2019年08月31日

中央公園8月31日調査報告

今日で8月も終わりです。
そこで、今夏の記録状況を振り返ってみました。

8月の記録種数は合計24種。
2014年以降の6年間間では最も多い種数です。
ただ、記録種の顔触れはほぼ例年通りでした。

190831種数.jpg
   (2014年以降のひと月ごとの記録種数の変動 赤が2019年)

今年は前回に続いて今回もエナガの群れが記録されました。
また、今朝はツツドリが記録され、そのため例年より少し種数が増えました。

今年のカルガモのヒナは、6月から7月末までに9家族54羽が記録されました。
しかし、無事大きく成長したのは1家族(?)6羽のみでした。
ただ、1日の間にふ化後1週間の10羽のヒナがいなくなるケースもありました。
とすると、いくつかの家族は公園の外へ移動したのかもしれません。

190831karugamo.jpg
    (大きくなった今年生まれのカルガモ)

一方、ササゴイはまだヒナのいる巣が3巣あります。
例年だとやり直し繁殖や2回目繁殖が終わっている時期です。
今年は2回目繁殖に入るのが遅かったようです。
ただ、繁殖成績は昨年同様にやや良好でした。
2012年以来、久々に1回目の繁殖がすべて成功しました。

今の季節、参加者の皆さんとハシブトガラスが話題になります。
7月下旬になると、たくさんの若いハシブトガラスがセミを食べに飛来します。
今年は昨年より少し多かったものの、2013年や14年より減っていました。

セミの多さを表すのに、同じ場所でセミの穴の数を数えています。
下の棒グラフは、13年以降の8月10日付近のセミ穴の数です。
ここ数年、13年から15年に比べ著しく減少しています。
アブラゼミやミンミンゼミが減っているのかもしれません。
そのため、飛来するハシブトガラスも減っているのかもしれません。

190831セミとハシブト.jpg
(セミの穴の数とハシブトガラスの個体数の経年比較 ×は未調査)

以上のように、今夏も一喜一憂の調査でした。
先週はセンダイムシクイが、今朝はツツドリが記録されました。
来週はさらに多くの渡り鳥が記録されることでしょう。
楽しみです。

参加者4名 記録種数13種 記録個体数49羽
次回は9月7日、午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 14:52| みにクル報告(宇都宮)