2020年01月28日

【みにクル】九十九里浜北部でシギ・チドリ類調査(奴賀)

1/27、九十九里浜北部のシギ・チドリ類調査に行ってきました。

nuka1.jpg
今回の参加者は、海辺の鳥の調査・研究中の大学生のKさん。

天気は曇りで夕方からは雪の予報も出ていたので、たまに吹く風は冷たかったのですが、海は比較的穏やかでした。
観察できたシギ・チドリ類は、ミユビシギ、ハマシギ、シロチドリの3種。個体数は少なかったです。

所々で防潮堤の工事が行われており、いつもの調査地点に行けない場所もありました。

nuka2.jpg

工事箇所付近は一時的に砂浜面積が少なくなったりしますが、
九十九里浜全体を同時に工事するわけでは無く、工事をしていない砂浜の方が広く存在しているので、砂浜の鳥たちの避難所は確保されているはずです。

シギチ以外では、海が穏やかだったので、海上のカモが観察しやすかったです。
クロガモ、ビロードキンクロは砂浜近くでも観察でき、その他、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ、シノリガモなどなど、いろいろ浮いていました。
そういえば、ヒバリのさえずりや、ホオジロのさえずり気味の声も聞こえました。

でも一番良かったのは、

nuka3.jpg

タヌキに出会えたことでした(笑)
野外に出ていると、鳥以外にも予期せぬ出会いがたまにあります。
posted by ばーりさ at 14:17| みにクル報告