2019年05月25日

中央公園5月25日調査報告

早くも今日は5月最後の調査日です。
初夏の日差しが降り注ぎ、青葉がまぶしい朝。
公園は子連れの鳥たちで賑やかでした。

茂みの中でチチチッ、チチチッと煩く鳴き交わしているのはシジュウカラ。
少なくとも5羽のヒナを連れているようです。
大池ではジチッと聞きなれない鋭い声。
カワセミの巣立ちビナでした。
雄親が小魚を捕らえて運んでいました。

190525_kawasemi.jpg
  (親を待つカワセミの巣立ちビナ)

庭園の植え込みではスズメの家族連れの姿も。
公園の周りに多く生息するスズメ。
しかし、公園の中で姿を記録することはほとんどありません。
ところが、子育ての今の季節は別です。
今日は、巣立ちビナを伴って植え込みをちょこまかちょこまか。
待ちきれなく親鳥について歩くヒナの姿も見られました。

190525_suzume.jpg
(枝にとまって親鳥を待つスズメのヒナたち)

やはり、この時期、公園の樹木は重要な採食場所なのでしょう。
振り返るとすぐ脇の手すりにあどけないヒナの姿も。

一方で、今年はカッコウの鳴き声がまだ聞かれません。
昨年は5月12日、一昨年は5月20日に記録されています。
他の生息地でも鳴いていないようです。
今年はカッコウの飛来が遅いのでしょうか。
少し気になります。

さらに今の季節の人気者のカルガモのヒナたち。
今朝はまだ姿がありませんでした。
昨年は5月26日に初認でした。
来週はカルガモのヒナが見られると良いのですが…。

参加者4名 記録種数20種 記録個体数97羽
次回は6月1日午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:08| みにクル報告(宇都宮)