2019年10月17日

近況報告2018≫ 小笠原諸島〜伊豆諸島 ツバメの渡り調査2019

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2018)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告が届きました。

重原美智子さんによる「小笠原諸島〜伊豆諸島 ツバメの渡り調査2019」です。

この調査研究プランは、2年連続で一次審査を通過しており、小笠原諸島や伊豆諸島で観察されるツバメがどこから渡ってきているのか、また、2年目は繁殖状況の調査も行ない初認から繁殖開始までのタイムラグの謎(島で初認された個体とそこで繁殖した個体は別個体なのか?)を明らかにしようと取り組んでいます。(詳細はコチラ


いただいた近況報告をご紹介します!
====================================
日本鳥学会では、「小笠原諸島と伊豆諸島 ツバメの渡り調査2019 DNAに地域差はあるか?」というタイトルでポスターを発表しました。
ポスターの内容は小笠原や伊豆諸島で回収されたツバメとそれ以外の場所で回収されたツバメのDNAの解析結果と、シゲハラの今年のツバメ調査の総まとめです。
共同研究者は科学博物館の西海功さんと、森林総合研究所の川上和人さん。DNAの解析やツバメのサンプルの準備で大変お世話になったのです。

今年の調査はパラオから始まりました。1月にパラオで越冬しているツバメを観察し、
それだけでも嬉しいのにフンを回収することができました。
2月下旬に小笠原へ。昨年のツバメの初認がこの時期だったので、狙って行ったのですけど、母島最終日の2月24日ツバメ1羽確認できました。
母島の観光協会にツバメの調査のチラシとポスターを貼っていただきうれしかったです。
一番飛来数が多くなる4月下旬にも小笠原へ。乳房山展望台で海上から飛来するツバメを観察していたら一瞬、飛んでいるツバメたちに囲まれるようになって感激。
太平洋の大海原を飛んで飛んで母島に到着したツバメたち。本当にすごい。どのように渡ってくるのだろう?

002重原0.jpg 002重原1.jpg

6月には三宅島で繁殖調査。スマホの自撮り棒で巣の中を撮影すると便利だった。長ーく伸びる棒でさらに延長して高いところもバッチリでした。
そのあとすぐに、つくばの科学博物館で3週間かけてDNAの実験。自分で集めたフンや死体をはじめ科博や森林総研にあったツバメのサンプル50数体を調べました。DNAの解析は人生初体験だったのですが、老眼と戦いながらの実験でした。数字がいっぱい並んでいるのはマイクロサテライトDNAの解析の下準備で、抽出して増やしたDNAを機械が解析して、そのデータをさらに目で見て、数字を読んで作った表。赤い印は西海さんのチェックで、こんな表が何枚も。DNAの解析って機械で簡単にできるのかと思っていたら全然違うので本当に驚きました。
研究室から見える筑波山が美しかった。
こんな感じで調査を進めています。

002重原2.jpg

002重原3.jpg 002重原4.jpg
posted by ばーりさ at 11:50| 研究支援(近況報告)