2020年10月27日

近況報告2019≫ 愛知県矢作川支流、籠川両岸の樹木伐採工事に伴う生息鳥類の変化調査

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2019)で、皆様からご支援いただいている調査の近況報告が届きました。

渥美美保さんによる
愛知県矢作川支流、籠川両岸の樹木伐採工事に伴う生息鳥類の変化調査
です。

この調査研究プランは、河畔林の伐採が進められている籠川で、工事前から行っていた日々の記録をもとに、工事が終わるまで継続して調査を続けることで、鳥たちにどんな影響が出るのかを明らかにしようというものです。(詳細はコチラ

いただいた近況報告をご紹介します!

====================================

籠川の樹木伐採および橋梁補強工事開始から1年、完了から5か月が経過しました。計画通り3月から月に10回の観察を続けています。コロナ禍と猛暑以外に、2つの点で想定外な状況が生じました。1つは、すべてと聞いていた樹木の伐採範囲は、実際には全体の5-6割ほどに留まったこと。もう1つは、伐採前の観察データが少なかったこと。伐採で視界が良くなり、岸辺の野鳥が見つけやすくなったことや、調査者の野鳥観察眼が鋭くなっている可能性も関係しそうですが、現時点で伐採の悪影響は限定的と感じます。観察を来年2月まで続けつつ、残りの期間は観察記録を比較し、数値で影響を示す難しさに直面しそうです。


調査風景

画像1s.jpg


●調査方法

観察した都度、以下の手順で結果を整理。

1. 帰宅後、観察した野鳥を紙に書き出す(下図)。 

画像2.JPG

2. 種ごとに場所(水辺、沿岸の緑地帯、沿岸の農耕地)で色分けしてエクセルに入力(下図)。漏れがないよう、紙のリストに転記済みのチェックマークをつけながら行う。

画像3.JPG画像3.JPG



●今後の方向性

これまでの観察から予想される伐採の影響

・悪影響を受けた種: ウグイス、コジュケイ、カシラダカ

・好影響を受けた種: コチドリ、セッカ、ヒクイナ、ノビタキ、セキレイ類

⇒これらを数値で裏付ける




posted by ばーりさ at 14:48| 研究支援(近況報告)