2020年07月21日

カワウのフンからエサを解明するためのフン採取に行きました!(植村)

鳥が何を食べているかを調べたいとき、どんな方法があるでしょうか?

一番わかりやすいのは、鳥がエサを食べる瞬間を直接観察することですね。

このほかに、ペレットなどの吐き戻しを調べたり、
胃内容物を調べたり、
窒素や炭素の安定同位体比から推定したり、
フンを観察したり、などという方法があります。

さらに最近では、フンの中に残っているエサ生物のDNAを解析することで、
フンの主が何を食べたかを知る という方法が使われるようになってきました。

この方法では、ペレットなどに残りにくい柔らかい組織しかないエサ生物も検出できたり、食性を調べるために対象種を解剖して胃内容を調べたりしなくても、落ちているフンを採取してDNA解析を行えばエサの内容がわかります!

この方法を使ってカワウの食性を調べてみようということで、カワウのフンのサンプリングに行ってきました!

S__46333958.jpg
カワウのフンや吐き戻しを浴びないようにカッパを着て、カワウのコロニーの下でフンを探します。
カワウのコロニーに近づくと、魚臭い独特のにおいが漂ってきます。
この時期にカッパを着て歩き回るのはさぞかし暑かろうと思っていましたが、調査中は曇りの日が多く、気楽に採取をできました。

コロニーの下には、フンの他にも吐き戻した魚やザリガニなどが落ちています。
(カワウは慌てて飛び立つ時に体を軽くするため、胃の中のものを吐き戻すことがあります。)


個体数や営巣数の多いコロニーでは、フンはすぐに見つかりました。
写真右側の灰色のかたまりをすくい、チューブに保存します。
S__46333957.jpg

採取しているところ
S__46333956.jpg

無事に採取できたら冷蔵で保管し、解析をお願いする会社に送付します。

今回採取した一部のねぐらでは、胃内容や吐き戻しをつかった食性解析がされているので、DNA解析からわかるエサの種類と、胃内容や吐き戻しからわかっているエサの種類を比較することができます。

どんな結果が返ってくるのか楽しみです!


バードリサーチでは、7月17日のYouTubeライブ配信でカワウの特集をしました。
長年カワウの調査をしてこられた嘱託研究員の加藤ななえさんが、カワウの食性や繁殖、移動範囲、生息状況の変化について詳しくお話しました。
この配信を観ればカワウ博士になれるといえるほど盛りだくさんの内容で、
思いがけずカワウに親近感がわくこと間違いなしです!

ぜひご覧ください!




posted by ばーりさ at 18:50| 活動報告

2020年07月16日

手賀沼周辺で調査をしてきました(山崎・佐藤)

7月から8月にかけて、行政からの依頼で、千葉県内で鳥類調査を実施する事になりました。調査期間が短いので、早めに調査したかったのですが、ずっと天気がすぐれなかったので、多少、天気が悪くても、実施すべく、手賀沼へと向かいました。

手賀沼は千葉県にある湖沼で、探鳥地としても有名ですが、下手賀沼という手賀川で結ばれている小さな湖沼もあります。元々この一帯は全て手賀沼でしたが、一部を水田に改変したことにより、現在の形になったそうです。今回はこの一帯を調査してきました。

手賀沼周辺.jpg

この日の天気は雨で長袖を着ていないと肌寒く、7月とは思えない気温でした。早朝、手賀沼は雨だけでなく、少し霧もかかっていました。更に、現在は新型コロナ対策でマスクを着用しながら調査しましたが、自分の息で双眼鏡のレンズが曇ってしまい、観察するのがより一層難しくなりました

そんな状況でしたが、泳いでいるオオバンやカイツブリと飛んでいるツバメやコアジサシなどを記録することができました。また、公園の緑地ではハシボソガラスの若い個体を観察しました。巣立ったばかりなのか、まだ親に餌をねだっているようなそぶりをしていました。

DSC_0158.JPG

手賀川と下手賀沼の周辺は田んぼになっており、ダイサギやアオサギが採餌をしていました。セッカやオオヨシキリのさえずりも聴こえてきます。この日はその他にもコブハクチョウやカルガモ、カワラヒワ、ヒバリ、セグロセキレイなど30種以上記録することができました。


雨が降っている日はこれまで調査も観察もしていませんでしたが、実際に調査をしてみるとたくさんの種を記録することができて意外でした。しかし、雨が降っていない日であれば、もっと活発に飛び回っている鳥を観察することができたのかもしれません。


今月、九州や中部地方が豪雨による大きな被害を受けたと聞いております。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。また、1日も早い復興と穏やかな日々が戻ってくることをお祈り申し上げます。

posted by ばーりさ at 17:43| 活動報告

東京都鳥類繁殖分布調査等の取材を受けました(佐藤)

バードウォッチングマガジン「Birder」で田仲謙介さんが連載している「鳥業界、旬なヒト対談〜タナカが今、話したい人〜」の取材を受けました。東京都鳥類繁殖分布調査バードリサーチについて紹介してもらう予定です。10月号に掲載予定です。是非、ご覧になってください。

