2018年08月15日

カルガモの雌雄と成幼の識別ポイント

今朝、東京都多摩市にある多摩中央公園の池でカルガモを見てきました。今ごろの時期でも、まだ小さなヒナがいます。でも、三日前に見たときから2羽減って6羽になっていました。

P1170537ヒナ6羽.JPG

さて、今朝撮った写真を見ながら、カルガモの雌雄と成幼の見分け方をご紹介しましょう。識別ポイントは氏原巨雄・道昭氏の日本のカモ識別図鑑を参考にさせていただきました。とても詳しい図鑑ですので、カモの観察をするときにはお勧めします。

この写真は成鳥メス。成鳥の特徴は、羽毛が丸みを帯びていること、羽縁の褐色部分に途切れがないこと、足の水かきがオレンジ色であること。メスの特徴は、ほとんどの羽毛にはっきりした褐色の羽縁があり、上尾筒の羽毛の一部にも羽縁があることです。それから、この個体は風切羽が換羽中で、新しい羽軸が生えてきています。いまは飛ぶことができません。

P1170603成鳥換羽中.JPG

次の二枚の写真は同一個体で、私には雌雄までの区別は付きませんでしたが、幼鳥です。胸の斑点が成鳥よりも細かく、縦長であること。足の水かきが灰色であること、脇腹と背の前方の羽毛が尖り気味で羽縁の先端が切れていること、が幼鳥の特徴です。脇腹より背の羽の方が特徴を見やすい個体が多いように思います。なお、秋になると第一回繁殖羽に生え替わるので、そうすると成幼は見分けにくくなります。

P1170547縦斑+灰ヒレ.JPG
P1170541縦斑+羽縁切.JPG

最後の二枚の写真は、上が幼鳥、下が成鳥オスです。幼鳥は背中と脇腹の羽が尖り気味で、羽縁の先端が切れています。成鳥は羽毛に丸みがあり、さらに雄の場合は背中後方の羽に羽縁が少ないので黒っぽく見えます。換羽中で風切りがないため上尾筒が露出していて、この部分の羽毛に羽縁がなく、色もメスより濃い黒色であることがわかります。

P1170484幼鳥肩羽小さい.JPG
P1170617羽縁ないのは雄.JPG

ところで、多摩中央公園にはコンクリートで作られた小池と、地面を掘って作られた周囲も土のままの大池があり、小池は10数羽、大池は20数羽のカルガモがいるのですが、小池は幼鳥が多く、大池は成鳥ばかりのように見えました。全個体を確認していませんし、成幼が微妙な個体もいるので断定はできませんが、幼鳥と成鳥は居場所が分かれているのかもしれません。

posted by ばーりさ at 10:05| 活動報告