2015年10月08日

11/5(千葉) 自然系調査研究機関連絡会議のお知らせ(植田)

11月5日に千葉県立中央博物館で「第18回自然系調査研究機関連絡会議(NORNAC18)」の調査研究・活動事例発表会が行なわれます

植田が全国鳥類繁殖分布調査について話してきます。
全国の都道府県等の調査研究機関が集まる場なので,調査に協力してくれる機関がでてくると良いのですけど。

11月5日(木)の13:30〜17:05に開催です。平日の昼間ですが,一般の参加も可能ということですので,興味のある方はいらっしゃってください。

11月5日(木)13:30〜17:05
千葉県立中央博物館 講堂
  千葉県千葉市中央区青葉町955−2
  http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/
主催 環境省自然環境局生物多様性センター
 千葉県立中央博物館
 千葉県生物多様性センター
プログラム

詳細はこちら

鳥の発表は,全国鳥類繁殖分布調査のほかに
草地性鳥類のより高精度なハビタット評価のための経年解析
というのがあるようです。

posted by ばーりさ at 14:42| イベント情報

2015年08月26日

モニ1000シギ・チドリ類交流会を開催します! 10/24 金沢

今年のモニ1000シギ・チドリ類調査交流会のお知らせをアップしました。
10/24(土)に金沢市で行います。
http://www.bird-research.jp/1_event/index.html
詳細はまた後日お知らせしますが、発表者募集中です。
調査地紹介、おもしろい生態、観察事例や調査計画の相談事などでも構いません。
もちろん、モニ1000調査に参加されていない方でも参加できます。

shigichi2015.jpg

posted by ばーりさ at 11:40| イベント情報

2015年08月17日

シギ・チドリ交流会in金沢(奴賀)

ちょっと先の話ですが、毎年行っているモニタリングサイト1000シギ・チドリ類調査の交流会を、今年は金沢で行います。もちろん、調査に参加していない人でも、参加大歓迎です。

詳細が決まりましたら、またHP等でもお知らせします。


日時

 10月24日(土) 10時〜16時ころの予定

会場

 本多の森ホール 第3会議室



口頭発表、ポスター発表(調査地紹介、おもしろい生態、疑問点の相談事など、ちょっとした内容でも可)も募集します。



先日、北陸新幹線「かがやき」に乗って(東京から2時間半)下見に行きましたが、金沢はとても良い所です。

まず、食べ物がおいしい。

ノドグロ等の海産物はもちろん、

IMGP8818のどぐろ.jpg


ハス蒸し等の意外と知られていないレンコン料理も美味です。

IMGP8819ハス蒸し.jpg


会場のすぐ隣には有名な景勝地、兼六園もあります。

IMGP8782.jpg


また、交流会翌日のエクスカーション予定地の砂浜ものぞいてきました。

石川県の砂浜にはヨコエビがたくさんいて、ちょっと砂をほったりすると、

IMGP8829.jpg

こんなヨコエビが簡単にみつかります。昔、文献で読んでいて、たくさんいる事は知っていましたが、本当にたくさんいます。

ここでは、このヨコエビがシロチドリやミユビシギの主食となっているようです。



というわけで、今から日程調整して、ぜひシギ・チドリ交流会にお越しください。

よろしくお願いいたします。



posted by ばーりさ at 12:36| イベント情報

2015年08月07日

「多摩川河口の自然を考えるシンポジウム 2015」のお知らせ

以下のシンポが開催されます。守屋も話をします。
ご興味のある方、ご参加ください。

多摩川河口シンポ2015チラシA4web.jpg

「多摩川河口の自然を考えるシンポジウム 2015」
主催:日本野鳥の会神奈川支部・日本野鳥の会東京
共催:(公財)日本野鳥の会
後援:(公財)世界自然保護基金ジャパン・(公財)日本自然保護協会
会場:ラゾーナ川崎5階「プラザソル」(JR川崎駅歩5分)
(川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎  電話044-874-8501)
日 :2015年10月31日(土)
開場:13:00
開演:13:30〜18:30(予定)
入場無料・先着200名
東京湾で最大規模の河口干潟がある多摩川河口は、シギチドリ類を始め干潟生物の宝庫です。その干潟に(仮称)羽田連絡道路の建設が予定されています。皆さんで多摩川河口干潟の過去、現在、未来を考える集いにしたいと考えています。
講演内容 
持続可能性アセスメントと合意形成   原科幸彦 (千葉商科大学)
多摩川河口干潟のシギ・チドリ類    守屋年史(バードリサーチ)
水面からみた東京湾と羽田空港の浜辺  長谷川 充弘(大森青べかカヌークラブ)
世界のウェットランドの現状と問題   前川聡(世界自然保護基金ジャパン)
羽田空港周辺・京浜臨海部の連携強化  川崎市
((仮称)羽田連絡道路の整備)
川と海の繋がりを考える社会システム  清野聡子(九州大学)
 
パネルデスカション(予定)
鈴木茂也(日本野鳥の会神奈川支部)・葉山政治(日本野鳥の会)・志村智子(日本自然保護協会)井口利枝子(とくしま自然観察の会)・原科幸彦・守屋年史・長谷川 充弘・前川聡・清野聡子

■懇親会も同じ会場で予定(参加費:約3000円)しています。
以下石井隆までご連絡頂ければと思います。当日参加も可能です。
問い合わせ先:日本野鳥の会神奈川支部 TEL 045-453-3301(月・水・金 11時〜15時)
posted by ばーりさ at 11:49| イベント情報

2015年06月24日

ヨタカ 〜夜行性鳥類の分布と生息数に迫る 北海道での挑戦〜 調査研究支援成果報告会を開催します!

 NPO法人バードリサーチでは、鳥に関する調査研究活動などを支援するための助成プログラム「バードリサーチ調査研究支援プロジェクト」を毎年実施しています。2011年度、2012年度、2013年度の、3年分の調査研究活動の成果が集まりましたので、7月11日(土)に品川にて、成果報告会を開催することにいたしました。
 当日は、バードリサーチ賞の授与が決定した「プレイバック法を用いた北海道のヨタカの広域分布調査」の実施者である河村和洋氏に、その研究成果をご講演いただきます。北海道全土を巡り、ヨタカの生息の有無を調べ、環境要因とのつき合せから、ヨタカの分布を推定し、北海道でなわばりを形成するオスの個体数を8万羽と推定した研究内容を、ヨタカの生態などを交えながらお話しいただく予定です。
ぜひ、ご参加ください。

----------------------------------------------------------
バードリサーチ調査研究支援プロジェクト成果報告会
ヨタカ 〜夜行性鳥類の分布と生息数に迫る 北海道での挑戦〜
----------------------------------------------------------
日付:7月11日(土)
場所:モンベル品川店2F サロン (品川駅高輪口徒歩5分)
主催:NPO法人バードリサーチ  協賛:株式会社モンベル
参加費: 一般:1000円
     バードリサーチ会員:500円
     モンベル会員:500円
詳細および申込:下記のホームページをご覧ください。
http://www.bird-research.jp/1_event/aid/seika2015.html
posted by ばーりさ at 16:04| イベント情報