2018年11月19日

ドバトの調査をしました(佐藤)

普段、何気なく目に入るドバト。都会では最も身近な鳥の1つで、例えば新宿駅の構内などでも見る事ができます(写真1)。ドバトは羽の模様が1羽ごとに異なっており、地域によって、模様の頻度に差があります。たとえば大阪と東京で比較すると、ドバトの原種タイプと言われている灰二引(写真2)が東京の方が少ない事が分かっています。(室本&三上 2018)。

canvas.png
写真1 新宿駅西口のドバト 1羽ごとに羽の模様が異なる


図3.png
写真2 原種タイプの灰二引



また、海外の研究ではドバトは郊外よりも都心の方に黒っぽい個体が多い事が示されています。今回はそれを検証するために、京王線の新宿駅から多摩センター駅まで8駅でドバトの羽の模様の予備調査を実施しました。

それぞれの駅から半径1km以内でドバトを探し、見つけたらドバトの模様を5つに分類してカウントしました。

1回の調査では、まだまだ結果を出す事はできませんでしたが、郊外の方が都市よりも明るい色の個体が多いように感じました(写真3)。


もし、環境によって羽の模様の割合が異なるのであれば、それは環境の指標として利用できるかもしれません。

それを検証するため、今後、参加型調査として全国のドバトの羽色調査を実施していく予定です!


図4.png
写真3 仙川駅(調布市)周辺で見つけたドバトの群れ
新宿駅よりも明るい色の模様が多い?

posted by ばーりさ at 10:10| 活動報告