2019年04月19日

九十九里シギチドリ調査+みにクル+新人研修(守屋)

みにクルと新人の山崎君の研修を兼ねて、九十九里浜のシギチドリ調査に行ってきました。
IMG_3585-001.jpg


先日までいたらしいミヤコドリも居らず、ダイゼン1、メダイチドリ9、ハマシギ1、シロチドリ+、コチドリ+とかなり寂しい感じでした。シギチドリの訓練にはあまりなりませんでしたが、調査なのでこういう日もあります。
DSCN5041.JPGメダイチドリ

ただ、コアジサシを初認できました。

シロチドリは、数か所で産卵を確認しました。産卵された一つの巣の位置は昨年とほぼ変わりませんでした!砂浜の地形は良く変わるのに不思議です。
全体的には、本格シーズンはこれからのようでした。造巣中の窪みは数多く見つかりました。メスが気に入ってくれるといいですね。
IMG_3593-001.jpg


また、シロチドリの標識個体が数羽確認できました。冬を三重の浜で過ごした赤02♂と宮城で過ごした赤13♀が戻ってきて一緒にいます。赤13と赤02は、2年ほど同じ繁殖地と越冬地を行き来しています。
このようにほぼ同じところに戻ってくる習性をSite Fidelityといいます。
オスは近くで冬を越した方が早いうちに良い場所をなわばりにできそうなので、あまり離れたところで越冬しない方が良い気もします。彼らにとって良い繁殖地のロケーションとは何でしょうね。
DSCN5001.JPG
posted by ばーりさ at 20:07| みにクル報告(その他)