、昨年のような大きな群れは記録できませんでした。
今朝も6羽のみでした。

アトリも初冬季に比べると数がめっきり少なくなりました。
今朝は15羽がお気に入りの場所で採餌していました。
中に、2,3羽頭部が黒くなった雄が混じっていました。

彼らの北帰行はもう少し先のようです。

参加者6名 記録種数22種、記録個体数147羽

次回は3月2日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:34| みにクル報告(宇都宮)