2019年07月06日

中央公園7月6日調査報告

今日もうっとうしい梅雨空。
今にも雨粒が落ちてきそうな雲行きです。

公園の鳥たちは繁殖期も終盤に入り少なめです。
ヒヨドリやムクドリといった常連も数えるほどです。
さらに、キジバトは記録されませんでした。

早朝に騒いでいたササゴイの巣立ちびなたち。
調査開始時刻には気配がありません。
騒ぎつかれて高木の枝でじっとしているようです。

大池のカルガモのヒナたちもだいぶ大きくなってきました。
今朝も大きなヒナと小さなヒナが仲良く一緒に泳いでいました。
それを心配そうに付き添う雌親。

190706karugamo2.jpg
   (大きさの異なるカモのヒナたち)

微笑ましいカルガモの家族?
実は、雌親は小さなヒナの親で大きなヒナの親ではありません。
途中から一緒に行動するようになりました。
今では本当の家族のようです。

このまま大きくなるまで行動を共にするのでしょうか。
楽しみです。

一方、別の池にはふ化後数日のヒナ1羽を連れた雌雄が新たに出現しました。
1卵だけふ化して、残りは失敗したのでしょうか。
明日からまたヒナの追跡の始まりです。

参加者9名 記録種数13種 記録個体数63羽
次回は7月13日6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 15:53| みにクル報告(宇都宮)