2018年03月10日

3月10日中央公園調査報告

昨日までの荒れ模様を残す曇った朝。
早春の樹木の花が公園に彩を添えていました。
黄色いサンシュユ、梅の白、花桃のピンク。

180310_keshiki.jpg
     (早春の日本庭園)

肌寒くまだ厚手の上着が必要です。
鳥たちもやや元気がなさそうです。
それでもケヤキの枝ではシロハラが囀りはじめました。
まだ小声ですがはっきりしたメロディーでした。

180310_shirohara.jpg
   (地上で採食するシロハラ)


モズの雄が開始から解散まで同じ場所でぐぜっていました。
もう近くの里地では営巣が始まっています。
周りには雌の姿はありません。
繁殖が遅くなってしまうのではと心配です。

180310_mozu.jpg
  (お気に入りの枝でぐぜるモズの雄)

今朝もシメの群れが出迎えてくれました。
先週は、見ている前で次から次へと東へ飛去。
今日も4群にわかれてほとんどすべてが東へ。
数えると少なくとも135羽。
どうもシメたちは公園をねぐらに利用しているようです。

残ったシメは数羽のみでした。
彼らはどこへ行ったのでしょうか。
少なくとも近くの定期的な公園の調査地や里地では1、2羽のみです。
郊外の河川敷の草原などで採食しているのでしょうか。
大変気になります。

参加者3名 記録種数28種 記録個体数251羽
次回は3月17日午前7時からです。担当:BR平野





posted by ばーりさ at 10:32| みにクル報告(宇都宮)