2019年05月27日

カルガモ・サバイバル調査 親子のそばにいるオスは誰?

カルガモ・サバイバル調査で近所の池3カ所を見回っています。いずれも公園の池で、そのうち1カ所にカルガモ親子が2家族います。他の二カ所は、一ヶ月くらいカップル状態なのに繁殖しないペアの池と、ペアだったのがオスだけになったので抱卵中かと期待している池、です。

こちらの写真は5月25日の多摩中央公園(東京都多摩市)の池。ふ化後数日と思われますが、5羽とは少ない。ハシブト・ハシボソガラスが周囲に多いので、もう食べられちゃったかな。小学生の男の子たちが投げたパンに食いついています。
パルテノン.JPG

同じ池で5週齢まで育った10羽のヒナ。孵化したときは11羽だったと、朝5時台から餌をあげていたおじいさんに教えてもらいました。早朝から人がいるので、カラスが近づけないのかもしれません。
パルテノン大.JPG

しかしカラスは健在。ヒナだけでなく、卵もさらいます。ご満悦なハシボソガラス。
カラスと卵.JPG

次は調査参加者から届いた写真です。5月26日、東京の埼玉県寄りにある東村山駅前の池。ヒナは四週齢くらいで、当初の8羽から5羽に減ったそうです。餌台でキャベツやトウモロコシを食べている母子のそばにオスがいます。メスはオスを追い払う様子はなく、オスは首を上下させて求愛していたそうです。ペアのオスなのか、よそのオスが言い寄っているのか分かりませんが、ペアのオスだったら他のオスが近づくと攻撃するかもしれません。何か印を付けて継続観察できたらいいのですが・・・。カルガモ・サバイバル調査では、親子と一緒にオスがいるかどうかのアンケートもしています。
東村山.JPG

さて、こういう場所のカルガモは餌をもらっていることが多いようですが、都市部のカルガモのヒナは給餌のせいで生存率が高くなっているかもしれませんね。しかし一方で、都市部では子育てに適した池や水田がなくなってコンクリで固められた池しかないので、繁殖場所が足りなくて、全体としては数は増えないのかもしれません。

posted by ばーりさ at 15:17| 活動報告