2018年07月23日

電子工作戦隊創設

鳥類学の調査には、現在、様々な調査機器類が使用されています。
ビデオやカメラはもちろんのこと、各種センサー、GPS、ロガー、レーダー、ドローンなどなど。

人が観察に行けないところもいけます。証拠も残りますし、定量的な調査も可能です。鳥へのストレスも少なく、本来の生態が観察できます。また、人は定点観察し続けるのには限界がありますが(例えば、このとんでもない暑さの時など)、機械は基本電気があればなんとかしてくれます。

しかしながら、精度が高かったり、自由に設定できる調査機器はそこそこ調達コストがかかります。在野の調査者としては、あまりコストを掛けずに便利に調査できるように楽しく乗り越えたいところです。

先日来、Raspberry Pai(ラズベリーパイ)という、教育目的に作られた超小型のコンピュータ(2000〜6000円)を触っています。子供向けに作られたのですが子供な大人に大人気のこのコンピュータはいろいろな電子工作が作られネットで公開されています。

私もネットの情報を参考に、ちょっとしたセンサーカメラを作って自宅の水場を観察し始めました。集電型赤外線センサーを用いて、水場に鳥が来ると感知して写真を撮影し、Twitterに自動投稿します。
(Twitterアカウント @cameramoriya)

IMG_0947a.jpg
IMG_0966a.jpg設置の状況
Divu514UEAAw1RK.jpg
撮影されたシジュウカラ。毎日のように訪れます。

現在、順調に撮影できていて、いつ来ているかリアルタイムで分かります。温度センサーをつければもっと多くのことがわかりそうです。

プログラムやシャッタースピードなど試行錯誤は必要でしたが、思い通りにいくとこれがなかなか面白い。そこで、ラズベリーパイを中心として調査機器を自作して楽しく野鳥調査するサークルを作ろうかと思います。

電子工作戦隊バードリサーチを創設したいと思います。

ブログで不定期に掲載していく予定ですので、初心者の試行錯誤を見てもらって、安心して電子工作に挑戦してもらいたいと思っていますw
こういうもの開発してほしいとかアイデアがありましたら教えてください、隊員になっていただいて一緒に作ってみましょう。
posted by ばーりさ at 15:07| 活動報告