2017年08月19日

中央公園8月19日調査報告

今日もうっとしい曇り空。
さらに気温も高めで少し動くと汗がじっとり。
記録種も2011年9月10日以来の一桁です。

今朝はシジュウカラなど小鳥類はまったく記録されません。
先月まで大池上空に群れていたツバメの姿もみられません。

しかし、この季節、限定の楽しみもあります。
この時期、池のカルガモたちは換羽の最中です。
カルガモの多くは風切羽がすべて抜け落ちていました。
飛べないカモたちです。

今年から参加されたお二人。
見るのは初めてとのこと。
観察中、風切羽のない翼で羽ばたくカルガモの姿に笑いも。
お尻が丸見えのカモたちに感謝です。

170819_karugamo.jpg
(換羽中の飛べないカルガモ)

さらに、最後に巣立ちしたササゴイのヒナたち。
営巣木から離れ、大池の縁のサクラで親鳥の帰りを待っていました。
元気な姿に一安心。
そろそろ公園を離れて採食地へ移動するころです。
ササゴイを見るのも今日が最後かもしれません。

ハシブトガラスも大分減少しました。
今朝は25羽のみ。
先週に引き続き西側に多く集まっていました。

来週はハシブトガラスもさらに減っていることでしょう。
カッコウ類など秋の渡りが待ち遠しく感じる朝でした。

参加者:5名 記録種8種 記録個体数82羽
次回は8月26日午前6時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:03| みにクル報告(宇都宮)

2017年08月12日

中央公園8月12日調査報告

今日もどんよりとした曇り空。
公園の鳥たちは静かです。
7月中あれほど騒々しく群れていたムクドリ。
今朝は1羽も記録できませんでした。
さらに、上空を飛ぶツバメも最後に1羽だけ出現。

気温が低いせいかセミたちの鳴き声も少な目です。
セミが少ないのは気温ばかりでないのかもしれません。
地面のセミの穴の数は5年間で最少で、一時の半数以下でした。
過度のハシブトによる捕食で減ってしまったのでしょうか。
ただ、ハシブトの数は前回とほぼ同じ39羽。
特に今朝は西側の広場周辺に集まっていました。

今年最後のササゴイのヒナたち。
兄弟仲良く枝にとまっていました。

170812_sasagoi.jpg
(親鳥に向かって駆け寄るササゴイの巣立ちビナ)

しかし、親鳥が給餌に訪れると様子が一変。
ガシャ、ガシャ騒々しく鳴いて親鳥目指して駆け寄って行きます。
親鳥も恐怖を感じるのでしょう。
一口、二口、与えるとすぐに離れてしまいました。

今朝で孵化後26日目。
あと少しでササゴイの季節も終わりです。

参加者6名 記録種11種 記録個体数111羽
次回は8月19日午前6時からです。担当:BR平野





posted by ばーりさ at 10:45| みにクル報告(宇都宮)

2017年08月05日

中央公園8月5日調査報告

8月最初の調査です。
例年より気温の低い曇り空。
相変わらずハシブトガラスの声ばかり。

最後のササゴイのヒナもだいぶ大きくなりました。
ちょうど親鳥が給餌に戻ってきたところに遭遇。
ヒナたちは我先にと競って親鳥の嘴の中へ。
皆さん、壮絶な給餌の様子に驚いた様子。
数分後、もう1羽の親鳥も給餌に戻ってきました。

しかし、今朝一番の盛り上がりの主役はアブラゼミです。
S君が羽化途中のアブラゼミを草むらに発見。
見てる間にみるみる体が出てきました。
でもよく見るとたくさんのアリが体に…。
体が出たところでついにたまらずセミは草むらへ落下。
やはり、日中の羽化は危険が多いようです。

170805_semi.jpg
(羽化中のアブラゼミ)

このところシジュウカラがいないと話していた直後。
シジュウカラとエナガの群れがクスの木に出現。
動きが激しくなかなか正確に数えられません。
手分けてしてカウント。
少なくともシジュウカラ8+、エナガ10+。
さらにセンダイムシクイ1羽が混ざっていました。

例年通り鳥の少ない季節。
でも今朝はキセキレイやセンダイムシクイも記録できました。
もう、繁殖地からの移動・分散が始まったようです。

参加者8名 記録種17種 記録個体数147羽
次回は8月12日午前6時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:20| みにクル報告(宇都宮)