2018年01月18日

シギ・チドリのイベント情報(守屋)

以下のイベントでお話させてもらいます。
いずれも受付があるようです。詳細をご覧ください。

○2018年世界湿地の日シンポジウム-都市の湿地を守ろう-
 ■日 時 2018年2月2日(金)14:00〜17:00
 ■国連大学エリザベスローズ国際会議場
 今年のテーマ”都市の湿地を守ろう〜持続可能な未来のために〜 街の暮らしを支える湿地”に関連して、東京湾シギチドリ一斉調査の話をします。


○やつひがたサイエンスカフェ「極北のハマシギ訪ねて三千里」
 ■日 時 2018年2月25日(日)13:30〜15:00
 ■谷津干潟自然観察センター
 ハマシギの繁殖地や越冬地の話題とともに主に国内の話をします。


IMG_4631.JPG
posted by ばーりさ at 10:37| イベント情報

2016年12月14日

「海を渡る小さな鳥たちと中津干潟」イベント紹介(守屋)

2月12日(日)に中津干潟でシギチドリの調査報告会がありお話をしてきます。
調査体験もありますので、興味のある方は是非どうぞ。すばらしい干潟ですよ。

シギチドリチラシ _ページ_1.jpgシギチドリチラシ _ページ_2.jpg
posted by ばーりさ at 15:29| イベント情報

2016年12月13日

シンポジウム「東京湾の再生と葛西三枚洲」2016/12/18

日本野鳥の会東京と法政大学の主催で東京湾の干潟についてのシンポジウムが開催されますので、ご紹介します。
開催日は今週末の日曜日(2016/12/18)です。


基調講演:
・東京湾の生物と干潟の現状/江戸前の海の豊かさと恵み
     風呂田 利夫(東邦大学 名誉教授) 

話題提供:
・ラムサール条約とは
     (環境省 野生生物課)           

・都の海上公園としての葛西海浜公園
     樋渡 達也(みどり環境ネットワーク! 理事長)   

・葛西三枚洲の鳥類とラムサール条約 
     飯田 陳也(日本野鳥の会東京 幹事)       

・ラムサール条約登録と荒尾干潟の漁業 
     矢野 浩治(熊本県荒尾漁業協同組合 代表理事組合長)

日 時: 2016年12月18日(日)

会 場: 法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート棟4 階-G401
   (JR総武線、地下鉄各線「市ヶ谷駅」又は「飯田橋駅」より徒歩10分)

参加費: 無料

申し込み: 不要(直接会場にお越しください)

主催 日本野鳥の会東京、法政大学資格課程

共催 日本国際湿地保全連合、日本自然保護協会、日本野鳥の会、

   生態教育センター、ラムサール・ネットワーク日本、WWFジャパン、

   リトルターン・プロジェクト

後援 日本湿地学会、日本造園学会生態工学研究推進委員会、

   江戸川区、えどがわエコセンター

協力 葛西東渚・鳥類園友の会

問い合わせ 日本野鳥の会東京 E-mail:office@yacho-tokyo.org

posted by ばーりさ at 12:07| イベント情報

2016年10月18日

サイエンスカフェのライブ中継−キツツキの科学(神山・佐藤)

Liferbirdは野鳥を調べている研究者を中心に、多彩な講師を招いて非専門家向けの講座を開いている団体ですが、このLiferbirdの講座"サイエンスカフェ"のネット中継を行います。今回は、バードリサーチの運営会員もしていただいている石田健さんのキツツキ類のお話しです。

演題: キツツキの科学 石田 健(東京大学 准教授)
日時: 2016年10月22日(土)11:30〜13:00
iOS/Android: 各アプリのストアで"join.me"というアプリをダウンロードしてください。

くわしい講演内容は、Liferbirdホームページをご覧下さい。

ネット中継をご覧になるブラウザは、ChromeFirefoxの最新版をお使い下さい。Windowsに付属のInternet ExplorerとEdge、Macintoshに付属のSafariでは、映像を見ることはできますが音声が聞こえません。
50名までしか同時視聴できませんが、即日、このブログで録画のURLを公開します。中継ではチャットで質疑応答ができます。

中継画面の操作方法
パソコンでChromeかFirefoxを利用する場合

突然、英語のメッセージが流れてびっくりするかもしれませんが、驚かないで以下の操作をしてください。(画像をクリックすると拡大します)

1.上記URLにアクセスします。放送が始まっていれば下記のようなPowerPointの画面が表示されますが、放送前はバードリサーチのロゴが表示されています。
joinme1x.jpg

2.緑のアイコンの左端にあるスピーカーアイコンが、初めは×になっていて、音が出ません。スピーカーアイコンをクリックしてAudio Settingsを表示し、"Computer"をクリックして下さい。
joinme2x.jpg

3.すると、スピーカーアイコンが緑色になります。
joinme3x.jpg

4.スピーカーアイコンの右隣にある吹き出しアイコンをクリックすると、チャット用の小ウインドウが開きます。講演中の質疑応答に使用します。
joinme4xx.jpg

5.この画面のように、マイクを共有するかどうかを尋ねられることがあります。これはマイクを使用するかという意味のようなのですが、視聴者はマイクで発言できない設定で中継をしているため、共有(使用)してもしなくても関係ありません。
joinme5.jpg

iOS/Androidを利用する場合

join.meアプリの初期画面で、"meeting code"と書かれているテキストボックスに"birdresearch"と入力してから、joinボタンを押して下さい。
IMG_0778.PNG






posted by ばーりさ at 09:45| イベント情報

2016年09月21日

鳥類学関係のイベント情報(9月24日)