取材後、お土産にアイスをもらいました。田仲さん、ありがとうございました。
IMG_4424.jpg



posted by ばーりさ at 15:13| 活動報告

2020年07月09日

前線シギチ秋 −シギ・チドリ類の秋の渡り初認調査−

秋の渡り?
そうです早くも始まっています。シギ・チドリの類の秋の渡り。
早いものでは6月くらいから移動が見られるようになります。

昨年、秋にシギチドリ類6種(キアシシギ、ソリハシシギ、ツルシギ、ハマシギ、メダイチドリ、トウネン)について、初認もしくは10羽以上が観察された日と場所、環境や夏をその場所で越したかどうかも答えていただきました。
全国から約30名のデータをいただきました。ありがとうございました。

表 2019年秋の結果
2019A前線シギチ.jpg

シギ・チドリ類は一般的に成鳥が先に渡来し、その後幼鳥が渡ってきます。ツルシギを除いては、成鳥が幼鳥より早い傾向がありました。また、秋の越冬地への南下は、やはり北海道や東北(表の黄色枠)での初認が多かったのですが、年齢不明個体ではその傾向があまりなく、年齢がはっきりしない個体に繁殖地まで行かなかった個体などが含まれるからかもしれません。
10羽以上の観察があった地域の早さでは、キアシシギやトウネンでは北海道ですが、ソリハシシギやハマシギは九州の有明海(表の水色枠)でした。カムチャッカやサハリンなどからの渡来ルートのほかに、大陸側から朝鮮半島経由のルートがある事やハマシギでは亜種による渡りの違いがある可能性がが考えられます。

ツルシギは初認がどれも9月に入ってからで、10羽以上の観察はありませんでした。繁殖地はハマシギやトウネンと同様に北極圏の沿岸部なのですが、かなり遅い渡来となっています。日本より北で長く留まるのか、観察例数が少ないための結果なのか、今後も注目していきたいと思います。

今後も観察例数を増やし、渡りの傾向を把握できたらと考えております。
今年も募集を開始しています。ご協力いただけましたら幸いです。

換羽中の年齢識別に迷うこともあるかと思います。もし撮影できましたら、メールをいただければ(できるだけ)判断いたします。

-----------------------------------------------------------------------
以下の図の凡例は、○が成鳥、◇が幼鳥、☆が年齢不明の個体です。
色は時期を表し、最も薄いのは6月より前、7月~9月は旬別に、最も濃いのは10月以降の初認記録です。
またエメラルドグリーンの大きな丸と日付は、10羽以上の群れの観察を表しています。
クリックすると大きく開きます。

キアシシギ
キアシシギ2019前線シギチ秋.jpg

ソリハシシギ
ソリハシシギ2019前線シギチ秋.jpg

ツルシギ
ツルシギ2019前線シギチ秋.jpg

ハマシギ
ハマシギ2019前線シギチ秋.jpg

メダイチドリ
メダイチドリ2019前線シギチ秋.jpg

トウネン
トウネン2019前線シギチ秋.jpg

posted by ばーりさ at 12:25| 活動報告

2020年07月08日

2020年繁殖期のベランダバードウォッチを実施しました(山崎)

出勤前の早朝に参加型調査「ベランダバードウォッチ」をしました。ベランダバードウォッチはバードリサーチが実施している参加型調査の1つで、「家での調査」と「家の周りの調査」があります。「家での調査」はベランダや庭先から15分見渡して、姿を見たり、鳴き声を聴いたりした種を記録します。「家の周りの調査」は家を中心に半径200m以内の範囲にいた鳥を記録します。今日は「家での調査」を行いました。家での調査は繁殖期と越冬期でそれぞれ5回ずつ行う事になっており、今日で繁殖期の5回目を終えました。今年は67月に5回調査を行いました。

調査地である自宅は群馬・栃木・茨城・埼玉のちょうど県境あたりで、農地が多い地域です。また、近くには「渡良瀬遊水地」という日本最大の遊水地があります。

今回の家での調査で、気づいたことが2つありました。

DSC_0128.JPG

@早朝でないとメジロは記録できないかもしれない

調査は5時〜6時の時間に3回、8時以降の時間に2回行いました。家の目の前には竹やぶがあり、5時〜6時の間での調査では、そこからメジロの鳴き声が聴こえてきました。しかし、8時以降に調査を行ったときには、15分間でメジロの鳴き声は聴こえず、姿を確認することもありませんでした。他の記録された種に関しては時間帯による違いはほぼありませんでしたので、これらの事から、私の家での調査は、早朝が適していると実感しました。

DSC_0129.JPG

Aセッカのさえずりを聴かなくなった

家の近くには比較的大きな造成地があり、ヒバリが3月ごろからほぼ毎日さえずっています。セッカも6月初め頃からさえずりが聴こえていましたが、6月末以降、聴こえなくなりました。渡良瀬遊水地では7月に入ってもさえずっているので、造成地にいるセッカの個体群が6月中どこか別の場所に移動してしまったのかもしれません。個体数はもともとそれほど多くはなかったので、捕食者の影響などでそこでの繁殖が終わり、移動したのかもしれません。


余談ですが、渡良瀬遊水地では越冬している個体もいるそうですので、この造成地でも越冬するかもしれません。これは越冬期の調査で明らかにしたいと思います。


本調査を実施してみて実感したのが、確認できる種が変わったり、時間帯によって鳥類の活動が変わったりすることです。普段の観察だけでは気づかない鳥類の行動を調査という形で見る事によって、新しい発見があるかもしれません。ベランダバードウォッチは毎年繁殖期と越冬期に実施しています。

調査方法などについてはこちらからご確認ください。

過去の調査報告書もご覧ください。

是非、ベランダバードウォッチにご協力ください!



posted by ばーりさ at 17:04| 活動報告