2019年06月24日

東金こども科学館でシロチドリやコアジサシの観察イベントを行いました(守屋)

IMGP0115.jpg
双眼鏡の使い方もばっちり!

土曜日に、東金こども科学館の『九十九里浜のシロチドリを見に行こう!』で話をしてきました。
参加者は、8組のご家族とほか関係者。
親が行こうといったのか、子供が行きたいといったのか興味のあるところです。
IMGP0112.jpg

奴賀さんがコアジサシの話、私がシロチドリの話をしました。ちょっと長いので飽きるかもなと思ったのですが、興味を持って聞いてもらえました。いい質問も多かったですし、ブラタモリのタモリさんみたいに察しのいい子がいて、こちらも楽しく話をすることができました。
20190622_83A8801_t.jpg
コアジサシ

午後は現地でコアジサシのコロニーを観察しました。
あいにくの雨模様でしたが、合間を縫ってなんとか観察できました。
コアジサシのヒナが歩き出しているのでやや遠巻きに、コアジサシ、シロチドリなど熱心に観察していました。
自分で、双眼鏡で鳥を見つけたら楽しいでしょうね。
最後の方は、海につかってずぶ濡れになる子もいて、大人とは違った観察会でした(親御さんは後始末が大変だと思いますが)。


IMGP0138.jpg

砂浜で地上営巣する鳥たちは、ヒトとのかかわりも大きいので、保全のためにもまずは知ってもらうことが必要です。
次は、漁業の人とか、サーファーやライフガードの人とか、他の地元砂浜関係者にもお話しする機会を作りたいと思っています。


posted by ばーりさ at 14:04| 活動報告