2018年03月31日

3月31日中央公園調査報告

今日で17年度も最後の調査です。
公園は、サクラの花が満開。
メジロの群れが花の蜜を吸い来ていました。
一足先に咲いたシダレザクラはもう青葉も出ていました。
サクラの見ごろも明日まで?

180331mejiro.jpg
   (サクラの蜜を吸いに来たメジロ)

サクラの木の下にアオジ。
今シーズン、特に2月以降は記録される日が少なめでした。
低木の茂みからでて、黄色い胸をそらし囀っていました。

180331aoji.jpg
(低木で囀るアオジの雄)

シラカシの茂みからは軽やかなシロハラの囀り。
こちらもそろそろ北帰行の準備です。

さらに、芽吹いたばかりのコナラの高木にマヒワの群れ。
近くの里山か飛来したのでしょう。
15羽前後が枝先をつついていました。
しかし、キジバトに驚き、一斉に飛去。
参加者の皆さんはもう少しじっくり見ていたかったようです。

さて、今シーズン私たちを楽しませてくれたシメ。
おそらく、調査開始以来の最多個体数と思われます。
しかし、3月の中旬になると嘘のように激減。
今日も1羽が記録されただけでした。

180331_shimegurahu.jpg
   (4シーズンのシメの記録個体数の変動)

来週からは15年目の調査が始まります。
18年度はどんな鳥や人との出会いがあるのでしょうか。
また寝不足の日々の始まりです。

参加者8名、記録種21種 記録個体数157羽
次回は4月7日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:11| みにクル報告(宇都宮)