2019年09月28日

中央公園9月28日調査報告

雲で覆われたはっきりしない朝。
鳥たちの動きも鈍いようです。

前回は渡り途中のヒタキ類が飛び交っていました。
今日は上空にヒタキ類の気配はありません。
シジュウカラの鳴き声もまばらです。

大池のカルガモが増えていました。
今朝は全部で29羽。
秋の換羽も終わり、周囲から集まってきたようです。
中にコガモの雌が1羽混ざっていました。
今秋、2回目の記録です。

池の築山の岩には今日もカワセミの雄。
満開のヒガンバナの赤い花をバックに佇んでいました。

190928kawasemi.jpg
    (ヒガンバナと記念写真 カワセミ)

しかし、時間が経っても鳥たちの姿は増えません。
今朝はエナガの群れも現れません。

と、上空を鳴きながら通過するヒヨドリの群れ。
全部で13羽。
その後少なくとも2群が通過していきました。
さらに、夏の間姿のなかったメジロが鳴きながら上空を飛び交う姿も…。
やはり、今は渡りの季節です。

今日で9月も終わりです。
今年の9月は4回の調査で合計24種を記録しました。

種数190928.jpg
 (2014年度以降のひと月の記録種数の変動 赤が2019年度)

今年の9月は、2014年以降では最低の記録種数でした。
ただ、鳥の記録種数は調査回数や偶然性にも左右されます。
でも、季節の鳥たちが少ないのやはり寂しいものです。

例年、10月は最多種数を記録する時期です。
はたして今年はどうなるのでしょう。
今から気になります。

参加者6名 記録種数15種 記録個体数156羽
次回は10月5日午前6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:19| みにクル報告(宇都宮)