2019年10月26日

中央公園10月26日調査報告

10月は2週続けての降雨。
今日は久しぶりにみんなでの調査です。

集合場所の周りからはシジュウカラ、エナガ、メジロの騒々しい鳴き声。
さらに、ジョウビタキの鳴き声も聞こえてきます。
今朝は、他にもジョウビタキの鳴き声が頻繁に聞こえてきました。
越冬地に到着し、早速縄張り争いをしているようです。

上空をか細く鳴きながらシメも通過。
冬鳥たちの季節到来です。
ただ、今朝はツグミやアオジなどは記録できませんでした。

大池は相変わらずカルガモが疎ら。
すべての池を入れてもわずか11羽にすぎません。
明らかに昨年から越冬数が減ってきました。

191026karugamo.jpg
 (近年の秋季のカルガモの10日ごとの記録数の比較)

以前は数が少ないもののオナガガモやマガモも越冬しました。
しかし、ここ1、2年は記録されても1日のみで長居はしません。

カモ類が低調なせいか、秋季の記録種数も増加しません。
今年の10月は代替日の調査を含め4回で31種。
昨年よりは多いものの6、7種少なめです。

191026syusuu.jpg
 (2014年以降のひと月の記録種数の比較 赤が2019年)

でも、種数は少なくてもメジロやエナガ、シジュウカラの個体数は多めです。
特に、メジロは多い時には50羽以上の群れが記録されています。
そのためか、今年はツミがよく飛び回っています。

191026mejiro.jpg
      (柿の実にきたメジロ)

また、今年はカエデの実も豊作です。ケヤキの実もそこそこ多いようです。
昨年ほとんど記録されなかったイカル。
今年は一昨年のように多数越冬してくれるかもしれません。
今から楽しみです。

参加者6名 記録種20種、記録個体数130羽
次回は、11月2日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 14:22| みにクル報告(宇都宮)