2023年10月06日

大都会のムクドリねぐら調査

ムクドリは街中の駅前やビルのそばなど人通りの多いところに大きなねぐらを作ることがあります。
バードリサーチでは全国からムクドリのねぐら情報を収集し、どういうところにムクドリがねぐらをつくりやすいのかを調べています。
ムクドリのねぐら調査プロジェクト

都市でムクドリは増加傾向にありますが(参照 バードリサーチニュース2020年2月: 1 )、いわゆる大都会ではムクドリのねぐらは多くないようです。例えば東京都内では約40箇所でねぐらが記録されていますが、そのうち山手線の内側にあるのは2箇所だけです(下図の赤い2地点)。
(画像はクリックすると高解像度のものを見られます)
ムクドリねぐら_山手線の内側.png

大都会にあるムクドリのねぐらはどんなところに作られているのか、渋谷区の表参道にあるねぐらを見に行きました。
夜になっても人通りが多い場所です。
表参道.jpg
表参道には大きなケヤキの並木が続いていて、そのうちほんの1, 2本の木がムクドリのねぐらになっています。下の画像で赤い丸で囲んだ場所にムクドリのねぐらがあります。
ムクドリねぐら_表参道1.jpg
この場所の個体数は多くても200羽ほどで、ねぐらとしては小さい方です。
これまで、他の場所で行った調査では、ムクドリのねぐらは隣り合う木との枝葉間の距離が空いている場所が選ばれる傾向がありました。しかし、表参道のねぐらは、少なくとも片面は、隣り合う木と枝葉がかぶっていました。ただし、街路樹の列の端っこにあるので、もう片方の面は大きく開けており、近くにある明治神宮から来るであろうオオタカなどの捕食者を早く発見できる場所なのかもしれません。また、表参道の中でも一際明るい一角にあったことも印象的でした。

先日は神奈川県の大和駅前の街路樹でもねぐらの調査をしてきました。
調査と解析を続け、ねぐら環境を明らかにしていこうと思います。
posted by ばーりさ at 13:36| 活動報告