2018年12月29日

中央公園12月29日調査報告

今日で2018年最後の調査。
昨日からの寒気で厳しい冷え込みです。
公園の池も半分以上が凍結。
庭園のシモバシラが今冬初めて白く「氷」が付いていました。
181229_shimobashira.jpg
(今冬初のシモバシラ。残念ながら剪定されていた)

公園は今朝もアトリの声があちこちから聞こえています。
さらに何かに驚いて飛び立つ一回り大きな鳥の一団。
イカルです。全部で21羽。
今冬初記録です。
しかし、そのまま東へ飛去。
残念ながら戻ってきません。

アトリは前回よりやや少なく最大50羽程度の群れ。
今朝もケヤキで採食する姿を見ることができました。

アトリは年によって飛来数が異なります。
そこで2003年以降のアトリの記録を見直してみました。

181229_atori.jpg
(2003年冬から18年冬のアトリの最多記録数の変動)

すると、記録個体数が多かった年は2008年、11年、15年、18年冬でした。
08年冬以降では3〜4年ごとに群れが飛来していることがわかりました。
食物となる木の実の豊凶と関係があるのかもしれません。

一方、シメの記録数。
ここ5シーズンの10月から1月の10日ごとの最多個体数を比較してみました。

181229_shime.jpg
(2014年から18年冬の10月から1月の10日ごとの最多個体数)

今冬の12月(赤のライン)はほかの4シーズンより多いことがわかります。
15年と17年は1月から2月にかけて70羽以上の大きな群れが飛来しました。
はたして、18年冬はこの後どうなるのでしょうか。
楽しみです。

今年は公園での記録種数はここ5年間では少ない冬です。
冬鳥のシロハラもまだ1、2羽です。
この後の鳥たちの越冬状況が気になります。
今朝記録されたイカルは居ついてくれるのでしょうか。
来年に期待です。

参加者9名 記録種数19種 記録個体数236羽
次回は、1月5日、午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 13:53| みにクル報告(宇都宮)