2019年02月23日

中央公園2月23日調査報告

昨日までの暖かな日差しからどんより曇った空模様。
それでも真冬の寒さほどではありません。

日本庭園ではマンサクやウメが咲き始めました。
歩道脇で早春の風に揺れているのは可憐な白い花のセツブンソウ。
今朝はウグイスのたどたどしい囀りが聞かれました。
ここでは例年、早くとも3月中旬でしたので、だいぶ早い初鳴きです。

190223setsubunso.jpg
 (誰が植えたのか歩道脇のセツブンソウ)

エナガやシジュウカラは群れを解き、つがいで動き回っていました。
シジュウカラは昨年の営巣木の周りで雄同士が争う姿も。
樹洞を巡って争っているのでしょうか。

ハシボソガラスも巣材をくわえて昨年の古巣へ入っていきました。
彼らも繁殖期に入ったようです。

ここに来てツグミが増えてきました。
今朝は4羽。
植え込みの地上を嘴でしきりに掘っていました。
獲物の気配を察知したのでしょう。

190223tsugumi.jpg
   (地上で食べ物を探すツグミ)

一方、1月ごろまで個体数が多かったシメ。
結局、昨年のような大きな群れは記録できませんでした。
今朝も6羽のみでした。

アトリも初冬季に比べると数がめっきり少なくなりました。
今朝は15羽がお気に入りの場所で採餌していました。
中に、2,3羽頭部が黒くなった雄が混じっていました。

彼らの北帰行はもう少し先のようです。

参加者6名 記録種数22種、記録個体数147羽

次回は3月2日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:34| みにクル報告(宇都宮)

2019年02月09日

2月9日中央公園調査報告

どんよりとした曇り空から細かな雪の粒が落ちてきた生憎の天気。
急いで車に戻り傘を持っての調査です。
でも、いつの間にか雪は止んでしまいました。

公園は、今年も大池の清掃が始まっていました。
先週はまだ水がありました。
しかし、今朝は深い水路部を除き乾いたコンクリートの底が現れていました。

夏からのカイツブリ、カワセミの姿はありません。
昨冬にはたくさんのシメが降りていました。
今冬はアオサギ1羽とツグミ1羽が佇んでいるだけでした。

190209aosagi.jpg
  (残った水路で魚を狙うアオサギ)

今朝は鳥たちも少なめです。
初冬季から私たちを楽しませてくれたアトリたち。
今日は4羽のみです。
シメも6羽とそれほど多くありません。

庭園の地上にはまだまだ多くのユリノキの実が落ちています。
それでもシメが少ないのは、渡来数自体少ないのかもしれません。
郊外の河川敷や里山も少ないままです。

例年だと4、5羽が記録されるシロハラ。
今朝は2羽を記録しただけです。
アオジも1羽だけ。

記録種数こそそこそこでしたが、ややフラストレーションが溜まる朝でした。

参加者6名 記録種数21種 記録個体数128羽
次回は2月16日午前7時からです。担当:BR平野敏明


posted by ばーりさ at 11:38| みにクル報告(宇都宮)

2019年01月26日

中央公園1月26日調査報告

公園の歩道にうっすらと昨夜の雪が残る寒い朝。
寒さのせいか鳥たちの姿も少なめです。
11月以降毎回聞こえていたアトリの声もしません。
少し寂しい朝です。

大池も掃除の準備で池の水もだいぶ少なめです。
それでもカイツブリやカワセミが記録されました。
カワセミはお気に入りのカエデの枝で魚を狙っていました。
秋口の幼鳥とは違って成鳥の雄に変わっていました。

190126_kawasemi.jpg
(池の縁の枝で魚を狙うカワセミの雄)

前回まで私たちを楽しませてくれたアトリ。
ついに何処かへ移動した?
最後の期待を胸に博物館前の広場へ。
すると敷地の境の土手に採食する群れが…。
29羽と一時に比べると少ないものの地上の種子を啄んでいました。

190126_atori (2).jpg
   (地上で啄むアトリの群れ)

アトリのお蔭でそれなりに楽しめました。
しかし、昨冬に比べ記録種は少なめです。
ここ5年間で1月の記録種数は最低でした。

190126_species.jpg
(直近の5年間のひと月当たりの記録種数の変動)