 講演会のお知らせをいただきましたので、ご紹介します。「おとなの環境学特別講演会」という全12回シリーズの第1回目ということですが、テーマは「渡り鳥」、慶應義塾大学の樋口広芳先生がご講演されます。2部構成になっており、午前11時から午後3時まで、参加費は5千円とのことですが、午前のセッションIのみの参加であれば、参加費は2千円で良いとのことでした(23日午後5時までに参加申込が必要です。ご注意ください)。
 同日は、山階芳麿賞記念シンポジウム「子を他人に預ける鳥、カッコウ類研究の最前線」が東京大学弥生講堂で開催され、受賞された立教大学名誉教授の上田恵介先生と、その研究室でカッコウ類の研究に携わった田中啓太さんと佐藤望さんが講演されます(佐藤さんは今はバードリサーチに所属しています)。こちらが、ちょうど、午後1時半から4時までということになっていますので・・・

 9月24日(土)は、午前中は渋谷で樋口先生の渡り鳥の話を聞いて、午後は東大で上田先生らのカッコウの話を聞くツアーが可能です。表参道から地下鉄半蔵門線に乗り、永田町で地下鉄南北線に乗り換えて東大前までで23分。40分ぐらいあれば、十分移動できそうですので、両方 "はしご" で、ぜひ!!

-------------------------------------------------
<おとなの環境学特別講演会>
第1回 「旅の名人、渡り鳥の驚きの生態とは…!」
-------------------------------------------------
開催日 :2016年9月24日(土)
開催場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
       アクセス http://www.geoc.jp/access/
開催時間:11:00〜15:00

当日プログラム:
 セッションI 11:00〜12:50
   11:00-11:10  開会挨拶
/NSC代表取締役 土光智子
11:10-12:10 「旅の名人、渡り鳥の驚きの生態とは…!」
/慶應義塾大学 特任教授 樋口広芳
12:10-12:40 「丹沢の希少動物ツキノワグマを追跡する」
/NSC代表取締役 土光智子
12:40-12:50 次回イベントのご案内
/NSC代表取締役 土光智子
 休憩 12:50〜13:10
 セッションII 13:10〜15:00
13:10-15:00 意見交換交流会

費用:5000円 当日お支払ください
(セッションI参加費2000円+セッションII参加費3000円)

対象:環境問題に興味のある方。
定員:60名
※当日、講演者のサイン入り著書を販売いたします。

お申し込み方法:
 9月23日午後5時までに、株式会社Nature & Science Consulting
 土光智子 doko@nature-science-consulting.co.jp
 まで、お名前とご所属をお知らせください。

講演会要旨:
 鳥の多くは、毎年春と秋、数千キロあるいは1万キロを超える長距離の移動をする、いわば旅の名人である。これまでは、渡り鳥がどこへ行くのか、どのように戻ってくるのか、多くが謎に包まれていた。しかし近年、人工衛星を使った追跡などにより、その謎が明らかになりつつある。
 本講演では、そのような最新の科学技術によって明らかとなったさまざまな鳥の渡り経路、移動方法とともに、環境利用、保全をめぐる諸問題を紹介していただく。保全を実行する上で、いかに国際協力が重要となるか、講演者の実体験にも注目いただきたい。紹介する鳥の中には、往復で2万数千キロ、東アジアすべての国をめぐるものもいる。参加者は、鳥の壮大な渡りの世界を実感しながら、かれらが地球環境問題の中でいかに重要な役割を果たしているか、理解することになるだろう。

******「おとなの環境学特別講演会」とは******
NSCが提供する、毎月1回、計12回の講演会。最前線で活躍するユニークな専門家・プロをお招きし、交流会などでネットワーキングのお手伝いをします。環境学は、自分の周りの環境を学ぶこと。それぞれの講演会で「身近なのに知らなかった」「知らないと危険な」環境問題への知識を深めて頂けると、幸いです。鮮度の高い情報と驚きをお約束します。全12回(2016年9月〜2017年8月)の講演会にすべて参加された方には、修了証を授与します。全12回の講座は、(環境を守る・環境を使う・環境に気をつける・目指せ持続可能社会)×(自然・食べ物など生活・資源)というテーマの4×3のマトリックスに沿ったテーマ設定になっています。
パンフレット
Facebookページのイベント案内
-------------------------------------------------

表参道−<半蔵門線>−永田町−<南北線>−東大前
約23分

-------------------------------------------------
第19回山階芳麿賞記念シンポジウム
「子を他人に預ける鳥、カッコウ類研究の最前線」
-------------------------------------------------
【日時】2016年9月24日(土)13:30〜16:00(開場13:00)
【会場】東京大学農学部弥生講堂 東京都文京区弥生1-1-1 <交通案内>
(東京メトロ南北線東大前駅徒歩1分、東京メトロ千代田線根津駅徒歩8分)
【申込み】不要  【入場】無料
【講演】
托卵研究はどこまで進んだか?欧米の研究、日本の研究
   上田恵介(立教大学名誉教授)
仮親を騙す"分身"の術〜ジュウイチ雛の妙技〜
   田中啓太(慶應義塾大学文学部)
南太平洋の托卵をめぐる攻防〜日本の鳥にはないセンニョムシクイの対抗策
   佐藤望(認定NPO法人バードリサーチ)
【主催】(公財)山階鳥類研究所 【共催】朝日新聞社 【後援】我孫子市
-------------------------------------------------
posted by ばーりさ at 13:46| イベント情報