2018年10月10日

秋の渡りの季節の水場カメラ

です。

さて、自宅の庭に設置した水場に訪れる鳥を自動観察しようと、水場カメラを運転しています。
いまだに太陽の光に過剰反応してしまう問題はあるものの、順調にTwitterに投稿しています。(寒冷紗をかけるなどの対策方法があることを三上さんに教えてもらいました。)

また、不具合が出た時のために日に2回自動でリセットするようにしました。そのおかげか、ひと月ほどカメラに関してはほぼノーメンテでデータが取れています。ほど良く雨も降って水差しも楽でした。さすがに台風の時には止まりましたけど、夜中だったので問題なかったです。

確認できる鳥にも変化が出てきて、9月下旬ごろから、ヤマガラやヒヨドリがよく表れるようになりました。
Do3qBNsUcAA-h-B.jpgヒヨドリ
DokULdlV4AA6um0.jpgヤマガラ

ヒヨドリは年中いますが、ヤマガラはあまり近所で見かけないので秋の渡りだろうかと思っていたのですが、台風の過ぎた10月4日に何とキビタキが観察できました。しかも複数羽。これは渡りをとらえたのではないかと思います。
DopajJFVAAA8fAT.jpgキビタキ

狭い庭の30cmほどの皿の水場にも渡り鳥が来るものなのかと少し驚いています。

下の図は9月終盤から10月初頭にかけての観察された鳥の日時と、気温、湿度、気圧の変化を示します。
ほぼ毎日シジュウカラが現れ、10月4日から7日にキビタキは現れました。ヤマガラ、ヒヨドリは最近毎日のように現れます。
面白いことにヤマガラはここでは夕方の出現が多いです。また、メジロやエナガは周辺にいますが、水場では観察できていません。これも不思議で春先にメジロやエナガは水場の常連だからです。
季節的なものなのか?種間の縄張りなどがあるのかもしれません。

birdbath.jpg

観察していると不思議なことがでてくるものです。

さて次は、ツグミなどなど冬鳥の渡来が確認できるでしょうか?

posted by ばーりさ at 18:08| 電子工作戦隊