2018年08月15日

カルガモの雌雄と成幼の識別ポイント

今朝、東京都多摩市にある多摩中央公園の池でカルガモを見てきました。今ごろの時期でも、まだ小さなヒナがいます。でも、三日前に見たときから2羽減って6羽になっていました。

P1170537ヒナ6羽.JPG

さて、今朝撮った写真を見ながら、カルガモの雌雄と成幼の見分け方をご紹介しましょう。識別ポイントは氏原巨雄・道昭氏の日本のカモ識別図鑑を参考にさせていただきました。とても詳しい図鑑ですので、カモの観察をするときにはお勧めします。

この写真は成鳥メス。成鳥の特徴は、羽毛が丸みを帯びていること、羽縁の褐色部分に途切れがないこと、足の水かきがオレンジ色であること。メスの特徴は、ほとんどの羽毛にはっきりした褐色の羽縁があり、上尾筒の羽毛の一部にも羽縁があることです。それから、この個体は風切羽が換羽中で、新しい羽軸が生えてきています。いまは飛ぶことができません。

P1170603成鳥換羽中.JPG

次の二枚の写真は同一個体で、私には雌雄までの区別は付きませんでしたが、幼鳥です。胸の斑点が成鳥よりも細かく、縦長であること。足の水かきが灰色であること、脇腹と背の前方の羽毛が尖り気味で羽縁の先端が切れていること、が幼鳥の特徴です。脇腹より背の羽の方が特徴を見やすい個体が多いように思います。なお、秋になると第一回繁殖羽に生え替わるので、そうすると成幼は見分けにくくなります。

P1170547縦斑+灰ヒレ.JPG
P1170541縦斑+羽縁切.JPG

最後の二枚の写真は、上が幼鳥、下が成鳥オスです。幼鳥は背中と脇腹の羽が尖り気味で、羽縁の先端が切れています。成鳥は羽毛に丸みがあり、さらに雄の場合は背中後方の羽に羽縁が少ないので黒っぽく見えます。換羽中で風切りがないため上尾筒が露出していて、この部分の羽毛に羽縁がなく、色もメスより濃い黒色であることがわかります。

P1170484幼鳥肩羽小さい.JPG
P1170617羽縁ないのは雄.JPG

ところで、多摩中央公園にはコンクリートで作られた小池と、地面を掘って作られた周囲も土のままの大池があり、小池は10数羽、大池は20数羽のカルガモがいるのですが、小池は幼鳥が多く、大池は成鳥ばかりのように見えました。全個体を確認していませんし、成幼が微妙な個体もいるので断定はできませんが、幼鳥と成鳥は居場所が分かれているのかもしれません。

posted by ばーりさ at 10:05| 活動報告

2018年08月01日

下村兼史写真展のお知らせ

山階鳥類研究所から案内をいただきました。1920年(大正9年)ごろから野鳥の撮影をしていた下村兼史氏の写真展が開催されるということで、みなさまに紹介させていただきます。

100年前にカワセミを撮った男 写真展

IMG_1647.JPG
posted by ばーりさ at 18:05| 活動報告

2018年07月28日

バードデータチャレンジ in いわき2018

国立環境研究所では,原発事故後の避難指示区域とその周辺の鳥のモニタリングを行なっています。ICレコーダでの録音をもとにモニタリングしているのですが,それを聞き取るイベント「バードデータチャレンジ」を2015年から実施しています。バードリサーチも後援しています。

今年はそのイベント,10月27日に福島県いわき市の中央公民館で行なわれます。

キャプチャ.JPG

日時 2018年10月27日(土)10:30-15:30
場所 中央台公民館(福島県いわき市)
対象 野鳥に関心のある方(原則、高校生以上)
定員 60名(※先着順。ビギナークラス・チャレンジクラス各30名。)

昨年は,ぼくも参加したのですが,グループに分かれて,話したりしながら識別を進めていく楽しいイベントでした。ご興味のある方は,以下から詳細をご覧ください。申込制なので,参加したい方は申し込みをお忘れなく。
イベントの広報ページ
プロジェクトのページ


