2015年03月10日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2015年3月(守屋)

3月の狭山調査を行いました。
雨の予報だったのですが、上がりそうだったので実施したのですが、結果は最後まで小雨がしとしと降っていました。一雨ごとに暖かくなるのでしょうか。しかしこの冬、雨が多いような。
ちなみに、雨の日の調査はおすすめしません。鳥の活動が鈍るうえ、人の視界も悪くなり捕捉率がよくないためです。

さて、調査ではウソ10+が芽を食べていました。また、帰り道オオタカが出ました。雨の日でもいいこともあります。
定点50m以内では、16種72個体(3月平均17.5種87.5個体)、定点50m外も含むと、21種94個体(3月平均24.7種128.0個体)とどちらも平均より少なめでした。
2015Mar-Park.jpg
エラーバーは標準誤差

多摩湖では、5種62個体(3月平均7.3種105.2個体)とこちらも平均を下回りました。1,2月は平均以上の個体がカウントされていたので、今年の冬鳥がいなくなるのが早かったのかもしれません。特にカンムリカイツブリは2月は過去最高値165羽でしたが、3月は過去最低値9羽でした。
2015Mar-Lake.jpg
エラーバーは標準誤差

データの整理をし、過去6年間月別の観察率を出してみました。毎月観察された留鳥種を以下の表にまとめています。母数は6年×6定点なので、36回確認できていれば100%の観察率です。
シジュウカラ、ヒヨドリが8,9月に確認しづらい時期があるのに対し、安定感のあるハシブトガラスの観察率!また、アオゲラが観察率が低い月があるものの、毎月の観察記録があるのは意外でした。
2015Mar-Resi-%.jpg
赤は50%以下、緑は75%以下、黄色は76%以上です。

次回は4/4(土)AM6:30からです。お時間ありましたら是非。
http://www.bird-research.jp/1_event/index.html#minikuru
posted by ばーりさ at 14:50| みにクル報告(狭山)

2015年02月09日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2015年2月(守屋)

2月の調査を行ってきました。
冷えましたが、あえて久々に自転車でいきました。
着いてじっとしている時に汗が冷えてツラかったです。

さて今回、冬鳥が1月に比べてやや多く感じられました。
ルリビタキ、ウソなどもいて、なかなか観察し難いものもでてよかったと思います。
そろそろ餌も少なくなってきて人どころじゃなくなったのか、ずいぶん近くで観察できる気もします。

しかしながら、結果を集計すると公園内ではポイントの50m以内では16種77個体(2月平均17.0種95.8個体)、公園全体では28種120個体(2月平均26.7種155.2個体)と公園全体の種数以外はやや少ないといった状況でした。シロハラやエナガ、ヤマガラはいつになく観察出来たのですが。

2015Feb.jpg
IMG_8876.JPG
シロハラ
IMG_8903.JPG
ウソ♂3、♀3がいました。サクラの芽を食べていました…。

多摩湖周辺は13種226個体(2月平均7.8種162.0個体)で平均を上回りました。カンムリカイツブリ165個体と圧倒的に多かったです。

さて、
2009年5月から続けてきた狭山公園調査ですが、2015年5月にバードリサーチの企画としては一旦終りとなります。調査開始当初に冬の堰堤付近にいたビンズイがしばらく観察されてないなど、5年ほどの調査ですがいろいろと変化があります。
ニュースレターに6年分のまとめを掲載したいと思っています。
また、調査データを公開しようと思いますので、いろいろ分析や傾向などを見ていただければと思っています。

次回は、3/7(土)AM6:30からとなります。
お時間あれば是非。
posted by ばーりさ at 11:50| みにクル報告(狭山)

2015年01月16日

【みにクル】狭山丘陵公園調査2015年1月(守屋)

ブログの更新が遅くなってしまい気づくと松の内も終わっていました。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年1回目の狭山公園調査は8名で実施しました。
寒い中ありがとうございました。

さて結果ですが、
公園内では、調査範囲50m内でも全体でも、種数と個体数は平均を下回りました。
50m内 15種 65個体(平均:17.3種 100.0個体)
全体 21種 97個体(平均:26.2種 165.3個体)
グラフ↓
2015Jan-Park.jpg
新年からオオタカが(ちらりと)確認できるなど、縁起は良かったのですが、鳥影が少ないといった印象です。今年はツグミが初冬期より多い印象だったのですが、ここに来て少なくなっているようです。
より南に移動していったのかもしれません。

逆に湖は種数と個体数とも平均を上回っています。
湖 16種 271個体(平均:9.3種 161.2個体)
グラフ↓
2015Jan-Lake.jpg
これは、サギ類、カイツブリ類、カモ類が貢献しています。
カモ類は、ホオジロガモ、オカヨシガモ、コガモ、マガモ、カルガモなどが観察されています。
カンムリカイツブリは、185羽でした。

さて、
昨年最後の狭山公園みにクル調査12月回において、池で潜水採餌を繰り返すカルガモ5羽を観察しました。
会員の吉中康展さんにビデオを撮ってもらったので、許可を得て掲載します。
↓以下リンク
http://youtu.be/0EyyMcCPglg

結構長い間潜っていました。
食べているものはよく判らなかったのですが、直径2cm程の黒い丸いものを食べているようなんですが、巻貝なんでしょうか。

次回は、2/6(土)AM7:00集合です。
お時間ありましたら是非。
posted by ばーりさ at 12:30| みにクル報告(狭山)