2018年05月26日

がんばるコルリ あきらめ加減のソウシチョウ? 丹沢調査2回目(植田)

先日,シカの影響を報告した丹沢の調査地。2回目の調査に行ってきました。
コルリどうかな,と思って調査を開始しましたが,頑張ってました。


盛んにさえずっていて,繁殖する気満々です。

それに対して,ソウシチョウは,


今回も記録されましたが落ち着いてさえずっていなくて,少しさえずっては,次の場所へ移動という感じで,良い場所がなくて,場所を探索している感じでした。定着している感じではないので,今後,どこかへ移動してしまうかもしれません。

秩父の大山沢の場合はコルリやソウシチョウは早々消えてしまって,コマドリが最後まで頑張っていましたが,こういう違いは何がもたらすのでしょうか?
スズタケの密度など,その場所の環境でしょうか? それとも周囲のその種の分布状況なのでしょうか? 事例数が少ないので,なかなか難しいと思いますが,知りたいですね。

今回は調査地に入るまえの夜ご飯として都留市で食べてきました。
街の安い食堂というお店なので,ちょっと肉が固めですが,味はよかった。

syoukaku.jpg

posted by ばーりさ at 14:32| 活動報告