また、今冬は冬鳥が少ないように感じられます。
特にツグミが例年より記録されてません。
下の図はここ10年間の12月から1月末のツグミの記録率です。

190126_tsugumi_kiroku.jpg
(10年間の12月から1月末のツグミの記録率の変動)

今冬は9回の調査でわずか3回しか記録されていません。
最低の記録率です。
初冬期の気温の高さが影響しているのでしょうか。
それとも昨夏の繁殖成績が悪かったのでしょうか。
他の地域の記録状況が気になります。

参加者7名 記録種17種 記録個体数148羽
次回は2月2日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:16| みにクル報告(宇都宮)

2018年12月29日

中央公園12月29日調査報告

今日で2018年最後の調査。
昨日からの寒気で厳しい冷え込みです。
公園の池も半分以上が凍結。
庭園のシモバシラが今冬初めて白く「氷」が付いていました。
181229_shimobashira.jpg
(今冬初のシモバシラ。残念ながら剪定されていた)

公園は今朝もアトリの声があちこちから聞こえています。
さらに何かに驚いて飛び立つ一回り大きな鳥の一団。
イカルです。全部で21羽。
今冬初記録です。
しかし、そのまま東へ飛去。
残念ながら戻ってきません。

アトリは前回よりやや少なく最大50羽程度の群れ。
今朝もケヤキで採食する姿を見ることができました。

アトリは年によって飛来数が異なります。
そこで2003年以降のアトリの記録を見直してみました。

181229_atori.jpg
(2003年冬から18年冬のアトリの最多記録数の変動)

すると、記録個体数が多かった年は2008年、11年、15年、18年冬でした。
08年冬以降では3〜4年ごとに群れが飛来していることがわかりました。
食物となる木の実の豊凶と関係があるのかもしれません。

一方、シメの記録数。
ここ5シーズンの10月から1月の10日ごとの最多個体数を比較してみました。

181229_shime.jpg
(2014年から18年冬の10月から1月の10日ごとの最多個体数)

今冬の12月(赤のライン)はほかの4シーズンより多いことがわかります。
15年と17年は1月から2月にかけて70羽以上の大きな群れが飛来しました。
はたして、18年冬はこの後どうなるのでしょうか。
楽しみです。

今年は公園での記録種数はここ5年間では少ない冬です。
冬鳥のシロハラもまだ1、2羽です。
この後の鳥たちの越冬状況が気になります。
今朝記録されたイカルは居ついてくれるのでしょうか。
来年に期待です。

参加者9名 記録種数19種 記録個体数236羽
次回は、1月5日、午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 13:53| みにクル報告(宇都宮)

2018年12月15日

中央公園12月15日調査報告

寒さ厳しい朝。
北日本が寒気に覆われて本来の12月中旬に?
公園もだいぶにぎやかになってきました。

振り向けばアトリ!!
今朝もユリノキの並木からアトリの鳴き交わす声。
一斉に飛び立つと少なくとも60羽の群れ。
さらに、シメも10数羽がしきりに採餌していました。

atori_181215_1.jpg
  (ユリノキにとまるアトリの群れ)

特にアトリはあちらこちらの枝に小群で休憩中。
おそらく全部で100羽以上いるのかもしれません。
公園内を群れで飛び交うため正確な数はカウントできません。

採餌が一段落すると樹木で囲まれた池に水飲みに。
採餌中は高い樹冠にいても、水飲みは低い枝に降りてきます。
そっと、待っていると次から次へとやってきました。
しばらく声を潜めてアトリの鑑賞です。

atori_181215_2.jpg
(水を飲みに低く降りてきたアトリ)

他の冬鳥もやっと姿を見せてくれました。
茂みからはアオジの鳴き声。
カシの枝では2羽のシロハラが争っていました。

さらに、キジバトが1本のケヤキに10羽集まっていました。
かれらもケヤキの豊富な実が目当てのようです。

アトリたちのお蔭で楽しいひと時を過ごせました。

参加者6名 記録種22種 記録個体数266羽。
次回は12月22日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:04| みにクル報告(宇都宮)