2019年03月01日

ねぐらに集まるカラス、種によって行動が違う(高木)

 先月の中旬に会議で大阪へ出張した際、少し時間ができたので、大阪府枚方市にある山田池公園のミヤマガラスのねぐらを見に行きました。
 毎月ミヤマガラスの観察報告を送ってくださる会員の方がいて、一度は見に行きたいと思っていたところです。このねぐらに集まるミヤマガラスは例年2月ぐらいになると減りはじめます。なので、もう見れないかな、と思っていましたが、2月12日にいただいた観察報告で200羽弱のミヤマガラスとコクマルガラス3羽が記録されていたので、急遽行くことにしたのです。
 急な予定だったにもかわからず、お時間をとっていただき案内してもらうことに。その方から、カラスたちの行動パターンを聞きながらの観察はとても楽しいものでした。このねぐらは公園のはやしに入る前に、ねぐら前集合をします。そこにはブト、ボソ、ミヤマ、コクマル4種がそろいますが、種によって行動が違います。ミヤマガラスは電線にとまり、ハシブトガラスは高い木の枝先にとまります。ハシボソガラスは一番遅くにねぐら周辺に現われて、ねぐら前集合に合流せずに直接ねぐらのの樹林に飛び込んでいくものも多い。ミヤマガラスは一度とまったらあまり動きませんが、コクマルガラスは、ちょこちょこ位置を変えて動き回っていました。一塊のカラスの群れに見えて、種によって個性が違う、こういうところがカラスの観察の面白いところだなと思います。

P2180210ss.jpgP2180205s.jpgP2180196s.jpg
posted by ばーりさ at 15:00| 活動報告