2019年07月27日

7月27日中央公園調査報告

雨上がりの公園
早朝のウォーキングをする人たちの姿も少なめです。

鳥たちもまばらでした。
今朝の記録種は14種。
7月の4回の調査の記録種の合計は21種でした。
こちらは、ほぼ例年通りです。

190727_syusu2.jpg
    (最近6年間のひと月あたりの記録種の変動)


数年前だと今の時期はハシブトガラスが多く記録されました。
騒々しく鳴きながら、セミを追いかける姿がみられました。
しかし、昨年ごろから減少気味です。

今朝は、上空通過を含め20羽。
16年の同時期は43羽、17年は32羽。
やはり今年も少ないようです。
セミが少ないせいでしょうか。

カルガモも今夏はほとんど姿を見ません。
今朝の成鳥は3羽のみでした。
一昨年の30羽、昨年の20羽と比べると激減です。

今年は公園の清掃などの作業が頻繁に行われています。
この作業が何か関係しているのでしょうか。
気になります。

ヒナは今シーズン合計54羽が記録されました。
しかし、大きくなるまで滞在したのは6羽のみです。
1日で姿を消した家族群もいました。
すべてが死亡したとは考えられません。
公園から移動したのかもしれません。

190727_karugamo.jpg
  (親とほぼ同じ大きさに成長したヒナたち)

今後のカルガモの動向も記録したいと思います。

参加者5名 記録種14種 記録個体数73羽
次回は8月3日午前6時からです。担当:BR平野



posted by ばーりさ at 12:20| みにクル報告(宇都宮)