2017年10月14日

中央公園10月14日調査報告

このところ土曜日ごとに雨。
今朝も小雨が降る薄暗い天気です。
雨雲レーダーでは直に上がりそうなので歩くことに。

大池のカルガモが晩夏レベルの少なさ。
すべての池をいれても36羽のみです。
しかし、ホシハジロ雄4羽とキンクロハジロ雌1羽がいました。
ホシハジロはこの調査では初めての記録です。
しかし、10分ぐらいで飛去してしまいました。

171014_kinkurohajiro.jpg
(その後戻ってきたキンクロハジロの雌)

今朝は天気が悪いせい?
シジュウカラやメジロの常連はいつもよりだいぶ少な目です。
一方、高木の茂みでは大型ツグミのシリーの地鳴き。
ケヤキでついに鳴き声の正体が判明。
マミチャジナイでした。

さらに、ある期待をこめてヒマラヤスギを見回すと…。
中型の鳥が天辺にちょこんととまっていました。

薄暗くしかも逆光の最悪のコンデション。
しかし、近づくとやはりアオバトでした。
入り口付近からはアオバトの鳴き声。
さらに、別の3羽がヒマラヤスギに降りる姿も。

171014_aobato.jpg
(ヒマラヤスギから飛び立つアオバト)

雨が止むと低木の茂みからオオムシクイらしい地鳴き。
高木の天辺にはエゾビタキの姿も。

天気が悪いものの日ごろ見慣れない鳥たちが記録できました。
しかし、姿が見えずフラストレーションばかりたまる調査でした。

来週はジョウビタキやシメなど冬鳥も飛来することでしょう。
次回に期待です。

参加者6名 記録種数21種 記録個体数89羽

次回は10月21日午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:44| みにクル報告(宇都宮)

2017年09月09日

中央公園9月9日調査報告

久々の晴れた調査日。
樹木の梢をキラキラ光りながら飛び回るのはウラギンシジミ。
花壇ではマンジュシャゲが深紅の花をつけていました。
秋到来です。

170909_higanbana.jpg
(一際目を引くマンジュシャゲの花)

集合場所でエナガの鳴き交わす声。
少しして東側の住宅地から続々とやってきました。
手分けして数えると27羽。
ここでの最多個体数です。
ほかにシジュウカラ5羽も。
さらにムシクイ類1羽が確認できました。
しかし、一瞬のため種を特定できません。

群れはその後徐々に西側へ移動。
お蔭で常にエナガの群れと一緒に歩くことに。
大池の縁ではヒタキ類1羽も確認。
葉の陰でこちらも種を特定できません。

170909_enaga.jpg
(茂みのなかで固まるエナガ)

ツミが飛び回っているのでしょう。
時折、鋭い警戒の声とともに茂みで動かなくなることも。
明るい場所へ出てくれないため、ヒタキ類をじっくり探せません。
ややフラストレーションも…。

エナガたちのお蔭で久しぶりに賑やかな朝。
しかし、ほかの鳥たちの姿は少ないままです。
この秋はカッコウ類をまだ記録していません。
コガモも飛来しても良いころですがこちらもまだ。
今年はいつもの秋と少し違うようです。

次回はエゾビタキに期待です。

参加者5名 記録種17種 記録個体数96羽
次回は9月23日(土)6時からです。来週は都合によりお休みです。
担当:BR平野










posted by ばーりさ at 11:24| みにクル報告(宇都宮)

2017年08月26日

中央公園8月26日調査報告

一月は早いもので今日は8月最後の調査です。
雨の予想にもかかわらず明るい曇り空。

しかし、鳥たちの姿は今日も少な目。
個体数が多いのはハシブトガラスとカルガモだけです。
キジバトやヒヨドリは市街地の代表的な鳥です。
ところがヒヨドリは3羽のみ。
キジバトは先週に引き続き記録できませんでした。

それでも調査の最後にエナガとシジュウカラの混群が出現しました。
ケヤキやカシの高木の樹冠をしきりに動き回る彼ら。
なかなか正確な数をカウントできません。
それでもエナガ8羽とシジュウカラ4羽を記録できました。
どうにか今回は記録種数が一桁を免れました。

キジバトやヒヨドリの少なさが気になり公園での季節変動をまとめてみました。
下のグラフは、2種の3年間の10日ごとの最多個体数の変動です。

170826_hiyodori.gif
(ヒヨドリの10日ごとの最多個体数の季節変動 毎年4月から3月が1年)

170826_kijibato.gif
(キジバトの10日ごとの最多個体数の季節変動)

ヒヨドリは4月中旬から5月上旬と9月下旬から10月に大きなピークがあります。
これは渡りによるものです。
また、冬の方が個体数が多いことがみてとれます。
一方、キジバトは個体数の変動が大きいことがわかります。
そして、ヒヨドリほど明確な季節変動がありません。

しかし、両種とも8月下旬から9月は1年のうちで最も少ないことが見て取れます。
繁殖が終わりあまり鳴かなくなるためかもしれません。
しかもヒヨドリでは換羽の季節です。
こうしたことで、今の季節は発見率が下がることで記録個体数が少ないと思われます。

ただ、キジバトは公園外のほうが食物となる草の種子が多そうです。
食べ物を求め一時的に外へ出かけていることも考えられます。
とすると、今の季節、キジバトは公園の外に多いのでしょうか。
機会があれば調査してみたいと思います。

参加者6名 記録種数10種 記録個体数77羽
次回は9月2日 午前6時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 14:52| みにクル報告(宇都宮)