続きを読む
posted by ばーりさ at 12:03| 活動報告

2018年07月23日

電子工作戦隊創設

鳥類学の調査には、現在、様々な調査機器類が使用されています。
ビデオやカメラはもちろんのこと、各種センサー、GPS、ロガー、レーダー、ドローンなどなど。

人が観察に行けないところもいけます。証拠も残りますし、定量的な調査も可能です。鳥へのストレスも少なく、本来の生態が観察できます。また、人は定点観察し続けるのには限界がありますが(例えば、このとんでもない暑さの時など)、機械は基本電気があればなんとかしてくれます。

しかしながら、精度が高かったり、自由に設定できる調査機器はそこそこ調達コストがかかります。在野の調査者としては、あまりコストを掛けずに便利に調査できるように楽しく乗り越えたいところです。

先日来、Raspberry Pai(ラズベリーパイ)という、教育目的に作られた超小型のコンピュータ(2000〜6000円)を触っています。子供向けに作られたのですが子供な大人に大人気のこのコンピュータはいろいろな電子工作が作られネットで公開されています。

私もネットの情報を参考に、ちょっとしたセンサーカメラを作って自宅の水場を観察し始めました。集電型赤外線センサーを用いて、水場に鳥が来ると感知して写真を撮影し、Twitterに自動投稿します。
(Twitterアカウント @cameramoriya)

IMG_0947a.jpg
IMG_0966a.jpg設置の状況
Divu514UEAAw1RK.jpg
撮影されたシジュウカラ。毎日のように訪れます。

現在、順調に撮影できていて、いつ来ているかリアルタイムで分かります。温度センサーをつければもっと多くのことがわかりそうです。

プログラムやシャッタースピードなど試行錯誤は必要でしたが、思い通りにいくとこれがなかなか面白い。そこで、ラズベリーパイを中心として調査機器を自作して楽しく野鳥調査するサークルを作ろうかと思います。

電子工作戦隊バードリサーチを創設したいと思います。

ブログで不定期に掲載していく予定ですので、初心者の試行錯誤を見てもらって、安心して電子工作に挑戦してもらいたいと思っていますw
こういうもの開発してほしいとかアイデアがありましたら教えてください、隊員になっていただいて一緒に作ってみましょう。
posted by ばーりさ at 15:07| 活動報告

2018年07月11日

オオタカ調査で帯広へ

先週の名古屋,小松に続き,帯広へ行ってきました。
 帯広の営巣地はカラマツそして平地。スギの営巣地がつづいていると,巣が見やすいし,巣へのアクセスも楽。ヒグマがいるところがちょっと怖いけど(今回も1頭見られました)。

こんな感じです。

DSC01586.JPG

 数年前の台風で営巣地の防風林の木がかなり倒れ,その処理がオオタカに影響を与えているそうです。この営巣地もすぐそばまで伐採が入っています。防風林というと単なるその防風目的の林と思ってしまいますが,材をとるための林業地でもあるそうで,伐採は材の管理やそもそもの目的でもあるので,仕方ないのですが,大径木林がそれなりに残っていて,これまではうまく営巣地を移動させながらオオタカが繁殖してきたのが,台風対応で伐採が多くなると代わりの営巣地がなくならないか心配です。

DSC01572.JPG



 多くの巣は巣立っているか,巣立ち直前でした。北海道のオオタカは渡りをするのに,留鳥の本州と繁殖ステージがそれほど遅くないのが意外です。
 また,今年はヒナが多いということで,3羽の巣が多くありましたが,普段は3羽は珍しいそうで,そうするとヒナ数は本州より少なくなります。今の時期だけみていると,獲物になる鳥は本州よりも多そうなのにちょっと意外でした。渡りと春先の鳥の少なさが卵数に影響するのかな。

 今回もカツ丼に連れて行ってもらいました。北海道らしいシイタケと筍のカツ丼です。ぼく的にはちょっと煮込みすぎで衣がブワブワになっているのはマイナスポイントですが,美味しかった。カマンベールソフトなるものもご馳走になりました。もっとすごいもの想像しましたが,普通に美味しかった。



konomi.jpg

posted by ばーりさ at 05:37| 活動報告