2019年09月05日

みにクルで九十九里浜北部にシギ・チドリ類調査(奴賀)

9/2、みにクルで九十九里浜北部にシギ・チドリ類調査に行ってきました。
みにクルは、「調査」体験企画ですが、調査といってもシギ・チドリを一緒に探して、一緒に識別して、一緒に数えます。シギが識別できないとダメ!ってことはないので、気軽に参加して大丈夫です。

今回の参加者は常連のSさん1名。
写真1.調査風景.jpg
調査風景。

最初の調査地でまずはトウネン1羽を確認。その次は遠方で波打ちきわをダッシュする小型シギの小群を確認。
まぁミユビシギだろうと記録しているうちに、群れが近づいてくると、なんとトウネンの群れでした。

砂浜の波打ち際で波と一緒にダッシュするのはミユビシギだけではありません。トウネンも、なんとキアシシギも群れでダッシュするのを見た事があります。気をつけなければ。。。
その後は、メダイチドリ30羽ほど、ミユビシギ200〜300羽、オバシギとコオバシギの群れなどを観察しました。

写真2.ミユビシギ.jpg
ミユビシギ。

写真3.オバシギコオバシギ.jpg
オバシギ(右から2羽目)とコオバシギ。

オバシギの方がくちばしが長いのでシルエットだけでも識別可能。オバシギは首も長いように見える。

この日は快晴でしたが、最後はこんな帯状の雨雲で雨に降られてしまい、そこそこ濡れてしまいました。
写真4雨雲.jpg

みにクルは、バードリサーチの調査の様子を見学してもらう企画です。
posted by ばーりさ at 11:10| 活動報告