2021年04月19日

マヒワが多い多摩の雑木林

この時期,ツミの分布調査で近所の雑木林をまわっていますが,今年はマヒワが目につきます。群れでチュピチュピ言いながら枝先で何かついばんでいます。双眼鏡で見ている程度では何を食べているのかわかりませんが,ちょうど,今日,旭川の高山さんがベニヒワが枝先でアブラムシをついばんでいる写真を送ってくれました。マヒワも同じようにアブラムシ食べているのかな…?

今年は,最近ではいちばんマヒワ多いんじゃないかと思ったので,そんな時はバードリサーチの野鳥観察データベース「フィールドノート(さえずりナビ)」に入力した自分のデータを集計して見るのが確実です。

で,見てみると…

マヒワ.png

過去一番確認率が高かった2009年を上回る確認率で,実感通りでした。

反対にシメが少ない印象なんですよね。こちらについてみてみると…

シメ.png

少ないには少ないけど,例年より圧倒的かといえば,そうは見えないですね。去年より多いし。
例年だとシメが群れで採食しているのをよく見るけど,今年は,数羽見る程度なんですよね。それで少なく感じているので,個体数まで記録していないと,印象を表現できないのかもしれません。

「フィールドノート(さえずりナビ),バードソンの時には使ったけど,普段は使ってないな」という方,多いんじゃないかと思います。普段から観察記録を入力しておけば,去年の初認と比べたり,今年の多さを調べたりと,このくらいのことはサクッとみることができます。皆さんもぜひ記録つけて,いろいろデータみて楽しんでください。

posted by ばーりさ at 14:25| 活動報告