2019年04月27日

中央公園4月27日調査報告

雨上がりの公園
時折、高木の枝葉から雨の滴が落ちてくる肌寒い朝。
それでも、公園は鳥たちの鳴き声で騒然としていました。

昨日の荒れ模様を公園で避けていたのでしょうか。
公園にはヒヨドリの群れが目につきました。
小群でしきりに枝や葉の間を虫を探し動き回っていました。

コナラの樹冠から複雑な節回しの囀りが聞こえてきました。
コサメビタキ。
今春の初認です。
姿を探すものの、なかなか見つかりません。
それでも、枝に飛びつく動きで見つけられました。

近くの茂みでリズミカルに囀っているのはキビタキ。
と、枝先から地上付近にもつれるように落ちる2羽。
落ちた付近を探すと低木の枝にキビタキの雌がいました。
雄が雌に言い寄った?のかもしれません。
今朝は公園に少なくとも4羽のキビタキが記録できました。

190427_kibitaki.jpg
   (朝陽に輝くキビタキの雄)

しばらくすると、茂みの高いところでオオルリの囀り。
一目見ようとみんなでキョロキョロ。
植栽木の枝の中で白いお腹を見せながら囀る姿が確認できました。
オオルリも少なくとも2羽いたようです。

一方でセンダイムシクイやエゾムシクイの声は聞こえませんでした。
近くの社寺林では囀りが聞かれたのですが…。

先週まで記録されたツグミやシメの姿はありませんでした。
もうこの公園を後にしたようです。

調査終了時刻になって太陽が顔を出してくれました。
うっすらと陽の光に照らされたキビタキの雄。
ひと際輝いていました。

待ちに待った夏鳥の飛来。
朝から得した気分になったのは私だけでしょうか。

参加者4名 記録種数20種 記録個体数103羽
次回は5月11日午前6時30分からです。担当BR:平野

posted by ばーりさ at 12:10| みにクル報告(宇都宮)