2018年11月14日

オバシギ・コオバシギの絵画コンペティション

守屋がシギチドリの国内コーディネータを務めている「東アジア-オーストラリア地域フライウェイパートナーシップ(EAAFP)」では、オバシギ・コオバシギの絵画コンペティションを来年1/3まで行なっています。
フライウェイ賞の副賞として、興和の望遠鏡・双眼鏡もありますので、是非ご参加ください。

2_Print-poster-JP.png

募集要項PDF(日本語) → 4_Knot_Painting_PT_Jp.pdf

昨年(2017年)の全国調査ではオバシギは、最大で春に約500羽、秋に約700羽が確認されています。
1調査地当たり5羽程度で、わたり鳥なので国内ではなかなか確認しづらい種ではあります。
東アジアフライウェイでは、特に黄海で減少傾向が目立っています。

X247.オバシギ.png

丸っこく、繁殖羽はシブい色をしているシギなので、これを機会に注目してみてください。
IMG_2085-001.JPG


posted by ばーりさ at 10:06| イベント情報

2018年11月12日

インコフェスタ2019

最近、事務所で手伝いをしていただいているM堂さんもスタッフに加わっている「インコフェスタ2019」のご案内です。
チラシをいただきました。
ちょっと先ですが、来年3/9に東京・東新宿で開催されます。

コンパニオンバードとして知られるインコ類ですが、話題提供者の方々の雰囲気に、なぜか可愛さはありません。
なんと野生インコ・オウムがメインの内容です。バードリサーチ向き?
知る人ぞ知る海外鳥行のプロばかりですので、間違いなく面白い話になると思います。

S25C-918111217340_0001.jpg
S25C-918111217340_0002.jpg
posted by ばーりさ at 19:03| イベント情報

三番瀬いいとこ鳥展

11/23(金)から「三番瀬いいとこ鳥展」がふなばし三番瀬環境学習館で開催されます。
干潟の鳥ということで守屋もちょっと協力しました。
ミヤコドリもついでに観察できますし、是非。

S25C-918111211440_0001.jpg
S25C-918111211440_0002.jpg
posted by ばーりさ at 12:40| イベント情報

2018年10月25日

株式会社モンベルより、副賞のご提供をいただきました!!

バードリサーチ賞の表彰にあたり、株式会社モンベルより、副賞のご提供をいただきました。ありがとうございます。ご提供いただいた副賞はバードリサーチ15周年記念大会(1027日@東京海洋大学越中島キャンパス)において開催する表彰式で、受賞者に表彰状と共に贈呈いたします。

今回は、西田有佑氏による調査研究プラン「モズのはやにえは、早口で鳴くための貯食物?」と、サシバプロジェクトin大阪による調査研究プラン「大阪府域におけるサシバの生息情況調査」の成果がバードリサーチ賞に選ばれています。副賞は、調査など野外で活動する時に欠かせないレインウェアをご提供いただいていますが、サシバの調査はグループでの活動です。株式会社モンベルの粋なお計らいで、主要メンバーの人数分、ロゴ入りのTシャツをご用意いただきました。今から受賞者の方にお渡しできるのが楽しみでなりません。


ご提供いただいた商品について

------------------------------------------

個人での受賞者には・・・

レインワーカー ジャケット

k_1132134_prbl.jpg


機能性とコストパフォーマンスを高い次元で両立したジャケットです。独自の防水透湿性素材と、新開発の優れた耐摩耗性を備えた高強度素材を組み合わせることで、日々の使用にも耐えうる頑丈さと快適性を実現しました。農作業に適したさまざまな機能を装備し、ワークウエアとして使用していただけます。身幅に適度なゆとりをもたせたレイヤリングしやすいシルエットです。



グループでの受賞者には・・・

ウイックロンTシャツ (カスタムオーダーによるオリジナルプリント入り)

ltgn_1200.jpg

表面には、毛玉の原因となるけばを抑えながらも、コットンのような優しい風合いを持つ短繊維、肌面には優れた吸水拡散性を備え、優しい肌触りを持つ長繊維を使用したTシャツです。異なる特長を備える繊維を組み合わせることで、機能性だけでなく、快適性もプラスしました。


モンベル・カスタムオーダーについて

モンベルの高機能アイテムに、お好きなデザインや文字を入れて、オリジナルアイテムを作ることができるサービス。

------------------------------------------




調査研究支援プロジェクト と バードリサーチ賞について

------------------------------------------


調査研究支援プロジェクトは、調査や研究の計画を立てる段階で、対象を選び、皆さまからのご寄付をもとに支援金を贈呈するプログラムです。毎年支援を行なっており、たくさんの素晴らしい調査研究成果があがって来ています。そこで、支援した調査研究プランのなかから、研究や活動の独創性、達成度、発展性、などを考慮して、優秀な成果をあげたものを表彰するため、バードリサーチ賞を設けています。3年に一度、選考を行ない表彰することとしています。

------------------------------------------


posted by ばーりさ at 15:26| イベント情報

2018年07月30日

多摩川でツバメのねぐら観察会を開催しました

多摩市ツバメ調査団とバードリサーチの共催で、毎年恒例のツバメねぐら観察会を東京都八王子市の多摩大橋下流で開催しました。

子育てを終えた親ツバメや巣立った幼鳥は、夕方になると河原のヨシ原などに大群でねぐらを作ります。多摩川中流のねぐらは、去年までは堤防から見える場所にあったのですが、今年は河道の中程にあるヨシ原にねぐらができているので、河原を歩いて行って原っぱでの観察会になりました。

写真の大きな双眼鏡と望遠鏡は、ツバメねぐらに詳しい渡辺仁さんの道具です。午後6時過ぎに観察地点に着いて渡辺さんの説明を聞いた後、おしゃべりをしながらツバメが帰ってくるのを待ちました。7時ごろがねぐら入りのピーク時で、激しく飛び回っているので正確には数えられないのですが、"主催者発表で1万羽"と思って下さい(笑)

DSC02400.jpg

ツバメねぐらは下記の地図の位置にあります。8月10日ごろまで数が多くて見ごろですので、お近くの方は観察に行ってみてはいかがでしょう。JR日野駅からバスで小宮町東まで行き、パチンコ店マルハンの横の川沿いの道を通って多摩川に出て、堤防を少し下流に歩くと河原へ入る道が見つかります。

https://www.google.co.jp/maps/place/35°41'21.6"N+139°23'10.9"E


posted by ばーりさ at 11:05| イベント情報