2019年11月16日

中央公園11月16日調査報告

ユリノキが黄色に色づいた公園。
今年も早、11月中旬です。
上空をカシラダカが飛びかい、ツグミの鳴き声も聞かれます。
待ちに待った冬鳥の季節の到来…?

ただ、お目当ての冬鳥たちにはまだ少し早いようです。
先週はアトリの小群がユリノキに見られました。
しかし、今朝はアトリの姿はありません。
シロハラも記録できませんでした。
ジョウビタキも鳴き声が聞こえてくるだけ。
少しフラストレーションが溜まり気味です。

それでも身近な鳥たちは増えてきました。
ウグイスは争うような鳴き声が3か所で聞かれました。
モズも少なくとも2羽が記録されました。

191116_mozu.jpg
      (梢にとまるモズの雌)

カルガモも一時に比べると増えてきました。
今朝は59羽。
今シーズン最多個体数です。
ただ、数年前と比べると寂しい数です。

カルガモと同じように最近著しく減少した鳥がいます。
ドバトです。
数年前までは多い時には100羽以上記録されていました。
そこまで多くなくとも50羽前後は普通でした。
ところが、最近は多くても10羽前後。
今朝は3羽が上空を飛んだだけです。

ここ1、2年、公園では野鳥への餌付けを禁止しています。
そのため、時折、少量のパンくずを与えている姿を見かける程度です。

191116_kanban.jpg
  (餌付けを自粛するように呼び掛ける立て札)

とするとカルガモが減ったのも餌を与える人が減ったためかもしれません。
餌の切れ目は縁の切れ目??
カルガモともども今後の個体数の推移が気になります。

今秋は山地のブナは凶作のようです。
一方、公園のカエデやケヤキの実は豊作です。
アトリ、イカル、シメの群れの飛来が楽しみです。

参加者5名 記録種23種 記録個体数170羽
次回は11月23日午前7時からです。担当:BR平野









posted by ばーりさ at 12:07| みにクル報告(宇都宮)