2013年11月05日

ICレコーダが記録した今年の夏のさえずりの状況(植田)

今,この春に全国各地の調査サイトに仕掛けたICレコーダでタイマー録音した音の聞き取り作業をしています。北海道の足寄と苫小牧の聞き取りが終わり,今,雨龍に入ったところ。

ただ聞いているだけだと気分が盛り上がってこないので,2か所の結果を図にしてみました。

足寄,苫小牧とも,今年のさえずりは遅く,続いて2011年,2012年は早かったという予想通りの結果でした。ただヤブサメとクロツグミはこれらの夏鳥とちょっと違っていておもしろい。2012年と同じくらい早く飛来していたのです。この2種は他種より春早く飛来する鳥です。今年の春の前半は例年より暖かだったのが,その後例年より寒くなりました。もしかすると,その前半と後半の気象状況の違いが,種によるさえずりパターンに反映されたのでしょうか? それともほかの原因でしょうか?
データを蓄積しながら考えていきたいと思います。


さえずり時期足寄苫小牧.jpg
posted by ばーりさ at 09:03| 活動報告