2019年12月12日

近況報告2018≫ 巣箱設置におけるカラ類等の長期的センサス

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2018)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告が届きました。

名城大学農学部野生動物生態研究会による
「巣箱設置におけるカラ類等の長期的センサス」
です。

この調査研究プランでは、カラ類以外にもキビタキも利用できるちょっと特殊な形状の巣箱をつくって、森林性鳥類の産卵数や巣立ち率、繁殖時期の変化などを長期的にモニタリングしていこうと計画していました。(詳細はコチラ

いただいた近況報告をご紹介します!

====================================
中間報告

みなさんこんにちは。名城大学 野生動物生態研究会です。
この度はバードリサーチの研究支援対象に選ばれご支援していただきありがとうございます。無事に野外での調査は終了し、残りは分析をあと少し残すのみとなりました。この研究結果は、学部4年の岸が卒論としてまとめています。簡単ではありますが調査の様子など感想を交えながら近況を報告させていただきます。

巣箱たて.jpg トラップ.jpg
2月の上旬から調査地に60個の巣箱をかけました。調査の簡易化を考えて直接木に掛けるのではなく、ポールの上に設置しました。高さは平均的な男性の顔ぐらいの高さです。

キビタキ卵.jpg
キビタキ 営巣巣箱

シジュウカラ雛.jpg
シジュウカラ  営巣巣箱

ヤマガラ雛.jpg
ヤマガラ 営巣巣箱

初めての取り組みということもあり、小鳥たちが営巣してくれるかどうかさえも分からず最初は不安な日々が続きました。最初に営巣の形跡があったのは3月の16日。シジュウカラの巣作りがスタートしました。

営巣の確認は、巣箱をそっと覗き、親がいないことを確認してから上からスマホで写真を撮って確認します。
その後も、8月の初旬まで営巣が続々と続き、ジジュウカラ5つがい、ヤマガラ7つがい。キビタキ4つがい の計16つがいの営巣巣箱を調べることが出来ました。

ですが、やはり問題もあり、カメラによるモニタリングもしたかったのですがあまりうまくいっておりません。改善が必要です。様々な問題点が見つかった野外調査でとても良い学びになりました。

この特殊な形の巣箱でも十分に対象の小鳥たちを調べることが出来ると分かったので、今後も改善を続けながら継続していきたいと思います。

キビタキ雄.jpg
キビタキ 雄 

カメラモニタリング画像.jpg
カメラによるモニタリング 画像

posted by ばーりさ at 11:45| 研究支援(近況報告)