2014年12月08日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2014年12月(守屋)

狭山公園の調査を行なってきました。
底冷えの寒さです。ご参加の皆様お疲れさまでした。

今月から狭山調査は7:00からです。
気温が低いと鳥の活動が不活発なため、冬期は夜明けに調査してません。

さて、12月の結果は、
公園内調査50m範囲内では、16種81個体(12月平均15.4種111.4個体)と11月に引き続き平均より個体数は少なく、公園全体では、23種150個体(11月平均22.6種205個体)と個体数が11月より減っています。
2014Dec-Park.jpg

順調な冬鳥の出だしの印象がありましたが、この冬どうなるでしょうか。
ちなみに、ツグミ類(ツグミ、シロハラ、ツグミsp.)の動態は以下です。
2014Dec-tugumi.jpg
ツグミ類の冬期の動態(個体数の合計:2009-2014年:今年は黒)

ツグミが多いといわれる年は、前半の個体数が多く後半少なくなり、少ないといわれる年は、前半少なく後半やや持ち直しています。今年は、前半やや少なくあまり多くはならないかもしれません。

多摩湖では、7種132個体(12月平均8.4種94.2個体)と種数は少なく、個体数は多い結果となりました。マガモ、カワウが確認できました。カンムリカイツブリ4羽とまだまだといった感じで年明けに期待です。
2014Dec-Lake.jpg

狭山公園的珍鳥(観察率の低い種)としては、カシラダカ(9.0%)、キセキレイ(13.4%)、ハジロカイツブリ(16.4%)が観察されました。アオゲラも今回よく観察できたのですが、アオゲラは55.2%の観察率で狭山公園調査ではよく観察できています。
IMG_0894.JPG

また、たっちゃん池(調査範囲外)で、カルガモが5羽くらいが潜水採餌を繰り返していました。
ハジロ属のように、ドングリ?タニシ?のようなものを潜っては飲み込んでいました。
あまり見かけない光景なのでYさんにビデオを撮って頂きましたので、機会を見て公開させていただきたいと思ってます。

次回 新年1月の調査は、第2土曜日の1月10日に行います。
お時間ありましたら、ぜひ。
posted by ばーりさ at 12:48| みにクル報告(狭山)

2014年11月10日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2014年11月(守屋)

11月のミニクル狭山公園調査を行ってまいりました。
やや寒くなってきました。
シロハラやツグミ、アオジ、シメなどが観察でき、冬の到来を感じさせます。

公園内調査50m範囲内では、14種101個体(11月平均15.6種116.4個体)と平均よりやや少なく、
公園全体では、20種188個体(11月平均23.8種176.8個体)と種数が全体的にもやや少ないようです。
2014Nov-Park.jpg

多摩湖では、14種160個体(11月平均11種107.4個体)と平均よりも多く、マガモ、オカヨシガモ、ホシハジロなどのカモ類が多摩湖にしては結構確認できました。カンムリカイツブリも18羽と来ています。ハジロカイツブリも混じっていました。おそらく今は移動中なので、まだ安定しておらず越冬個体というにはまだ早いのですが。
2014Nov-Lake.jpg

2009年5月から67回の調査を行っています。現在、調査で毎回の観察率を誇るのが、ヒヨドリ、キジバト、メジロ、ハシブトガラス、ガビチョウの5種。70%以上が、シジュウカラ、コゲラ、ウグイス、カワウ、ハクセキレイ、スズメ、アオサギ、ヤマガラ、エナガ、コジュケイです。
なんとなく、狭山公園がどんなところか想像がつきます。

さてその中で主役とも言えるヒヨドリの動態を見ると、10月は秋の渡りのピークが見えています。また冬期の1月から3月にかけて徐々に減少し、春のピークが4月に見えていました。冬期の群れが去った後に、より南からの群れが渡りのため通過するのでしょうか。ただし春のピークは2013年の記録に引きづられ、明瞭ではない年もありました。
2014Nov-hiyo.jpg
ヒヨドリの年変化(公園全体の平均個体数±標準誤差:2009-2014年)
posted by ばーりさ at 16:48| みにクル報告(狭山)

2014年10月06日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2014年10月(守屋)

秋の渡りの時期となってまいりました。
シギチやタカや小鳥が渡って行っているようです。

なにか狭山公園でも出るといいなと思っていたのですが。
カケスが観察されました。しかも17羽がフワフワと飛んでおりました。
移動の途中だと思います。季節的に南方の低地に移動しているのでしょうか。
今年はどんぐりが不作とも聞きますので、その影響かもしれません。

公園内では、15種175個体観察され、平均16.6種177.8個体とほぼ同等でした。
また、10月はヒヨドリの群れがよく観察されます。今回は渡りの個体も観察され、74個体を数えました。
2014Oct-Park.jpg

湖は、9種11個体、最近はカワウさえも見かけることが少なくなりました。
渡りの尖兵コガモが2羽来ていました。
カンムリカイツブリが渡来すると増えるのですが、カモ類はなかなか居着きません。
2011年の3月以来、チョウゲンボウが久しぶりに記録されました。
2014Oct-lake.jpg

次回は、11/1(土)AM6:30からです。
お時間ありましたら是非。


posted by ばーりさ at 19:00| みにクル報告(狭山)