2018年04月14日

シンガポールに行ってきました その2(守屋)

シンガポールの3日目に、国内の保護区を案内してもらいました。

湿地のあるスンガイブロー湿地保護区は、時期がいまいちだということで、今回は森林のあるセントラルキャッチメント自然保護区の一部を案内してもらいました。広くない国土ですが、4つも自然保護区があります。案内していただいたのは、バードライフインターナショナルアジアのYong Ding Liさん。若くしてシンガポールの図鑑も執筆されていて、ガイドしていただくにはこの他ないと言った方でした。

IMG_9600.jpg
Yongさんと佐藤

セントラルキャッチメント自然保護区は都心から10kmぐらいとかなり近く、週末は人が多いそうです。
中心部の原生林と周辺の2次林、淡水湿地のある環境にトレイルが整備されていました。

IMG_9617(1).jpg
Blue-throated Bee-eater
IMG_9621.jpg
Greater Racket-tailed Drongo(?長い尾が欠けている)

200種以上の鳥類が観察されているそうです。コムシクイ、マミジロキビタキなどの声が聞けました。
他にもバブラーとかサンバードは日本にいない類です。カッコウの研究者である佐藤は16種カッコウ類がいると聞いて喜んでました。高い木の上にいると小鳥は葉に隠れて見つけるのもタイヘンですが、ジャングルタワーから林冠を見ていると鳥は探しやすかったです。


IMG_9596.jpgジャングルタワー

水辺では、ムラサキサギ、Brahminy Kiteがいました。

IMG_9676.jpg
おなじみの声でなくニワトリ(セキショクヤケイ)、Red Junglefowl。
野生と言われても違和感ありますね。

今回は双眼鏡を忘れてしましました。次の機会にはしっかり予習していきます。

posted by ばーりさ at 17:24| 活動報告