2018年07月11日

オオタカ調査で帯広へ

先週の名古屋,小松に続き,帯広へ行ってきました。
 帯広の営巣地はカラマツそして平地。スギの営巣地がつづいていると,巣が見やすいし,巣へのアクセスも楽。ヒグマがいるところがちょっと怖いけど(今回も1頭見られました)。

こんな感じです。

DSC01586.JPG

 数年前の台風で営巣地の防風林の木がかなり倒れ,その処理がオオタカに影響を与えているそうです。この営巣地もすぐそばまで伐採が入っています。防風林というと単なるその防風目的の林と思ってしまいますが,材をとるための林業地でもあるそうで,伐採は材の管理やそもそもの目的でもあるので,仕方ないのですが,大径木林がそれなりに残っていて,これまではうまく営巣地を移動させながらオオタカが繁殖してきたのが,台風対応で伐採が多くなると代わりの営巣地がなくならないか心配です。

DSC01572.JPG



 多くの巣は巣立っているか,巣立ち直前でした。北海道のオオタカは渡りをするのに,留鳥の本州と繁殖ステージがそれほど遅くないのが意外です。
 また,今年はヒナが多いということで,3羽の巣が多くありましたが,普段は3羽は珍しいそうで,そうするとヒナ数は本州より少なくなります。今の時期だけみていると,獲物になる鳥は本州よりも多そうなのにちょっと意外でした。渡りと春先の鳥の少なさが卵数に影響するのかな。

 今回もカツ丼に連れて行ってもらいました。北海道らしいシイタケと筍のカツ丼です。ぼく的にはちょっと煮込みすぎで衣がブワブワになっているのはマイナスポイントですが,美味しかった。カマンベールソフトなるものもご馳走になりました。もっとすごいもの想像しましたが,普通に美味しかった。



konomi.jpg

posted by ばーりさ at 05:37| 活動報告

2018年07月04日

キビタキのさえずりが活発になる時期は4月の気温と関係?

環境省のモニタリングサイト1000の調査と関連して,バードリサーチの独自事業としてさえずり時期の調査をしています。
東京大学のサイバーフォレスト・プロジェクトのライブ音配信を聞き取ったり,調査サイトに設置したICレコーダーの聞き取りをしています。
これまで初認時期との対応を見たりしていたのですが,初認後にいなくなってしまったりすこともあるので,初認をその年の指標にして良いのかというと,ちょっと微妙なところがありました。

一定の時間を聞き取って,何分鳴いていたのか,というさえずりの頻度のデータがあるので,それをもとにさえずりの活発な時期を推定してみました。

調査期間にはあまり鳴かない寒い日や雨の日もあるので,まずは,前後2日間を含めた移動平均をとって,データを平滑化してやって,調査開始から,移動平均値の最大値が出た日のデータまでを使って,回帰線(プロビット回帰)を引いてみました。そして,それが50%に達した日をその年のさえずりの活発な日の指標としてみました。

こんなイメージです。

鳴き声解析方法.jpg


で,その結果をまとめた図がこれです。4月の平均気温(横軸)とキビタキのさえずりが活発になる時期(縦軸)との関係
を示していますが,点の分布が右下がりになっているのがわかると思います。つまり4月の気温が暖かい年ほどキビタキのさえずりが活発になる時期が早いということになります。

キビタキの渡来時期.jpg


ただ,山中湖だけは,そうした関係が見られませんし,場所によって,早くなる度合い(相関の傾き)に差があります。これは何を示しているのでしょうか?
傾きについては一番北に位置し,キビタキの繁殖時期が遅い足寄や雨龍がなだらかなので,季節がおそいほど気温の年変動が小さくなることを反映しているのでしょうか? いろいろ考えていきたいと思います。



posted by ばーりさ at 15:28| 活動報告

2018年06月30日

バングラディッシュからヘラシギの専門家が来日されました(守屋)

IMG_0773.jpg谷津干潟のアオサは今年は少ないそうです。

 6/30に東アジア・オーストラリア地域フライウェイパートナーシップ(EAAFP)のヘラシギ特別部会事務局次長のサヤム・チョウドリーさんが来日され、ラムサール・ネットワーク日本の柏木さんと私の3人で谷津干潟観察センターにおいて講演会を行いました。
「私たちのフライウェイのヘラシギとシギ・チドリ類の現状と日本からできる協力」という意欲的なタイトルで、ヘラシギ中心にシギ・チドリ類の保全の重要性について話し合いました。

柏木さんが日本のシギ・チドリ類調査の歴史やハマシギ・ヘラシギの置かれてる現状について、私が日本のシギ・チドリ類の状況について話した後、サヤムさんからヘラシギの越冬地であるバングラディッシュの状況や驚異となっていた密猟対策や国際的な保護事業の様子を話してもらいました。
IMG_0778.jpg
ヒマラヤから雪解けとともに大量の土砂が河口に流れ毎年新しい島ができるそうで、そこがシギたちの良い生息地になっているそうです。また密猟で生計を立てていた人の経済支援を行い違法行為をやめさせたそうです。環境問題って人の問題でもありますね。
ヘラシギへのもっと大きな脅威はハビタットロス(生息環境の消失)とおっしゃっていました。
また、日本でできるヘラシギへの貢献としては、日本でのモニタリング、バングラディッシュの調査に参加、資金援助を挙げられていました。冬季にヘラシギの越冬地でワークショップ(エコツアー)が行われるそうで連絡すれば参加可能とのことです。

いろいろとお話が聞けてよかったです。
広報が急だったため、人数はちょっと寂しかったのが残念でした…。

だが、しかし!

サヤムさんとの講演は、ラムサール条約登録湿地肥前鹿島干潟を擁する佐賀県鹿島市で7/8(日)にも行われます。ぜひともお近くの方はご参加を検討いただけると幸いです。

20180708 SBS event flyer_lite2_ページ_1.jpg20180708 SBS event flyer_lite2_ページ_2.jpg
posted by ばーりさ at 22:49| 活動報告

里地のモニタリング講習会へ

今日は自然保護協会のお手伝いで,里地のモニタリングの鳥の調査の講習をしてきました。

DSC01561.JPG

梅雨明けをした関東,暑くてしんどかったですが,愛媛から数人の大学生がわざわざ研修に来てくれていました。卒業後も調査に参加し続けてくれると良いのですが。

終了後には夏バテにならないように栄養補給もちゃんとしました。
味は良かったのですが,店の人が今一。注文は忘れるわ,代金は違うわ。ちゃんとしようよ。

chikyu.jpg
posted by ばーりさ at 19:39| 活動報告

2018年06月29日

愛知-石川のオオタカモニタリング調査地へ

昨年度から始まった環境省のオオタカモニタリングの調査地へ状況伺いにまわってきました。

DSC01527.JPG


梅雨時のムッとした空気の中調査地を案内していただきつつ,巣立ち状況の調査をしてきました。
愛知はそこそこ,石川はあまりよくない感じでした。今年だけだといいのですが。

ブログにカツ丼アップしておくと,いいことありますね。「植田さんが来たんだから…」とカツ丼のお店を調べてくれていて,そこに連れて行ってもらいました。

matane.jpg

醤油カツ丼というもので,これから新名物にしようとしているところだそうです。肉を丸めたようなカツで,最後にお茶漬けにして食べるというもので,なかなか美味しく食べれました。
ただ,お茶漬け用のわさびがけっこうな量,盛ってあって,「これだけおいてあるなら全部入れるんだろう」とすべて入れてしまったら,あぶなく噴き出すほどわさびが強烈でした。



続きを読む
posted by ばーりさ at 14:33| 活動報告