2018年05月23日

伊豆諸島に調査に行ってきました(佐藤)

御蔵島、八丈島、八丈小島に調査に行ってきました。
御蔵島では、前回、確認できなかったアオバズク、トラツグミが確認できました。
また、夜になるとオオミズナギドリの声がすごかったです。早朝の調査の前の移動時には、道沿いで何度も遭遇しました。
嬉しかったのは、バードリサーチの研究支援プロジェクトで応援しているツバメの調査のチラシが商店の入り口に貼ってもらっていた事です(写真)。ご協力ありがとうございます。
canvas.png
御蔵島の調査の後、そのまま八丈島に向かおうとしましたが、フェリーは欠航となり、急きょ、ヘリコプターで移動する事になりました。ヘリコプターに乗るのは初めてだったので、怖かったですが、島を上空から見る事ができました。

八丈島を経て、次は八丈小島に行きました。漁船に乗って移動し、最後は船の先端から島に飛び移るのですが、そこそこスリリングでした(写真)。この島は現在、無人島でヒトもイタチもいません。そのためか、鳥の密度が高いです。
一緒に行った、東邦大のH先生は、「昔の三宅島はこの5,6倍」と言っていましたが、それでも感動するほど、鳥が多かったです。今回の目当てはカラスバトの調査です。バードリサーチ誌に載った、カラスバトの移動の調査に参加してきました。
カラスバトが八丈小島から八丈島に移動するのですが、今回も渡っていました。この日は風が強く、渡ろうとしては引き戻してくるのを何度も目撃したので、渡るのもそんなに簡単でないのでしょう。それでも渡るのには何かしら意味があるのでしょうね。
canvas.png

一度に3島回りましたが、改めて、島ごとの違いを実感しました。島によって、環境が違うのですが、それだけでなく、鳥の見やすさ(警官の度合い)も違うように思えます。これは島によって、生息している哺乳類が異なるからだと思います。


posted by ばーりさ at 16:37| 活動報告

2018年05月20日

全国繁殖分布調査:多摩川で調査

今,全国で鳥類繁殖分布調査の現地調査が行なわれています。本日も5件のデータが届きました。調査よろしくお願いします。

今日はぼくも調査に行ってきました。バードリサーチの事務所からバイクで5分とかからない多摩川です。4名の方に参加いただき調査を実施しました。

32381219_1038847872919937_5361366890587357184_n.jpg

天気も良く,また暑くもなく,快適な調査ができました。
20年前と比べるとオオヨシキリが減っていました(28→7)。ヨシ原が少なくなり,また丈も低い感じなのでそうしたことが影響しているのでしょうか。逆にダイサギ(3→12)など大型の魚を食べる種や,そして,コチドリ(1→10)も増えていました。ちょうど河川工事や整地などがされていて,コチドリには良い環境がつくられているので,それが原因なのかもしれません。コチドリ逞しいですね。
ハシボソガラス(5→18)も顕著に増加していました。確かに多摩地域のほかの場所でも増えているイメージはありますが,なんでなんでしょうね。




posted by ばーりさ at 20:12| 活動報告

2018年05月17日

身延と甲州で全国繁殖分布調査(植田)

秩父から連チャンで回ってきました。

まずは足柄。某企業のイメージビデオで俳優デビューしてきました。
メイクさんに顎の髭が曲がっているからと,唇の下の髭だけ残して剃られてしまいました。顔が曲がっているだけだから気にするなと行っても,「明らかに曲がってます」と却下…。

続いて身延の繁殖分布調査の調査地。ありがたい感じの調査地でした。

minobu.jpg

20年前と比べるとツバメの減少が顕著でした(49→11)。ほかのお寺の門前町でも減少を聞くので同じようなことが起きているのでしょうか?
新たに記録されたのは,ガビチョウ,アオバト。これは全国の傾向と同じで,さらにクロツグミ,オオルリといった夏鳥が今回から記録されたのも,全国的な傾向と同じでした。また,ヒヨドリが24→50,ヤマガラが2→14と増えていたのも目立ちました。これも南の鳥が元気なのと繋がっているのかもしれません。

そして最後が甲州の調査地。秩父の裏側ということだけあって,シカの影響の大きい森でした。DSC01373.jpg


なんじゃこりゃ,って感じでしょ。
そのせいか1990年代の最優占種のウグイスは今回は記録できませんでした。コルリもいなくなり,センダイムシクイも減り…。これらの鳥に托卵するツツドリやホトトギスも記録できませんでした。
増えている鳥はガビチョウこそいませんでしたが,ほかは身延と一緒でした。

そしてカツ丼。山梨はやはりこのスタイルなんですね。美味しいのですが,でもカツ丼と名乗るなら,独特なソースとかが欲しいですね。

yanagi.jpg


posted by ばーりさ at 20:31| 活動報告

コルリみられた秩父演習林(植田)

新人の加藤くんと秩父演習林に行ってきました。加藤くんは平地の大潟村で調査していたから,山の鳥の聞き取りはまだまだでした。修業が必要ですね。

調査の方は,丹沢でも頑張っていたと先日紹介したコルリが,秩父でも見られました。
調査範囲内で記録されたのは久々です。それも2か所で。
といっても,コルリ,この時期だけちょっといて,すぐにいなくなってしまうこともあるんですよね。

次回の調査でそのあたり,確認したいと思います。

巣箱の方は今年のヤマガラの繁殖悪そうです。途中放棄っぽい巣が3巣。暖かい春の後に,急に寒くなった影響? 

今回は,入ろうとした店が,休み→満員とうまくいかず,道の駅の食堂で食べました。

ちょっと味醂の味が強すぎる感じもしましたが,まぁまぁでした。

chichibu.jpg
続きを読む
posted by ばーりさ at 20:10| 活動報告

2018年05月13日

スズタケ消失,ウグイスやコマドリなど急減 がんばるコルリ(丹沢調査:植田)

大山沢からの連戦で,丹沢の菰釣山で調査してきました。前日の夕方に下見で現地に入ってみると,なんとうちの会員さんに遭遇。お名前は覚えていなかったのですが,メールのやりとりは覚えていたから,そんなに感じ悪く思われなかったかな。その人から「明日は朝早くからトレールランの大会だよ」とのこと。携帯も通じず,スケジュールも確認できず,調査中にランナーが来たら大変だな,と思いながら調査スタート。

調査地。一変です。
DSC01363.jpg 左が5年前,右が今年。

前回はシカはまだ入っていないようだったのですが,今回は見かけただけでも7頭。かなりいます。秩父同様,その影響と開花で枯れたのかと思います。

その影響で藪の鳥が激減です。コルリは頑張っていましたが,それ以外はもうわずか。過去2回と比較するとこんな感じです。過去は2日4回の最大値,今回はまだ1日2回なので,ちょっと過小評価ではありますが。

 200920132018
ウグイス23111
コマドリ681
コルリ151711
ソウシチョウ11146

コルリはこの時期だけいていなくなってしまうこと,秩父だとあるので,次回の調査で状況確認してきます。
各地でこんなことあると,本当に藪の鳥どうなってしまうんでしょうか

秩父からの移動の途中で塩山でカツ丼食べました。こちらはこのスタイルをカツ丼(卵とじは煮カツ丼)というとおばちゃんが言ってましたが,これだと,独特なソースもないので,トンカツ定食をどんぶりの上にのせただけのような…

hinode.jpg

posted by ばーりさ at 17:12| 活動報告