2018年12月05日

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 成果報告会で発表してきました(佐藤)

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の成果報告会で東京の島しょで行った繁殖分布調査の結果を報告してきました。
canvas.png
2017−2018年に行った東京島しょ部の調査はプロ・ナトゥーラ・ファンド助成を元に行いました。
基礎調査になかなか予算が割かれない昨今では非常にありがたい助成金です。

今回の報告会は島しょの生物に関する発表がたくさんあり、非常に有意義な1日となりました。
東京の島しょ関連だけでも、以下のような発表がありました。
・小笠原諸島母島石門湿性高木林でのアカギ駆除の影響と外来種の動態
・伊豆諸島の大型土壌動物の特性解明
・海洋島に分布する地下生菌の分子系統地理から読み解く、伊豆諸島の森林の特異性
・伊豆諸島八丈小島におけるノヤギ駆除後の島嶼生態系回復状況と復元に向けた基礎調査
・「伊豆諸島の植生─森林─」の刊行
(詳しい内容はPro Natureニュース No.28で見る事ができます)

私の発表した内容では、ヒヨドリの分布が一番、反応が良かったです。
なぜ、伊豆諸島の有人島で伊豆大島だけ、ヒヨドリの分布が少ないのか、色々な方から質問を受けました。
2b530e80c7d0de90885e285c5d798063.jpg
残念ながら、その質問に答えられるデータはまだありませんが、いつか明らかにしたいと思います。


posted by ばーりさ at 16:00| 活動報告