2018年05月30日

春のシギチ祭り(守屋)

そろそろ春のシギ・チドリ類の渡りも終盤を迎えています。

この春、WEBの動植物図鑑を集めた ​図鑑.jp​(山と渓谷社)でシギチの特集をしていただいていました。
シギ・チドリ類の保全は、​まずは広く知ってもらうことが必要です。 
いろいろとコンテツ協力しましたので、ご覧ください。

おかげさまで全国一斉シギチドリカウントの企画も実施できました。
春に大移動しているシギチドリの1日の分布を皆さんの協力で数えた結果です。

シギチのカウント調査に興味を持たれた方は、バードリサーチが関わっている環境省のシギチドリモニタリングについても知っていただきたいと思います。
---------------------------------------------------------------------
シギ・チドリ類写真コンテスト、冊子の無料閲覧は、明日が最終です。
WEBから無料登録で参加できます。

​○シギチのコラム​ 

​○​シギチの小冊子 
(サンプルを読む(無料)から全部見ることができます) 

​○​シギ・チドリ類 写真コンテストのお知らせ​ 
(商品はミユビシギTシャツ)​ 



posted by ばーりさ at 19:02| 活動報告

2018年05月29日

さえずりピーク越えてた秩父(モニ1000調査2回目)

秩父演習林の2回目の調査に行ってきました。
前回は記録できなかったホトトギスが記録できるなど,2回の調査で鳥はすべて記録できましたが,鳥たちのさえずりはピークを越えた感じでまったりしていました。

6時を過ぎると元気なのはアカハラとヒガラくらい


この時期は早い時間帯の調査が必要ですね。


ヤマガラも無事育っていました。1巣は巣立っていて,2巣は巣立ち間近な感じ。
今年は繁殖が早くヒナ数はやや多めですが,放棄が多い感じでした。ヤマガラみたいな留鳥は温暖化に対応して,繁殖を早くできるようなデータがとれていますが,繁殖が早くなると急に寒くなる日があったりして,それで繁殖放棄なんてことが増えるのかもしれません。データを蓄積していってそのあたりを確かめたいと思います。

DSC01434.jpg


今回は秩父では珍しく卵とじのカツ丼。衣が小麦粉っぽくて今一つですが,付け合わせは美味しかった。

tenguzaka.jpg
posted by ばーりさ at 15:48| 活動報告

2018年05月28日

三宅島の調査に行ってきました(佐藤)

御蔵島、八丈島に続いて三宅島に調査に行きました。今回の調査の目的は2つ。1つは鳥類繁殖分布調査。もう1つはツバメの調査です。
鳥類繁殖分布調査は昨年も実施しましたが、昨年終わらなかった調査を実施しました。調査してみると改めて本土と島の違いを実感しました。まずホトトギスの見やすさに驚きます。日中、ホトトギスの声がすると思って空を見上げると、かなり近くを飛んでいきます。ホトトギスは恐らく密度も高く、今回実施した約1kmのラインセンサスでは7羽確認したコースもあります。
また、三宅島では他の伊豆諸島ではなかなか見る事のできないウチヤマセンニュウも比較的、簡単に見る事ができます。他の島の調査と比較すると、ここの個体群は伊豆諸島最大である事はほぼ間違いないので、今後もう少し詳細な調査ができればと思いました。

もう1つの調査である、ツバメの調査ですが、バードリサーチの研究支援プロジェクトで支援した調査のお手伝いをしました。
三宅島で繁殖しているツバメが本土から渡ってきているのか、それとも小笠原諸島を経由して、パラオなどの南の島から渡ってきているのかがよく分かっておらず、それを明らかにしようとしているのが今回の調査です。
今回は島民の方に聞き取りなどを行って、ツバメの巣の位置を確認したり、繁殖状況の確認をしました。
いくつかの巣は順調に繁殖していますが、もしかしたら繁殖時期が本土よりも遅いかもしれません。
他にも、今回はあまりデータが取れなかったのですが、ニュージーランドでは島嶼の方が本島よりも一腹卵数が少ない事が言われているので、もしかしたら伊豆諸島でも、そういった島の効果が確認できるかもしれません。
渡りと関係があるのかは分かりませんが、伊豆諸島で繁殖している鳥類の生活史を本土と比較すると面白い事が分かるかもしれません。

最後に三宅島のアカコッコ館に寄ると、ツバメの調査のパンフレットを置いてくださっていました。
他にもお店の入り口に貼ってくださっている方もいました。
ありがとうございます。
canvas.png
ツバメの渡りルートの調査のパンフレット

posted by ばーりさ at 16:02| 活動報告

2018年05月26日

鳴き声クイズがスマートスピーカやスマホで!

「バードリサーチ また新しいものに飛びついている…」って言われそうですが,「鳴き声クイズ」がスマートスピーカ(OK Google ってやつ)で使えるようになりました。
スマホにも「Google アシスタント」というアプリを入れると使えます(iPhoneでもアンドロイドでも)

キャプチャ.PNG

バードリサーチでつくったわけではないのですが,うちの「鳴き声クイズ」「スピードバーディング」「さえずりナビ」のコンテンツを使って,プログラマーの「@takatama_jp」さんが,つくって公開してくれました。
視覚障碍者の方とのコラボ企画も進めていますが,ちょうど,その学習素材としても親和性が高そうです。

これまで,鳴き声クイズで答えた時に,写真やその鳥の解説が出るようにしてほしいという要望もあったのですが,さえずりナビとつなげることで,それが実現できています。

Screenshot_20180526-151604.png


使い方は,スマートスピーカへ,あるいはGoogleアシスタントを起動したスマホに
「鳥の鳴き声クイズにつないで」
と呼びかけると

Screenshot_20180526-151530.png

こんな感じにつながります。クイズが「鳴き声クイズ」,トレーニングが「スピードバーディング」です。

新しもの好きの人,試してみてください。


posted by ばーりさ at 15:25| 活動報告

がんばるコルリ あきらめ加減のソウシチョウ? 丹沢調査2回目(植田)

先日,シカの影響を報告した丹沢の調査地。2回目の調査に行ってきました。
コルリどうかな,と思って調査を開始しましたが,頑張ってました。


盛んにさえずっていて,繁殖する気満々です。

それに対して,ソウシチョウは,


今回も記録されましたが落ち着いてさえずっていなくて,少しさえずっては,次の場所へ移動という感じで,良い場所がなくて,場所を探索している感じでした。定着している感じではないので,今後,どこかへ移動してしまうかもしれません。

秩父の大山沢の場合はコルリやソウシチョウは早々消えてしまって,コマドリが最後まで頑張っていましたが,こういう違いは何がもたらすのでしょうか?
スズタケの密度など,その場所の環境でしょうか? それとも周囲のその種の分布状況なのでしょうか? 事例数が少ないので,なかなか難しいと思いますが,知りたいですね。

今回は調査地に入るまえの夜ご飯として都留市で食べてきました。
街の安い食堂というお店なので,ちょっと肉が固めですが,味はよかった。

syoukaku.jpg

posted by ばーりさ at 14:32| 活動報告